Zoom コミュニティの 70,000 人のメンバーの一員になってください! Zoom アカウントの認証情報でログインして、コラボレーションを始めましょう。

コミュニティに参加する

詳細 SAML マッピングの設定 フォローする

概要

詳細 SAML マッピングを使用すると、SAML を使用して渡される値に基づいて、Zoom ライセンス、アドオン、ユーザー ロール、ユーザー グループ、または IM グループを指定できます。 これにより、特定のユーザー(大学教員など)がサインイン時にライセンスを受け取る一方で、他のユーザー(大学生など)がサインイン後に基本(ライセンスなし)のユーザーになるようにできます。 詳細 SAML マッピングを使用して、Zoom アカウントへのユーザーアクセスを拒否することもできます。

詳細 SAML マッピングは、新規ユーザーおよびメンバーまたは管理者特権を持つ既存のユーザーが、SSO を使用して次回ログインするときに影響します。 詳細 SAML マッピングは、Zoom アカウント オーナーには適用されません。

前提条件

  • アカウント オーナーまたは管理者特権
  • SSO が設定済みであること

詳細 SAML マッピングの設定

SAML 属性と対応する値は、ID プロバイダ(IdP)で設定する必要があります。 IdP で設定を完了したら、Zoom で詳細 SAML マッピングを設定できます。

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション メニューで、[詳細設定]、[シングル サインオン] の順にクリックします。
  3. [SAML レスポンス マッピング] タブをクリックします。
  4. [SAML 詳細情報マッピング] セクションまでスクロールダウンします。
  5. SAML 値に基づいて指定する項目の横にある [追加] をクリックします。
    • ユーザーの種類: このユーザーが基本、ライセンス、オンプレミス(オンプレミスを使用するアカウントの場合)または [なし] (Zoom アカウントへのユーザーアクセスを拒否する)のいずれを受けるかを指定します。
    • アドオンプラン: このユーザーがウェビナーや大規模ミーティングのライセンスなどのアドオンプランを受けるべきかどうかを指定します。 アドオンプランを使用するには、ライセンスが割り当てられている必要もあります。
      : 現在、アドオンプランの割り当てまたは削除のみをサポートしています。 たとえば、ウェビナー ライセンスの 100 名用から 500 名用 へのアドオンの変更はサポートされておらず、管理者が [ユーザー] ページで手動で行う必要があります。
    • サブアカウントにサインインする(親アカウントでのみ使用可能): このサブアカウントユーザーが、親アカウントのバニティ URL を使用してターゲットサブアカウントにサインインできるかどうかを指定します。
    • ユーザーロール: このユーザーを管理者、メンバー、またはカスタマイズされた ロールにするかを指定します。 ( [ロール管理] で設定)
    • ユーザー グループ: このユーザーをグループに追加するかどうか指定します。 グループは、機能と権限を制限できます。
    • チャンネル: 特定の IdP グループをチャンネルに割り当てます。 SAML マッピングを使用して新しいチャンネルを作成する場合、既存のユーザーをチャネル管理者として割り当てるように求められます。
    • レコーディング場所: コミュニケーション コンテンツの保存場所を指定します。
    • ユーザー グループ管理者: このユーザーが、選択されたグループのグループ管理者であるかどうかを指定します。
    • Zoom ルーム管理者: このユーザーが、選択された場所の Zoom ルーム管理者であるかどうかを指定します。
    • IM グループ: このユーザーを IM グループに追加するかどうかを指定します。
      : 初めてチャットを展開する手順については、Zoom チャット管理者ガイドを参照してください。
    • Zoom Phone 通話プラン: このユーザが Zoom Phone ライセンスを持ち、通話プラン(発信通話または直通番号)を必要としているかどうかを指定します。
    • Zoom Phone サイト: このユーザーをサイトに割り当てるべきかどうかを指定します。
  6. SAML 属性SAML 値結果値を入力します。 異なる結果を得られるよう異なるユーザーグループを指定する場合は、複数の SAML 属性や値を追加できます。
    • SAML 属性: IdP によって渡される属性名を入力します。
    • SAML 値: この特定のユーザーまたはユーザーグループに対して IdP によって渡される値を入力します。
      : この値は大文字と小文字を区別しません。 たとえば 、ABCabc は同じ値として扱われます。
    • 結果値: SAML 値に基づいて、このユーザーを Zoom でどのように割り当てるかをを選択します。
  7. [追加] をクリックして、追加の SAML マッピングを 追加します。
  8. [変更内容を保存] をクリックします。
Powered by Zendesk