The Zoom Community is here!
We welcome all Zoom customers to come together on the Zoom Community to ask questions, find solutions,
and collaborate with peers. Login with your Zoom account credentials and start collaborating!

India e-mandate directive

Beginning October 1, 2021 the Reserve Bank of India (RBI) e-mandate directive will be taking effect for recurring payments using India Bank Cards. Visit our FAQ page for more information.

Japanese Consumption Tax (JCT) Follow

Frequently asked questions about Japanese Consumption Tax

The information below should apply when services are purchased directly from Zoom. Should you purchase Zoom’s services via a reseller in Japan please refer to your reseller for any additional JCT questions.

What is JCT?

JCT is the abbreviation of Japanese Consumption Tax.  JCT is in general due when goods and/or services are sold.  It applies to most goods and services that are bought and sold for use or consumption in Japan.  It is a consumption tax because it is ultimately borne by the final consumer.

Who must pay JCT?

Generally, JCT is invoiced by the supplier that is selling goods or services and collected from the customer.  Subsequently, the supplier reports and remits the collected JCT to the tax authorities.

Note: JCT will generally not be charged for supplies that are made to third party resellers.  However, these customers might be required to self-account for JCT under the "reverse charge mechanism".  In these circumstances, the customer reports JCT in its JCT return and will need to assess its entitlement to claim any portion of the JCT as an input tax credit in accordance with its taxable business activities.

Why am I being charged JCT?

JCT generally applies to all transactions for consumption in Japan.

Under Japanese tax law, an overseas service provider (such as Zoom) that provides Electronically Supplied Services (ESS) to customers in Japan is required to charge JCT on its supplies to customers in Japan.

JCT is generally not chargeable if ESS are provided to a reseller in Japan.

How is Zoom determining which customers JCT applies to?

Zoom will charge JCT on supplies to customers that are resident in Japan unless the customer is a reseller.

Zoom will treat any customers with a ‘Sold To’ address in Japan as being resident in Japan.  This information is subject to cross-referencing against other data to verify that the ‘Sold to’ country is accurate.

It is your responsibility as a customer to ensure that your sold to address is accurate.

Is there a minimum threshold purchase amount before JCT is applied?

No.  JCT applies to the sale of all Zoom’s services to customers in Japan.  JCT may not be charged on supplies to resellers.

What exemptions are available and how does a customer notify Zoom?

Supplies to resellers may be exempt from JCT.

In addition, supplies by Zoom to some international non-profit organizations may be exempt from JCT.  A customer that considers itself exempt from JCT will be required to provide an exemption card, personal identification, and a certificate of tax exemption purchase for foreign establishments (Form 15) for each supply made to the customer by Zoom.  This exemption applies in very few circumstances. As such, if you consider that this exemption applies please contact us by chatting with Billing.

Are there any special exemptions applicable for government entities and charities under which JCT may not be charged?

No.  Government entities and charities are not generally eligible for JCT exemption.

Are there any JCT obligations for me as a customer?

If you are a reseller no JCT will be charged to you.  However, you will need to assess whether you are required to self-assess JCT under the “reverse charge mechanism”.

Decision tree – will I be charged JCT?

Disclaimer

Every customer is unique and so are their specific tax circumstances. The above stated information should not be considered as tax advice, but as a general overview of relevant tax rules. Zoom cannot provide you with tax advice for your individual situation, and therefore we strongly recommend speaking with a professional tax advisor for tailored advice. 

 

よくあるご質問(FAQ)消費税

以下の情報は、Zoomからサービスを直接購入する場合に適用されます。日本の再販業者経由でZoomのサービスを購入する場合で、消費税に関し他の質問に関しては、再販業者にお問い合わせください。

消費税とは何ですか?

JCTとは、日本の消費税の略語です。消費税は、原則として商品および/またはサービスが販売された日に課されます。日本国内での使用または消費を目的として売買されるほとんどの物品やサービスに課されます。消費税と呼ばれるのは、最終的に負担するのが最終消費者だからです。

誰に消費税の納付義務がありますか?

原則として、消費税は、商品やサービスを販売するサプライヤーから請求され、お客様から徴収されます。その後、サプライヤーは徴収した消費税を税務当局に報告・納付します。

注:消費税は原則として、第三者の再販業者に供給した物品には請求されません。ただし、お客様は、「リバースチャージ方式」により、消費税額を自身で管理することが求められる場合もあります。このような場合、お客様は確定申告で消費税額を申告し、課税対象となる事業活動の内容に沿って、消費税の一部が仕入税額控除として請求する資格があるかどうか審査する必要があります。

消費税はなぜ請求されるのですか?

消費税は原則として、日本国内での消費を目的として行われるすべての取引に適用されます。

日本の税法では、日本のお客様に電気通信利用役務(ESS)を提供する海外のサービスプロバイダ(例えばZoom)に、日本のお客様に提供する物品に対しての消費税が課されます。

消費税は原則として、日本の再販業者に対しESSが提供される場合は、課税されません。

Zoomは、消費税が適用されるお客様をどのように決定していますか?

Zoomは、お客様が再販業者でない限り、日本に居住するお客様に提供する物品に対し消費税を請求します。

Zoomは、日本で「販売先」の住所を持つすべてのお客様を、日本に居住しているものとして扱います。この情報は、「販売先」の国が正確であることを確認するために、他のデータと相互参照される場合があります。

販売先住所が正確であることは、お客様の責任です。

消費税が適用される最低購入金額はありますか?

ありません。消費税は、日本のお客様に対しZoomサービスを販売した場合すべて適用されます。消費税は、再販業者に提供する物品に対し請求されない場合があります。

どのような免除が適用され、顧客はどのようにZoomに通知しますか?

再販業者に対し提供する物品は、消費税が免除される場合があります。

さらに、国際的な非営利団体に対しZoomが提供する物品は、消費税が免除される場合があります。消費税が免除されると考えるお客様は、Zoomがお客様に提供する個々の物品に対し、免税カード、個人の身分証明書、外国公館等用免税購入表(別紙第15号書式)を提供する必要があります。この免除措置は、ごく限られた事例にしか適用されません。ですので、この免除措置が適用されると思われる場合は、billing@zoom.usまでご連絡ください。

消費税が請求されない政府機関や慈善団体に適用される特別な免除はありますか?

ありません。政府機関や慈善団体は、原則として消費税の免除は適用されません。

顧客として消費税に関する義務はありますか?

もしあなたが再販業者なら、消費税は請求されません。ただし、「リバースチャージ方式」に基づき、消費税を自身で評価する必要があるかどうかを検討する必要があります。決定木– 私は消費税が請求されますか?

免責事項

すべてのお客様の事情は異なっており、税に関する状況も同様です。上記の情報は、税務上のアドバイスとしてではなく、関係する税法の一般原則として見なされるべきものです。Zoomは、お客様の個々の状況に応じた税務上のアドバイスを提供することはできません。そのため、個別のアドバイスをお求めの際には、専門の税理士に相談することを強くお勧めします。