Zoom コミュニティが登場しました!
Zoom コミュニティでは、Zoom のすべてのお客様が集まり、質問をしたり、解決策を見つけたり、仲間とコラボレーションしたりすることができます。
コラボレーションを始めるには、Zoom アカウント情報でログインしてください。

SSO 事前プロビジョニング フォローする

概要

Zoom は、シングル サインオン(SSO)を使用するジャスト イン タイム(JIT)のプロビジョニングをデフォルトで使用します。 つまり、ユーザーがログインを試行すると、SAML マッピングに基づいて、そのユーザーの Zoom アカウントが作成されます。 ただし、ユーザーがサインインを試行する際の Zoom アカウントの自動作成を希望しない場合は、代わりに事前プロビジョニングを使用して、REST API または CSV を使用してユーザーを作成できます。

: アカウントで承認されている関連ドメインにマッチしない新規作成のユーザーは、メールアドレスを確認するためにメールを送信します。

この記事の内容:

前提条件

  • SSO 構成済みの Zoom アカウント
  • アカウント オーナー権限

アカウントの事前プロビジョニングを有効にする

  1. ご利用の Zoom アカウントにログインして、シングル サインオン(SSO)ページに移動します。
  2. [編集] をクリックします。 
  3. [ユーザーのプロビジョニング] の横の [サインイン前] を選択します。
  4. [変更内容を保存] をクリックします。

REST API 経由でユーザーを追加する

アカウントの事前プロビジョニングが有効になっている場合、ssoCreate API 呼び出しがご利用のアカウントでも有効になります。 この API 呼び出しで作成されたユーザーは、SSO 経由でのみログインできます。 パスワードは作成されません。

ユーザーがライセンス ユーザーである場合、API 呼び出しはプロビジョニング メールのユーザー名(ドメインなし)を使用してパーソナル リンクを生成します。 ユーザー名または PMI が無効であるか占有されている場合、ランダムな番号 / ランダムなパーソナル リンクが生成されます。

REST API 経由でユーザーを追加する方法はこちらで紹介しています。 

CSV 経由でユーザーを追加する

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション パネルで、 [ユーザー管理]、[ユーザー] の順にクリックします。
  3.  [ユーザータブをクリックします。
  4. ページ右側の [インポート] をクリックします。
  5. 記入可能なサンプルをダウンロードするには、 [CSV サンプルのダウンロードをクリックします。
    :  CSV サンプルを直接ダウンロードすることも可能です。
  6. Excel などのスプレッドシート ソフトウェアを使用してファイルを開きます。
  7. CSV 形式に従ってユーザーの情報を入力します。 各情報は個別の列です。 
    : 最初の 3 つの列が必要です。 他の列の情報は、ユーザーをインポートした後に変更できます。
    • メール (必須)
    • (必須)
    • (必須)
    • 部門
    • マネージャー
    • ユーザー グループ
    • チャット グループ
    • 役職
    • 場所
  8. スプレッド シートを CSV(コンマ区切り)ファイルとして保存します。
  9. ベーシック、ライセンス ユーザー、またはオンプレミスをライセンス タイプとして指定します。 適用する機能を選択します。 この選択内容は、CSV ファイルに含まれるすべてのユーザーに関係します。
  10. [SSO ユーザー] にチェックを入れます。
  11. [CSV ファイルをアップロード] して CSV ファイルを検索します。
  12. 該当の .csv ファイルをクリックして、[開く] を選択します。
  13. ユーザーは自動的に承認され、ユーザーリストに表示されます。
Powered by Zendesk