Zoom では、新型コロナウイルスの感染が拡大する中、24 時間 365 日体制で世界中のお客様に最高のサポート体験を提供するため、努力を積み重ねています。 この継続的な取り組みの一環として、サポートガイドラインの最新版をご覧ください。

アカウント オーナーの変更 フォローする

概要

現在のアカウント オーナーとして、オーナーを自分のアカウントの他のユーザーに変更できます。 アカウント オーナーだけがアカウント オーナーを変更することができます。 管理者がこの変更を行うことはできませんが、プロアカウントの場合はオーナーになることをリクエストできます。

アカウント オーナーがすでに会社を辞めているが、そのアカウント オーナーのメールアドレスに引き続きアクセスできる場合は、そのパスワードをリセットして、Zoom アカウントへのアクセス権を取得できます。

アカウント オーナーがすでに会社を辞めており、そのアカウント オーナーのメールアドレスにアクセスできない場合は、オーナー変更のサポートを受けるためのチケットを作成します。 このリクエストを考慮してもらうには、身元、アカウントとの関係、支払い情報の確認が求められます。

アカウント プロフィール ページで、Zoom アカウントのオーナーを確認できます。

この記事の内容:

前提条件

  • 現在のアカウント オーナーの特権
  • クレジットカード、プロ、教育機関向け、ビジネス、または API パートナー アカウントでは無料

: CSM の対象外であるプロアカウントの管理者も、アカウント オーナーになることをリクエストできます。 アカウントに管理者が存在しない場合、メンバーが代わりにそのオプションを持つことになります。  

新しいオーナーをアカウント管理者にする

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション メニューで、[ユーザー管理]、[ユーザー] の順にクリックします。
  3. [ユーザーの追加] をクリックして新しいオーナーを追加します(まだアカウントのメンバーではない場合)。
    : 管理者特権を付与する前に、Zoom アカウントを確認し、[待機中] から [ユーザー] セクションに移動する必要があります。
  4. 管理者に変更するユーザーの行の最後にある [編集] をクリックします。
  5. [ユーザーロール] を [メンバー] から [管理者] に変更します。
  6. [保存] をクリックします。

: 必要に応じて、新しいオーナーはアカウントから古いオーナーを削除できます。

オーナー権限を譲渡する

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション メニューで、[アカウント管理]、[アカウント プロフィール] の順にクリックします。
  3. [オーナーを変更する] をクリックします。
  4. 新しいオーナーのメールアドレスを入力します。
  5. [変更] をクリックします。
  6. これで、新しいオーナーのメールアドレスが [アカウント プロフィール] ページに表示され、古いオーナーが管理者になりました。

アカウント オーナーになるリクエスト(プロアカウントのみ)

プロアカウントのアカウント管理者は、アカウント オーナーに承認を求めるメールを送信して、アカウント オーナーになることをリクエストできます。 アカウント オーナーが 72 時間以内にリクエストを承認しないか拒否しない場合、この管理者は自動的にアカウント オーナーになります。 これは、サポートを受けるために CSM または顧客担当者に連絡する必要がある、CSM 対象のアカウントには適用されません。

注: アカウントに管理者がいない場合、メンバーにはアカウント オーナーになることをリクエストするオプションが付与されます。

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション メニューで、[アカウント管理]、[アカウント プロフィール] の順にクリックします。
  3. [アカウント所有権のリクエスト] をクリックします。
  4. アカウント所有権をリクエストしたことを確認するメッセージが表示されます。

アカウント オーナーは、72 時間以内でリクエストを承認または拒否できます。 アカウント オーナーがリクエストに応答しない場合は、ご自身が 72 時間後に自動的にアカウント オーナーになります。 アカウント オーナーがリクエストに応答すると、確認メールが届きます。

Powered by Zendesk