階層設定を使用する フォローする

概要

階層設定は、ミーティング、ウェビナー、およびオーディオ会議に影響を与える設定を管理するための階層的な方法を提供します。この設定は、アカウントレベル、グループレベル、ユーザーレベルで管理することができるため、必要に応じて、組織全体のイベントで強制的に設定を適用することができます。また、ミーティングおよびウェビナーの主催者は、その他の設定を柔軟にカスタマイズすることができます。

 

重要: 2017年11月4日から、Zoomでは、大半のアカウント設定を管理するために階層設定の使用を導入します。これまでに設定した機能の設定は、これからも同じ方法で動作します。ただし、アカウントまたはグループ設定に調整を行うと、お使いのアカウントのメンバーが設定したミーティング設定に影響を及ぼします。アカウントのメンバーに、特にいずれかの設定をロックする場合は、変更の可能性を必ず伝えてください。

この記事の内容:

新規アカウントの場合

Zoomアカウントを初めて設定する場合:

    1. Zoomウェブポータルにサインインして、[Account Settings]をクリックします。
      このページには次のタブが含まれます。
  • ミーティング
  • 記録
  • 電話
  • デフォルト値を変更する必要のある設定があるかを確認します。詳細は、デフォルト設定をご参照ください。変更を行うと、アカウントのすべてのグループおよびユーザーに影響します。
  • 最大限にコントロールしたい場合は、オプション名の右側にある鍵型アイコンをクリックします。これにより、グループまたは個人が設定の変更を行えなくなります。詳細は、ロック設定をご参照ください。
  • グループと個人に最大限の柔軟性を付与したい場合は、鍵型アイコンを開けたままにします。これにより、グループごとに異なる設定を行うことができ、その設定をそのグループのメンバーに対してロックすることができます。
  • 組織がグループ設定を使用する場合は、アカウントに対して設定したデフォルト値とは異なる設定が必要なグループがあるかどうかを判断します。
  • 異なる設定が必要なグループがある場合は、[Group Settings] >[group_name] >[Settings]へ移動して、それぞれのグループの設定を行います。このページには次のタブが含まれます。
  • ミーティング
  • 記録
  • 電話
  • アカウントレベルでロックされていない設定を更新します。
    グループレベルで変更を行うと、そのグループのすべてのメンバーに影響します。アカウントに、異なる設定の複数のグループに属するメンバーがいる場合、そのメンバーに適用される設定は、競合する設定の下に記載されます。

既存アカウントの場合

あなたまたはアカウントのメンバーが、設定のデフォルトを変更した場合、その変更は次のロケーションにおいて更新されます。

  • アカウント設定
  • グループ管理 > group_name > 設定
  • ユーザー > user_name > 設定
  • ミーティング設定(管理者ではないアカウントメンバーの場合)またはマイミーティング設定(アカウント管理者の場合)

オプションのロケーションと、その管理方法が変更されました。各オプションの新しいロケーションに関する詳細は、階層設定に移行するをご参照ください。

設定を管理する

デフォルト設定

アカウントのすべてのユーザーに影響する設定の場合、新しい設定変更方法は、より優れたコントロールを発揮します。大半の設定は、グループとしてよりも個々でコントロールされています。この場合、各オプションはそのステータストグルでコントロールされています。アカウントレベルで設定が変更されると、以前に設定がグループまたはユーザーにより変更されていない限り、それがアカウントのすべてのグループとユーザーに対するデフォルトの設定となります。

例えば、エンドツーエンド暗号化オプションのデフォルト値がオフだとします。あなたはこのオプションを以前オンにしましたが、アカウントのユーザーの何人かがそれをオフにしたとします。デフォルトで、以前にこのオプションをオフにしたユーザーを除き、アカウントのすべてのメンバーに対してこのオプションはオンとなります。あなたが設定をロックしない限り、これらのユーザーの設定はオフのままとなります。

ロック設定

各設定は、アカウントレベルまたはグループレベルのいずれかでロックすることができます。アカウントレベルで設定をロックすることは、どのユーザーも設定を変更できないことを意味します。グループレベルで設定をロックすることは、グループのメンバーが設定を変更できないことを意味します。

 

例えば、アカウントのすべてのユーザーにエンドツーエンド暗号化を使ってほしいと考えているとします。この設定はデフォルトでオフになっているため、次を行う必要があります。

      1. アカウント設定を編集する権限を持つ管理者としてZoomウェブポータルにログインし、[Account Settings]をクリックします。
      2. [Meeting]タブの[End-to-end encryption]オプションに移動して、ステータストグルをクリックして有効にします。認証ダイアログが表示されたら、[Turn On]を選択して、変更を検証します。
      3. 鍵型アイコンをクリックして、確認ダイアログで[Lock]をクリックします。

すべてのグループおよびすべてのアカウントメンバーの[End-to-end encryption]オプションが直ちにオンになり、すべてのミーティングとウェビナーでエンドツーエンド暗号化が使用されます。

ただし、例えば、エンドツーエンド暗号化をエンジニアリンググループのユーザーのみに使わせ、他のグループのメンバーにはこの設定を有効にするか無効にするかの選択をさせたいとします。その場合は、次を行う必要があります。

      1. アカウント設定を編集する権限を持つ管理者としてZoomウェブポータルにログインし、[Account Settings]をクリックします。
      2. [Meeting]タブの[End-to-end encryption]オプションに移動して、ステータストグルをクリックして設定を有効にします。認証ダイアログが表示されたら、[Turn On]を選択して、変更を検証します。
        この設定をアカウントレベルでロックしてはなりません。アカウントレベルでロックすると、組織のどのユーザーもこの設定をオフにすることができなくなります。この時点で、アカウントのすべてのメンバーの設定において、このオプションがオンになります。
      3. [Group Management]をクリックします。
      4. グループの名前(この例では、エンジニアリンググループの名前をクリックします)をクリックして、[Settings]タブをクリックします。
      5. [Meeting]タブの[End-to-end encryption]オプションに移動して、設定が有効になっていることを確認します。
      6. 鍵型アイコンをクリックして、[Lock]をクリックして設定を確認します。 
  • エンジニアリンググループに属するアカウントのすべてのメンバーに対する[End-to-end encryption]オプションが直ちにグレー色になり、オフに切り替えることができなくなります。 これらのグループメンバーのすべてのミーティングとウェビナーがエンドツーエンド暗号化を使用します。
  • エンジニアリンググループに属さないアカウントのメンバーに対する[End-to-end encryption]オプションはオンになりますが、ロックはされません。 これらのメンバーのミーティングとウェビナーはデフォルトでエンドツーエンド暗号化を使用しますが、メンバーはこのオプションをオフにすることもできます。 

競合する設定

一個人が複数のグループのメンバーであり、これらのグループの設定が競合する場合、ロックされている設定が優先されます。複数のグループの異なる位置でロックされている設定の場合、ユーザーがグループに追加された順序に基づいて優先順位が決定します。

例えば、組織に請負業者という名前のグループがあり、その後に、エンジニアという名前のグループを作成したとします。以下の表は、請負業者とエンジニアの両方のメンバーであるジョンという名前の従業員の設定を示しています。



 

オン

オフ

ロックがオン

ロックがオフ

請負業者

x

     

エンジニア

     

x

ジョン

     

x

 

ジョンは請負業者のグループに最初に参加しましたが、ロック設定が優先されるため、彼の設定はロックがオフの状態になります。

 

 

オン

オフ

ロックがオン

ロックがオフ

請負業者

   

x

 

エンジニア

     

x

ジョン

   

x

 

 

両方のグループの設定が競合していますが、ジョンはエンジニアのグループに追加される前に請負業者のグループに追加されていたため、ジョンの設定はロックがオンの状態になります。

 

 

オン

オフ

ロックがオン

ロックがオフ

請負業者

x

     

エンジニア

 

x

   

ジョン

x

     



 

オン

オフ

ロックがオン

ロックがオフ

請負業者

 

x

   

エンジニア

x

     

ジョン

 

x

   

 

どちらの設定もロックされておらず、ジョンはエンジニアのグループに追加される前に請負業者のグループに追加されていたため、ジョンの設定には請負業者の設定が適用されます。

この記事は役に立ちましたか?
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
Powered by Zendesk