役割に基づいたアクセスコントロール フォローする

概要

Zoomアカウントの各ユーザーには、自動的にシステムの役割、つまりオーナー、管理者、またはメンバーが割り当てられます。これらの役割は、デフォルトの権限に関連づけられており、オーナーとメンバーは変更できません。これらの権限により、ユーザーがアカウントにログインした際に閲覧できるものが制御されます。役割に基づいたアクセスコントロールにより、アカウントにユーザーの役割を追加することができます。ユーザーの役割は、ユーザーが閲覧または編集する必要のあるページのみへのアクセスを許可する、一連の権限を持つことができます。また、管理者のシステム役割の権限を変更することができます。

オーナーのみが最初にユーザー役割を作成して、これらの役割にユーザーを割り当てることができます。ユーザーの役割が作成された後、オーナー(または、役割管理の権限を有するその他の人)は、その役割にユーザーを割り当てることができ、アカウントに属するページの一部を閲覧および編集することのできる権限を付与します。

注意:ユーザーには一つの役割のみを割り当てることができます。

この記事の内容:

前提条件

  • Enterprise、Business、Education、またはProプランが必要
  • 最初の役割を設定するには、アカウントオーナーであることが必要
  • その後の役割管理には、アカウントオーナーまたは役割管理権限のあるユーザーであることが必要

手順

最初にユーザーの役割を追加できるのはオーナーのみであるため、Zoomは、オーナーが最低でももう一人のユーザーがユーザーの役割を管理できるようにする役割を追加することを推奨します。

最初のユーザーの役割を追加

他の人が役割を追加できるような権限を持つ役割を追加するには:

  1. アカウントオーナーとしてzoom.usにログインします。
  2. [Role Management]をクリックして、次に[Add a Role]をクリックします。
    screenshot1_RoleManagement.PNG

  3. 役割の名前と説明を記入します。
  4. [Role Management]の[Edit]カラムにあるチェックボックスをクリックします。

    これにより、この役割のユーザーは、ユーザーの役割を作成および管理できるようになり、このタスクを行うことができるのがオーナーだけではなくなります。また、この役割のユーザーに追加ページを閲覧または編集させたい場合は、他のチェックボックスもクリックします。
    screenshot2_CreatedRole.PNG

  5. ページ下部までスクロールして、[Save Changes]をクリックし、役割の管理ページに戻ります。
  6. 作成した役割の[Assign Users]をクリックします。
    screenshot3_RolesList.PNG

  7. この役割に割り当てるユーザーを選択します。
  8. [Role]ボタンをクリックし、新しい役割を選択して、[Save]をクリックします。
    screenshot4_EditRoleSteveC.png

ユーザーの役割を追加

アカウントオーナーと役割管理の編集権限を持つユーザーのみが役割を追加し、その役割にユーザーを追加することができます。

特定の権限を持つ役割を追加するには:

  1. アカウントオーナーとして、または役割を作成することのできる役割でzoom.usにログインします。
  2. [Role Management]をクリックして、次に[Add a Role]をクリックします。
    screenshot5_RoleManagementScreenWithNewRole.PNG

  3. 役割の名前と説明を記入します。
  4. 1つ以上のチェックボックスをクリックして、この役割のユーザーに対して、これらのページを閲覧または編集することのできる権限を有効にします。以下の例では、ウェビナー管理者の役割にウェビナーの設定とアカウント設定を編集する権限があります。
    screenshot6_WebinarManagerRole.PNG

  5. ページ下部までスクロールして、[Save Changes]をクリックし、役割の管理ページに戻ります。
  6. 作成した役割の[Assign Users]をクリックします。
    screenshot7_AssignUsersToWebinarManagerRole.PNG

  7. この役割に割り当てるユーザーを選択します。
  8. [Role]ボタンをクリックし、新しい役割を選択して、[Save]をクリックします。
    screenshot8_SaveUserAssignment.PNG

ユーザーを既存のユーザーの役割に追加

ユーザーを役割に追加した後、その役割のユーザー数が役割の追加ページに表示されます。この数字をクリックすると、その役割のユーザー名が表示されます。ただし、その役割にさらにユーザーを追加する場合は、ユーザーページに移動する必要があります。

既存の役割にユーザーをさらに追加するには:

  1. アカウントオーナーとして、または役割を作成することのできる役割でzoom.usにログインします。
  2. [User Management]をクリックして、ユーザーの役割に追加するユーザー名を選択します。
  3. [Change Role]ボタンをクリックします。役割の変更ダイアログが表示されます。
    screenshot9_AddUsersToExistingRoles.PNG

  4. ユーザーを追加したい役割の名前を選択します。
  5. [Save]ボタンをクリックして、ユーザーページに戻ります。

ユーザーページには、選択したユーザーに対して指定したユーザーの役割が表示されます。

役割の権限を変更する

自分が作成したユーザーの役割に割り当てられている人、および管理者のシステム役割に割り当てられている人の権限をいつでも変更することができます。例えば、管理者のシステム役割には役割を追加または変更する権限が含まれていません。以下の例では、この権限を既存の管理者役割に追加します。

既存の役割の権限を変更するには:

  1. アカウントオーナーとして、または役割を作成することのできる役割でzoom.usにログインします。
  2. [User Management]をクリックして、変更したい役割の[Action]カラムの[Edit]をクリックします。
    Screen1_EditRoles.PNG
  3. チェックボックスをクリックして、この役割のユーザーに対して、これらのページを閲覧または編集することのできる権限を有効にします。この例では、役割管理の権限が管理者役割に追加されました。
    Screen2_NewPermissions.PNG

ページ下部までスクロールして、[Save Settings]をクリックします。

この記事は役に立ちましたか?
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
Powered by Zendesk