Zoom コミュニティの 70,000 人のメンバーの一員になってください! Zoom アカウントの認証情報でログインして、コラボレーションを始めましょう。

コミュニティに参加する

階層設定の利用 フォローする

概要

階層設定では、ミーティング、ウェビナー、およびオーディオ カンファレンスに影響を与える設定を管理するための階層的な方法を指定できます。 この設定は、アカウント レベル、グループレベル、ユーザーレベルで管理することができるため、必要に応じて、組織全体のイベントで強制的に設定を適用することができます。また、ミーティングおよびウェビナーのホストは、その他の設定を柔軟にカスタマイズすることができます。

この記事の内容:

新しいアカウントの場合

Zoom アカウントを初めて設定する場合:

  1. アカウント設定を編集する特権のある管理者として、Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. [アカウント管理] をクリックしてから、[アカウント設定] をクリックします。
  3. このページには、次のタブがあります。
  • ミーティング
  • レコーディング
  • 電話
  • 設定のデフォルト値を変更する必要があるかどうかを判断します。 詳細については 、デフォルト設定をご覧ください。 変更を行うと、アカウントのすべてのグループおよびユーザーに影響します。
  • 最大限にコントロールするには、オプション名の右側にあるロックアイコンをクリックします。 これにより、グループまたは個人が設定の変更をできなくなります。 詳細については、ロック設定をご覧ください。
  • グループと個人に最大限の柔軟性を付与するには、ロックアイコンを開けたままにします。 これにより、グループごとに異なる設定が可能になり、その設定をそのグループのメンバーに対してロックできるようになります。
  • 組織がグループ設定を使用する場合は、アカウントに設定したデフォルト値とは異なる設定が必要なグループかどうかを判断します。
  • 異なる設定が必要な各グループに対して、[グループ設定] > [group_name] > [設定] へ移動します。 このページには、次のタブがあります。
  • アカウント レベルでロックされていない設定を更新します。
    グループレベルで変更を行うと、そのグループのすべてのメンバーに影響します。 アカウントに、異なる設定の複数のグループに属するメンバーがいる場合、そのメンバーに適用される設定は、[競合する設定] の下に記載されます。
  • 既存のアカウントの場合

    ご自身またはアカウントのメンバーがデフォルトから変更した設定は、次の場所で更新された状態が維持されます。

    • アカウント設定
    • [グループ管理] > [group_name] > [設定]
    • [ユーザー] > [user_name] > [設定]
    • 設定(個人ユーザーの場合は [個人設定])

    オプションの場所と、それらの管理方法が変更されています。 各オプションの新しいロケーションに関する詳細は、階層設定に移行するをご参照ください。

    設定の管理

    デフォルト設定

    設定のほとんどは、グループではなく個別にコントロールされます。各オプションはそれ自体の切り替えによりコントロールされます。 設定がアカウント レベルで変更されると、設定が前にグループまたはユーザーにより変更されていない限り、それはアカウントのすべてのグループとユーザーに対してデフォルトの設定となります。

    例えば、[透かしを追加] オプションのデフォルト値がオフだとします。 ご自身は、このオプションを以前オンにしましたが、アカウントのユーザーの一部がそれをオフにしたとします。 デフォルトでは、以前にこのオプションをオフにしたユーザーを除き、アカウントのすべてのメンバーに対してこのオプションはオンとなります。 設定をロックしない限り、これらのユーザーのオプションはオフのままとなります。

    ロック設定

    各設定は、アカウント レベルまたはグループレベルのいずれかでロックできます。 アカウント レベルで設定をロックすることは、どのユーザーも設定を変更できないことを意味します。 グループレベルで設定をロックすることは、グループのメンバーがその設定を変更できないことを意味します。

    たとえば、アカウントのすべてのユーザーに透かしを追加する機能の使用を適用するとします。 この設定はデフォルトでオフになっているため、以下を行う必要があります。

    1. アカウント設定を編集する特権のある管理者として、Zoom ウェブポータルにサインインします。
    2. [アカウント管理] をクリックしてから、[アカウント設定] をクリックします。
    3. [ミーティングを予定する][透かしを追加] オプションに移動し、機能をオンに切り替えます。 認証ダイアログが表示されたら、[オンにする] を選択して、変更を確認します。
    4. ロックアイコンをクリックして、確認ダイアログで [ロック] をクリックします。

    すべてのグループおよびすべてのアカウント メンバーの [透かしを追加] オプションが直ちにオンになり、すべてのミーティングとウェビナーで透かしの追加機能が使用されます。

    ただし、例えば、透かしの追加機能をエンジニアリング グループのユーザーのみに使わせ、他のグループのメンバーにはこの設定を有効にするか無効にするかの選択をさせたいとします。 その場合は、次の操作を行う必要があります。

    1. アカウント設定を編集する特権のある管理者として、Zoom ウェブポータルにサインインします。
    2. [アカウント管理] をクリックしてから、[アカウント設定] をクリックします。
    3. [ミーティングをスケジュール][透かしを追加] オプションに移動し、設定をオンに切り替えます。 認証ダイアログが表示されたら、[オンにする] を選択して変更を確認してください。
      : アカウント レベルでこの設定をロックしたくありません。これにより、組織の全ユーザーがオフにするのが阻害されるためです。 この時点で、アカウントのすべてのメンバーに対する設定において、このオプションがオンになります。
    4. [グループ管理] をクリックします。
    5. グループの名前(この例では、エンジニアリング グループの名前をクリックします)をクリックして、[設定] タブをクリックします。
    6. [ミーティングを予定する][透かしを追加] オプションに移動し、設定がオンになっていることを確認します。
    7. 鍵型アイコンをクリックして、[ロック] をクリックして設定を確認します。  
      エンジニアリング グループのアカウントのメンバーの場合、[透かしを追加] オプションはすぐにグレーアウトされ、オフにできません。 これらのグループ メンバーのすべてのミーティングとウェビナーは透かし機能を使用します。
      エンジニアリング グループに属していないアカウントのメンバーの場合、[透かしを追加] オプションはオンになりますが、ロックされません。 これらのメンバーのミーティングとウェビナーではデフォルトで透かしを追加する機能を使用できますが、メンバーはこのオプションをオフにすることもできます。  

    競合する設定

    一個人が複数のグループのメンバーであり、これらのグループの設定がお互いに競合する場合、ロックされている設定が優先されます。 複数のグループの異なる位置でロックされている設定の場合、ユーザーがグループに追加された順序に基づいて優先順位が決定します。

    たとえば、組織に請負業者という名前のグループがあり、その後に、エンジニアという名前のグループを作成したとします。 以下の表は、請負業者とエンジニアの両方のメンバーであるジョンという名前の従業員の設定を示しています。



     

    オン

    オフ

    ロックがオン

    ロックがオフ

    請負業者

    x

         

    エンジニア

         

    x

    ジョン

         

    x

     

    ジョンは請負業者のグループに最初に参加しましたが、ロック設定が優先されるため、彼の設定はロックがオフの状態になります。

     

     

    オン

    オフ

    ロックがオン

    ロックがオフ

    請負業者

       

    x

     

    エンジニア

         

    x

    ジョン

       

    x

     

     

    両方のグループの設定が競合する位置でロックされていますが、ジョンはエンジニアのグループに追加される前に請負業者のグループに追加されていたため、ジョンの設定はロックがオンの状態になります。

     

     

    オン

    オフ

    ロックがオン

    ロックがオフ

    請負業者

    x

         

    エンジニア

     

    x

       

    ジョン

    x

         



     

    オン

    オフ

    ロックがオン

    ロックがオフ

    請負業者

     

    x

       

    エンジニア

    x

         

    ジョン

     

    x

       

     

    どちらの設定もロックされておらず、ジョンはエンジニアのグループに追加される前に請負業者のグループに追加されていたため、ジョンの設定は請負業者の設定と同じになります。

    プライマリ グループ

    あるユーザーが複数のグループにいる場合、管理者は複数のユーザーに対してプライマリ グループを設定することができます。 このユーザーは、プライマリ グループの設定をデフォルトで使用することになります。 ただし、設定が他のグループでロックされている場合、それらの設定はそのユーザーに対してロックされます。 デフォルトでは、プライマリ グループはユーザーが追加される最初のグループです。 グループの管理やグループをプライマリ グループとして設定する方法を調べましょう。

    Powered by Zendesk