注意: アクセス数が増加し、大変つながりにくくなっています。FAQ(よくある質問)の回答を閲覧したり、当社にお問合せいただくことはできますが、通常よりアクセスに時間がかかる可能性があります。ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解のほど、よろしくお願いします。



Outlook版Zoomアドイン(ウェブおよびデスクトップ) フォローする

概要

Outlook版Zoomアドインは、Outlook Web アプリおよびデスクトップアプリ内でのスケジュールを管理するように設計されています。このアドインを使用すると、Zoomミーティングを簡単に新しいまたは既存のカレンダーイベントに追加することができます。

: Outlookデスクトップ アプリに Outlook版Zoomをインストールするには、OutlookにMicrosoft Exchange アカウントを追加する必要があります。IMAPアカウントのみを所有している場合は、Outlookウェブアプリ上でOutlook版Zoomを使用してください。  インストール時に、禁止されているか、または適切なアクセス許可を持っていないというエラーが表示された場合は、ITグループに問い合わせてサポートを依頼する必要があります。 

この記事の内容:

すべてのユーザー用のアドインのインストール (Office 365 管理者)

  1. Office 365管理者ポータルにサインインします。 
  2. 設定(歯車アイコン)、サービスとアドインの順に移動します。
  3. アドインの展開をクリックします。
  4. 一元展開の情報を確認し、次へをクリックします。
  5. Officeストアからアドインを追加するを選択します。
  6. 次へをクリックします。
  7. Zoom for Outlook を検索し、今すぐ取得をクリックします。
  8. アドインの詳細を確認し、次へをクリックします。
  9. 組織でアドインを導入する方法を選択します。
    • オプション、有効:Outlook版Zoomアドインはすべてのユーザーに追加されますが、削除することはできます。
    • オプション、無効:すべてのユーザーはOutlook版Zoomを追加するオプションを持っていますが、デフォルトではOutlookに追加されません。
    • 必須、常に有効:Outlook版Zoomアドインはすべてのユーザーに対して追加され、無効にすることはできません。
  10. 次へをクリックします。
  11. このアドインにアクセスできるユーザーを選択します。グループを検索して追加できます。
  12. 保存をクリックします。マニフェストファイルが処理されます。
  13. 完了すると、閉じるをクリックします。

:ユーザーは、新しいアドインを表示するためにアプリを再起動する必要がある可能性があります。アカウントのユーザー数によっては、変更がすべてのユーザーに反映されるまでに数分かかる場合もあります。

Outlook(ウェブ)

個人使用目的のインストール

Office 365管理者がアドインのインストールを許可している場合は、Outlook版Zoomアドインを独自にインストールできます。

  1. Microsoftアプリストア内のOutlook版Zoomに移動します。
  2. 今すぐ入手をクリックします。
  3. Microsoftアプリストアの指示に従ってインストールを完了します。 

ミーティングのスケジュール作成

  1. Outlookウェブカレンダーを開き、新規作成をクリックして新しい予定表イベントを作成します。
  2. タイトル、ロケーション、ゲストリストなどのミーティングの詳細を入力します。
  3. 上部のツールバーにある3つの点をクリックします。Zoomサイドバーが開き、Zoomの認証情報を求めるプロンプトが表示されます。
  4. Zoomをクリックします
  5. Zoomミーティングの追加をクリックします
  6. Zoomアカウントにサインインします。Zoomウェブポータルに既にサインインしている場合は、自動的にサインインします。
    :ミーティング設定は、Zoomウェブポータルのデフォルトの設定に自動的に設定されます。

ミーティングの表示、編集、削除

  1. Outlookウェブカレンダーを開きます。
  2. Zoomミーティングをクリックし、編集をクリックします。
  3. 上部のツールバーにある3つの点をクリックします。プロンプトが表示されたら、Zoom アカウントにサインインします。
  4. Zoomをクリックします。
  5. 設定をクリックします。
  6. ミーティングのオプションを変更し、更新をクリックして変更を適用します。
    ヒントデフォルトの設定を読み込む:をクリックして、Zoomウェブポータルで見つかったデフォルトの設定を読み込みます
  7. (オプション)イベントからZoomミーティングを削除する場合は、削除をクリックします。 

Outlook 2013または2016(デスクトップアプリ)

:OutlookデスクトップアプリにOutlook版Zoomをインストールするには、OutlookにMicrosoft Exchangeアカウントを追加する必要があります。追加されたアカウントを表示するには、ファイルタブをクリックします。

IMAPアカウントのみを所有している場合は、Outlookウェブアプリ上でOutlook版Zoomを使用してください

個人使用目的のインストール

  1. Outlookを開き、ファイルアドインの管理の順にクリックします。 Outlookにより、アドインを管理するためのブラウザが開きます。
  2. +アイコンをクリックし、Officeストアから追加をクリックします。
  3. Outlook版Zoomを検索し、今すぐ入手をクリックします。

ミーティングのスケジュール作成

  1. Outlookデスクトップアプリを開き、カレンダービューに切り替えます。
  2. ホームタブで、新規ミーティングを開きます。
  3. タイトル、ロケーション、ゲストリストなどのミーティングの詳細を入力します。
  4. ミーティングタブで、Zoomミーティングを追加をクリックします。
  5. 希望するビデオ、オーディオ、ミーティングの設定を選択します。Zoomミーティングの追加をクリックして、ミーティングにZoomへの参加の詳細を追加します。

ミーティングの表示と編集

  1. Outlookデスクトップアプリを開き、カレンダービューに切り替えます。
  2. Zoomミーティングをダブルクリックして、ミーティングの詳細を表示します。
  3. Zoomミーティングの追加をクリックして、Zoomミーティングのオプションを表示します。
  4. ミーティングのオプションを変更して、更新をクリックすると変更が適用されます。
    ヒントデフォルト設定を読み込むをクリックして、Zoomウェブポータル内で見つかったデフォルト設定を読み込みます

 

事前構成されたシングルサインオンのサインオンドメイン

Office 365のZoomアドインを使用すると、管理者はシングル サインオン (SSO) URL を事前に構成したアドインを展開できます。URLを事前に設定すると、ユーザーがアドインのZoomミーティングまたは設定の追加オプションを使用している場合、SSOを使用して認証されます。 

他のユーザーのミーティングのスケジュール作成

別のZoomユーザーの代理としてスケジュールを設定する場合は、スケジュール作成権限に関する記事を参照してください。

:Windows 10 1909のアドイン、およびOutlook for Mac 2016 バージョン16.24およびバージョン16.24 以降の場合は、スケジュール作成権限がサポートされています。

トラブルシューティング

認証エラー

問題:Outlookアドインは構成されていますが、認証を行わないので、ミーティングのスケジュールを設定できます。

推奨:次のURLをホワイトリストに追加します。

https://appsforoffice.microsoft.com/fabric/2.1.0/fabric.min.css
https://appsforoffice.microsoft.com/fabric/2.1.0/fabric.components.min.css
https://static2.sharepointonline.com/files/fabric/office-ui-fabric-js/1.2.0/js/fabric.min.js
https://code.jquery.com/jquery-2.2.2.min.js
https://appsforoffice.microsoft.com/lib/1.1/hosted/office.js
https://d24cgw3uvb9a9h.cloudfront.net/static/93525/js/app/integration/office/RoamingFix.min.js
https://zoom.us:443

セキュリティ設定エラー(Windows、Outlookウェブ)

問題:次のブラウザからのエラーメッセージが表示されます:「ブラウザのセキュリティ設定により、ダイアログボックスが作成されません。別のブラウザを試すか、アドレスバーに表示される[URL]とドメインが同じセキュリティゾーンに表示されるようにブラウザを構成してください。

推奨:セキュリティ設定で信頼済みサイトの一覧にZoomを追加します。

  1. コントロールパネルを開きます。
  2. ネットワークとインターネットまたはインターネットオプションをクリックします。
  3. セキュリティタブをクリックします。
  4. 信頼済みサイトゾーンを選択し、サイトをクリックします。
  5. エラーメッセージに表示されるURLを入力し、追加をクリックします。 
  6. アドインをもう一度使用してみてください。問題が解決しない場合は、他のセキュリティ ゾーンの設定を確認し、アドイン ドメインがOfficeアプリケーションのアドレス バーに表示されるURLと同じゾーンにあることを確認します。

アクセスエラー(Windows、Outlookデスクトップ)

問題:Windows Outlookアプリケーションコンソールログに次のエラーメッセージが表示されました:「trunk***.js アクセスが拒否されました」 

推奨:これは、アドインがローカル設定にアクセスできないため、ブラウザにこのアクセスを有効にするアクセス許可を与える必要があるためです。アクセスを有効にするには、次の手順に従います。

  1. すべてのユーザーに対してコマンド %userprofile%\Appdata\LocalLow /t /setintegritylevel (OI)(CI)L' を実行するようにIT管理者に依頼してください。
  2. Internet Explorerを開きます。ブラウザがプライベートモードでないことを確認してください。
  3. 歯車アイコンをクリックし、インターネットオプションをクリックします。
  4. セキュリティタブをクリックします。
  5. 信頼済みサイトをクリックし、サイトをクリックします。
  6. https://zoom.usを入力し、追加をクリックします。
  7. 保護モードを有効にするチェック ボックスをオンにします。
  8. セキュリティレベルが中-高になっていることを確認します。
  9. 詳細設定タブをクリックします。
  10. セキュリティセクションで、DOM ストレージを有効にするがオンになっていることを確認します。

アドインが作動しない(Windows、Outlookウェブ)

問題:Outlookアドインが正常に動作していません。

推奨:Internet Explorerエクスプローラーでスクリプトのデバッグを有効にします。

  1. Internet Explorerを開きます。ブラウザがプライベートモードでないことを確認してください。
  2. 歯車アイコンをクリックし、インターネットオプションをクリックします。
  3. 詳細設定タブをクリックします。
  4. 参照セクションで、スクリプトのデバッグを無効にする(Internet Explorer)スクリプトのデバッグを無効にする(その他)がオフになっていることを確認します。
    :これらの設定のチェックを外して、問題のトラブルシューティングを行ってください。チェックを外したままにしておくと、参照時にプロンプトが表示されます。問題が解決したら、両方のオプションが有効になっていることを確認します。

アドインがOffice 2013デスクトップで作動しない

問題:次のタスクを実行してもアドインは有効化されません。

  • Office 2013にご利用のMicrosoftアカウントでサインインします。
  • ご利用のMicrosoftアカウントで 2 段階認証を有効にします。
  • アドインをインストールし、自分のIDを確認します。

推奨:最新のOffice更新プログラムがインストールされていることを確認するか、Office 2013用の更新をダウンロードしてください。

アドイン更新がリボンメニューに表示されません(Outlookデスクトップ)

問題: アドイン更新時、リボンボタンまたはメニューアイテムへの変更が適用されません。

推奨:古いバージョンのOfficeキャッシュを消去します。

  • Windows:フォルダのコンテンツを削除します、
    %LOCALAPPDATA%\Microsoft\Office\16.0\Wef\
  • Mac:フォルダのコンテンツを削除します。
    /Users/{your_name_on_the_device}/Library/Containers/com.Microsoft.OsfWebHost/Data/
  • iOS:アドインのJavaScriptから、window.location.reload(true)を呼び出して、強制的に読み込みます。または、Officeを再インストールすることもできます。

トラブルシューティングのヒントについては、Microsoftのサポートサイトを参照してください。

Powered by Zendesk