Zoom コミュニティの 70,000 人のメンバーの一員になってください! Zoom アカウントの認証情報でログインして、コラボレーションを始めましょう。

コミュニティに参加する

アカウント レベルの設定を変更 フォローする

概要

管理者はアカウント レベルの設定を使用することで、アカウントを共有する複数のユーザーに一括して特定の認証や設定値を設定できます。 これらのオプションには、パスワードの制限、サインイン方法の制限、ユーザープロフィールの各種設定などが含まれます。

: 管理者はミーティング関連のセキュリティ設定も変更できます。

前提条件

  • プロ、ビジネス、教育機関、またはエンタープライズ アカウント
  • セキュリティ特権のロールを持つアカウント オーナー、管理者、またはユーザー

セキュリティ設定へのアクセス

  1. Zoom ウェブポータルに管理者としてサインインします。
  2. ナビゲーション メニューで [詳細]、[セキュリティ] の順にクリックします。
    以下の設定値を設定できます。

認証

  • 基本パスワード要件:Zoomサインインパスワードのパスワード要件です。 この設定は変更できず、Zoom 固有のパスワードのみに影響します。他の認証方法の場合、独自のパスワード要件が使用されます。
  • 強化されたパスワードのルール:ユーザーのパスワードには、以下のような追加要件を義務づけることもできます:
    • パスワードの最少文字数:パスワードの長さは最少8文字から14文字まで増やすことができます。
    • 特殊文字を1文字使用(!, @, #...):パスワードに特殊文字を含めます。
    • 文字連続(「11111」、「12345」、「abcde」、「qwert」など)の使用を認めない: 数字、アルファベット文字、キーボード文字の連続を含むパスワードは許容されません。
    • 強化機能を使用して脆弱なパスワードを検知: 脆弱なパスワードを使用しているユーザーは、通知を受けます。
  • パスワード ポリシー
    • 新規ユーザーには初回サインイン時にパスワード変更を義務付ける: 初回サインイン時にユーザーが各自でパスワードを設定するよう求められます。
    • パスワードは自動的に期限切れになり、指定した日数が経過したら変更する必要がある: パスワードに有効期限を設定し、有効期限を過ぎるとユーザーに新しいパスワードの作成を求めます。 30 日、60 日、90 日、120 日のいずれかに設定できます。 パスワードの有効期限の 3 日前から、ユーザーにリマインダー メールが届きます。 パスワードが期限切れになったユーザーは、ウェブやクライアントへのサインイン時に通知を受け、ウェブポータルに誘導されてパスワード変更の指示を受けます。  
    • 過去に使用したパスワードの再利用はできない:過去に作成したパスワードの設定回数内に使用した古いパスワードを再利用しないようにできます。 過去に作成したパスワードは 3~12 の範囲に設定します。
    • ユーザーは24時間ごとに最大回数までパスワードを変更できる:ユーザーが24時間以内にパスワードを変更できる回数をロックします。 3 回から 8 回までに設定できます。

セキュリティ

  • アカウント管理者のみがライセンスユーザーの個人ミーティングIDと個人リンク名を変更できる:ライセンスユーザーのPMIとパーソナルリンク名を変更できるのはアカウント管理者のみです
  • ユーザー デバイスのフォト ライブラリから写真をインポートできる: モバイル デバイスからプロフィール画像をアップロードする機能をセルフサービスで有効または無効にできます。
  • 管理者に請求情報を表示しない: デフォルトの管理者ロールに設定されている [請求ロール管理] オプションを上書きし、管理者がアクセスできないようにアカウントの [請求] セクションをロックします。
    : オーナーなど、請求特権を付与されたロールのユーザーは引き続き [請求] セクション委アクセスできます。
  • セッション期間: 指定した期間を過ぎたら強制サインアウトを自動実行します。 Zoom 固有のパスワードにのみ適用されます。
  • 一定時間操作を行わないと、ユーザーは再度サインインする必要がある:設定した時間が経過すると、ウェブポータルまたはデスクトップクライアント、あるいはその両方のユーザーは強制的に自動的にサインアウトされます。
    • ウェブポータルは、事前定義された 10 分から 120 分までの範囲に設定できます。
    • Zoom クライアントは、事前定義された 5 分から 120 分までの範囲に設定できます。
  • ホストの役割を要求するにはホストキーを入力する必要がある:ホストキーの必要な長さを設定可能で、6~10桁の範囲で設定できます。
  • 二要素認証を使用してサインインする: ユーザーの 2 要素認証を有効にします。

サインイン方法

  • ユーザーに業務用メールでのサインインを許可する: ユーザーにメールアドレスとパスワードの組み合わせでのサインインを許可します。
  • ユーザーにシングル サインオン(SSO)を使用したサインインを許可する: ユーザーが会社のバニティ URL から SSO を使用してサインインできるようになります
    (オプション)この設定を有効にしておくと、以後はアカウントに [関連ドメイン] があり、ユーザーがその指定ドメインでサインインしているとき、ユーザーに SSO の使用を義務付けることができます。 [ドメインを選択] をクリックし、SSO を使用してサインインする必要のあるドメインを設定し、SSO サインインをバイパスして業務用メールやパスワードでのサインインを使用できるユーザーを指定します。 
    : 特定のドメインで SSO サインインを義務付けた場合、そのドメインのユーザーには以後、業務用メールでのサインイン方法を作成できなくなります。 特定のユーザーへの例外措置を設定する必要がある場合は、SSO サインインを義務付ける前に、業務用メールを使用する種類のサインインを作成しておいてください。
  • ユーザーに Google でのサインインを許可する: ユーザーが Google サインイン方法を使用してサインインできるようになります。
    (オプション)この設定を有効にしておくと、以後はアカウントで [関連ドメイン] が有効になっており、ユーザーがその指定ドメインでサインインしているとき、ユーザーに Google でのサインインを義務付けることもできます。 [ドメインを選択] をクリックし、Google でサインインする必要のあるドメインを設定します。
  • Facebookでのサインインを許可するFacebookログイン方式でのサインインを許可します。
  • ユーザーに Apple でのサインインを許可する: ユーザーが iOS アプリ(バージョン 5.1.1 以降)で Apple ID を使用してサインインできるようになります。
  • ユーザーが Zoom にサインインするとき免責事項を表示する: 初回のみ、毎回、特定間隔などを指定しておき、ユーザーが Zoom にサインインするときのカスタム免責事項を設定します。
Powered by Zendesk