Zoom コミュニティの 83,000 人のメンバーの一員になってください! Zoom アカウントの認証情報でログインして、コラボレーションを始めましょう。

コミュニティに参加する

カスタムサービスを使用してミーティングやウェビナーをライブストリーム配信する フォローする

概要

アカウントの管理者が設定していれば、カスタム プラットフォームにミーティングまたはウェビナーをライブストリーム配信することができます。 イベントの前に設定しておけば、ウェビナーの開始後にワンクリックでストリーム配信が開始します。

YouTube LiveFacebook LiveFacebook Workplaceにもライブ ストリーム配信できます。

:

  • これらのサーバーに Zoom からストリーム配信するには、ライブ ストリーミング URL が公開されている必要があります。

この記事の内容:

前提条件

ミーティングのストリーム配信

  • プロ、ビジネス、教育機関、またはエンタープライズ アカウント
  • ホストがライセンスを取得していること
  • Zoom デスクトップ クライアント:
    • Windows: バージョン 4.0.29183.0407 以降
    • macOS: バージョン 4.0.29208.0410 以降

ウェビナーのストリーム配信

  • プロ、ビジネス、教育機関、またはエンタープライズ アカウント
  • ホストにウェビナー ライセンスが割り当てられていること
  • Zoom デスクトップ クライアント:
    • Windows: バージョン 4.0.29183.0407 以降
    • macOS: バージョン 4.0.29208.0410 以降

ミーティングのカスタム ライブ ストリーム配信を有効にする

アカウント

組織の全メンバーがカスタム ライブ ストリーム サービスでミーティングをライブ ストリーム配信できるようにするには:

  1. アカウント設定を編集する特権のある管理者として、Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. [アカウント管理] をクリックして、[アカウント設定] を選択します。
  3. [ミーティング中(詳細)] セクションの [ミーティング] タブで、[ミーティングのライブ ストリーム配信を許可する] 設定を探して有効になっていることを確認し、[カスタム ライブ ストリーム配信サービス] オプションをオンにして [保存] をクリックし、変更を保存します。
  4. (オプション)アカウントのすべてのユーザーにこの設定を必須にするには、ロックアイコンをクリックし、[ロックする] をクリックして、設定内容を確定してください。
  5. (オプション)ミーティングをスケジュール設定する際、ミーティング開催者が必要な設定ができるように、説明を更新します。

グループ

特定のグループの全メンバーがカスタム ライブ ストリーム サービスでミーティングをライブ ストリーム配信できるようにするには:

  1. グループを編集する特権のある管理者として、Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. [ユーザー管理] をクリックし、[グループ管理] を選択します。
  3. 編集するグループ名をクリックします。
  4. [ミーティング中(詳細)] セクションの [ミーティング] タブで、[ミーティングのライブ ストリーム配信を許可する] 設定を探して有効になっていることを確認し、[カスタム ライブ ストリーム配信サービス] オプションをオンにして [保存] をクリックし、変更を保存します。
    注: オプションがグレー表示の場合は、アカウント レベルでロックされていますので、アカウント レベルで変更する必要があります。
  5. (オプション)この設定をこのグループのすべてのユーザーに対して必須にする場合は、ロックアイコンをクリックしてから、[ロック] をクリックして、設定内容を確定してください。
  6. (オプション)ミーティングをスケジュール設定する際、ミーティング開催者が必要な設定ができるように、説明を更新します。

ユーザー

自分がホストするミーティングの Facebook でのライブ ストリーム配信を有効にするには:

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. [設定] をクリックします。
  3. [ミーティング中(詳細)] セクションの [ミーティング] タブで、[ミーティングのライブ ストリーム配信を許可する] 設定を探して有効になっていることを確認し、[カスタム ライブ ストリーム配信サービス] オプションをオンにして [保存] をクリックし、変更を保存します。
    注: オプションがグレイアウトされている場合は、グループレベルまたはアカウントレベルでロックされていますので、変更するには Zoom 管理者に連絡する必要があります。
  4. (オプション)ミーティングをスケジュール設定する際、ミーティング開催者が必要な設定ができるように、説明を更新します。

ウェビナーのカスタム ライブ ストリーム配信を有効にする

アカウント

組織の全メンバーがカスタム ライブ ストリーム サービスでウェビナーをライブ ストリーム配信できるようにするには:

  1. アカウント設定を編集する特権のある管理者として、Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. [アカウント管理] をクリックして、[アカウント設定] を選択します。
  3. [ミーティング中(詳細)] セクションの [ミーティング] タブで、[ウェビナーのライブ ストリーム配信を許可する] 設定を探して有効になっていることを確認し、[カスタム ライブ ストリーム配信サービス] オプションをオンにして [保存] をクリックし、変更を保存します。
  4. (オプション)アカウントのすべてのユーザーにこの設定を必須にするには、ロックアイコンをクリックし、[ロックする] をクリックして、設定内容を確定してください。
  5. (オプション)ミーティングをスケジュール設定する際、ミーティング開催者が必要な設定ができるように、説明を更新します。

グループ

特定のグループの全メンバーがカスタム ライブ ストリーム サービスでウェビナーをライブ ストリーム配信できるようにするには:

  1. グループを編集する特権のある管理者として、Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. [ユーザー管理] をクリックし、[グループ管理] を選択します。
  3. 編集するグループ名をクリックします
  4. [ミーティング中(詳細)] セクションの [ミーティング] タブで、[ウェビナーのライブ ストリーム配信を許可する] 設定を探して有効になっていることを確認し、[カスタム ライブ ストリーム配信サービス] オプションをオンにして [保存] をクリックし、変更を保存します。
    注: オプションがグレー表示の場合は、アカウント レベルでロックされていますので、アカウント レベルで変更する必要があります。
  5. (オプション)この設定をこのグループのすべてのユーザーに対して必須にする場合は、ロックアイコンをクリックしてから、[ロック] をクリックして、設定内容を確定してください。
  6. (オプション)ミーティングをスケジュール設定する際、ミーティング開催者が必要な設定ができるように、説明を更新します。

ユーザー

自分がホストするウェビナーの、カスタム ライブ ストリーム サービスでのライブ ストリーム配信を有効にするには:

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. [設定] をクリックします。
  3. [ミーティング中(詳細)] セクションの [ミーティング] タブで、[ウェビナーのライブ ストリーム配信を許可する] 設定を探して有効になっていることを確認し、[カスタム ライブ ストリーム配信サービス] オプションをオンにして [保存] をクリックし、変更を保存します。
    注: オプションがグレイアウトされている場合は、グループレベルまたはアカウントレベルでロックされていますので、変更するには Zoom 管理者に連絡する必要があります。
  4. (オプション)ミーティングをスケジュール設定する際、ミーティング開催者が必要な設定ができるように、説明を更新します。

カスタム ライブ ストリーム配信を設定する

ミーティングまたはウェビナー向けのカスタム ライブ ストリーム配信を設定するには、以下のセクションに従って操作してください。

ミーティング

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. [ミーティング] をクリックします。
  3. [ミーティングをスケジュールする] をクリックし、必要な情報をクリックしてミーティングをスケジュールします
  4. 保存をクリックして、詳細オプションのあるタブセットを表示します。
  5. [ライブ ストリーム配信] タブをクリックし、次に [カスタム ストリーム配信サービスを設定する] をクリックします。
  6. 管理者から提供されたグリーンのボックスの指示にしたがって操作します。 指示の情報が不十分な場合、管理者にお問い合わせいただくか、[ミーティング中にライブ ストリーム配信を設定する] を有効にして、ライブの詳細を入力します。
  7. (オプション)ライブ ストリーム配信サービスで認証が要求される場合、[カスタム ストリーム配信サービスが配信に認証を要求] を有効にします。 このサービスのユーザー名とパスワードがミーティング中に要求されます。
  8. [保存] をクリックして、ライブ ストリーム配信の設定を保存します。
    ホストは、ミーティングの開始後にこれらの設定を追加しなくても、このミーティングをライブ ストリーム配信できるようになります。

ウェビナー

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. [ウェビナー] をクリックします。
  3. [ウェビナーをスケジュールする] をクリックして、必要な情報を入力します。
  4. [スケジュール]をクリックして、詳細オプションのあるタブセットを表示します。
  5. [詳細] タブをクリックし、[ライブ ストリーム配信] セクションの [カスタム ストリーム配信サービスを設定する] をクリックします。
  6. 管理者から提供されたグリーンのボックスの指示にしたがって操作します。 指示の情報が不十分な場合、管理者にお問い合わせいただくか、[ミーティング中にライブ ストリーム配信を設定する] を有効にして、ライブの詳細を入力します。
  7. (オプション)ライブ ストリーム配信サービスで認証が要求される場合、[カスタム ストリーム配信サービスが配信に認証を要求] を有効にします。 このサービスのユーザー名とパスワードがウェビナー中に要求されます。  
  8. [保存] をクリックして、ライブ ストリーム配信の設定を保存します。
    ホストは、ウェビナーの開始後にこれらの設定を追加しなくても、このウェビナーをライブ ストリーム配信できるようになります。

ミーティングまたはウェビナー中にカスタム ライブ ストリーム配信を開始する

ミーティングまたはウェビナーをカスタム プラットフォームにライブ ストリーム配信するには:

  1. 次のいずれかの操作で、ホストとしてミーティング / ウェビナーを開始します。
  • カレンダーから - ミーティング / ウェビナーをカレンダーに追加している場合、カレンダーのリマインダーに表示されるリンクをクリックします。
  • Zoom ウェブサイトから - Zoom にサインインし、[ミーティング] または [ウェビナー] ページでミーティングまたはウェビナーを見つけ、[開始] をクリックします。
  • ホスト コントロールの [詳細] ボタンをクリックします。
  • [カスタム ライブ ストリーム サービスでライブ配信] を選択します。
    開催者がこのウェビナーをライブ カスタム ストリーム配信できるように設定している場合、ブラウザ ウィンドウが開き、Zoom によるライブ ストリーム配信の準備の進捗が表示されます。
    開催者がこのウェビナーをライブ カスタム ストリーム配信できるように設定していない場合、手順に記載されている値を入力する必要があります。
  • カスタム ライブ ストリームで認証が要求される場合、必要なユーザー名とパスワードを入力するよう求められます。
    Powered by Zendesk