Zoom コミュニティの 70,000 人のメンバーの一員になってください! Zoom アカウントの認証情報でログインして、コラボレーションを始めましょう。

コミュニティに参加する

ミーティング / ウェビナーの外部参加者を特定する フォローする

概要

ミーティング / ウェビナーの外部参加者を特定する機能を有効にしたアカウントでは、ホストとそのアカウントに属する参加者が、ミーティング / ウェビナーに外部参加者がいるかどうか確認できるようになります。 外部参加者は、Zoom アカウントにサインインしていないユーザー、またはホストと同じアカウントにないメールアドレスからサインインしたユーザーに分類されます。

:この機能を使用しても、外部参加者は自分が外部参加者に分類されていることはわかりません。

この記事の内容:

前提条件

  • アカウント オーナーまたは管理者特権

ミーティング / ウェビナーの外部参加者を特定する機能を有効にする

アカウント

アカウント内のすべての ユーザーに対してミーティング / ウェビナーの外部参加者を特定する機能を有効にするには:

  1. アカウント設定を編集する特権を持つ管理者として 、Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション パネルで、[アカウント管理]、[アカウント設定]の順にクリックします。
  3. [ミーティング] タブをクリックします。
  4. [ミーティングにて(詳細)] で 、[ミーティング / ウェビナーの外部参加者を特定する] が有効になっていることを確認します。
  5. 設定が無効の場合、切り替えて有効にします。 認証ダイアログボックスが表示されたら、[オンにする] をクリックして変更を確認します。
  6. (オプション)この設定をアカウントの全ユーザーに対して必須にする場合は、ロックアイコンをクリックしてから、[ロック] をクリックして、設定内容を確定してください。

グループ

ユーザーグループに対して [ミーティング / ウェビナー内の外部参加者を特定する] 機能を有効にするには:

  1. グループを編集する特権を持つ管理者として、Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション パネルで、[ユーザー管理]、次に [グループ管理] をクリックします。
  3. リストで該当するグループ名をクリックして、[設定] タブをクリックします。
  4. [ミーティング] タブをクリックします。
  5. [ミーティングにて(詳細)] で 、[ミーティング / ウェビナーの外部参加者を特定する] が有効になっていることを確認します。
  6. 設定が無効の場合、切り替えて有効にします。 認証ダイアログが表示されたら、[オンにする] をクリックして、変更を確認します。
    :オプションがグレー表示されている場合は、アカウント レベルでロックされているため、そのレベルで変更する必要があります。
  7. (オプション)この設定をこのグループの全ユーザーに対して必須にする場合は、ロックアイコンをクリックしてから、ロックをクリックして、設定を確定してください。

ユーザー

個人を対象に [ミーティング / ウェビナー内の外部参加者を特定する] 機能を有効にするには:

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション パネルで、[設定] をクリックします。
  3. [ミーティング] タブをクリックします。
  4. [ミーティングにて(詳細)] で 、[ミーティング / ウェビナーの外部参加者を識別する] が有効になっていることを確認します。
  5. 設定が無効の場合、切り替えて有効にします。 認証ダイアログが表示されたら、[オンにする] をクリックして、変更を確認します。
    :オプションがグレー表示されている場合は、グループまたはアカウント レベルでロックされています。 Zoom 管理者にお問い合わせください。

ミーティング / ウェビナー中に外部参加者を特定する

  1. ミーティングにホストまたは参加者として参加します。
  2. ミーティング コントロールの参加者をクリックします。
    外部参加者は、名前と括弧の中の外部参加者という表示で分類されます。
Powered by Zendesk