注意: アクセス数が増加し、大変つながりにくくなっています。FAQ(よくある質問)の回答を閲覧したり、当社にお問合せいただくことはできますが、通常よりアクセスに時間がかかる可能性があります。ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解のほど、よろしくお願いします。



ミーティングの参加者の管理 フォローする

概要

ミーティングのホストは、参加者を管理できます。デフォルトでは、ミーティングの参加者全員が参加者のビデオ、画面、音声を共有できます。画面、ビデオ、音声を共有できる参加者を制限したい場合は、ウェビナープラットフォームの使用をお勧めします。これらのオプションの詳しい比較情報は、当社の「ミーティングとウェビナーの比較」を参照してください。

この記事の内容:

前提条件

  • ミーティングにおけるホスト権限と共同ホスト権限(ホストによって設定される
  • Zoomデスクトップクライアント、モバイルアプリ、Webを介して参加する*

オプションの中には、前提条件が他にも存在し、十分に機能させるためにはWebポータルで有効にするか、特定バージョンのZoomが必要となるものがあります。これらの機能には、参加者のローカル記録の有効可共同ホストの割り当て参加者の保留待機室の使用などがあります。

*Webを介して参加する場合は、限定的なコントロールを使用できます。

参加者の順序

参加者リスト内の名前は、以下の順に表示されます。

  1. 自分
  2. ホスト(自分がホストでない場合)
  3. 電話番号(名前は表示されない) 
  4. ミュート解除された参加者(アルファベット順)
  5. ミュートされた参加者(アルファベット順)

ホストと共同ホストのコントロール

会議では、ホストと共同ホストは以下の機能をコントロールできます。

  • 参加者をミュートする
  • 参加者がミュート解除をリクエストする
  • 参加者のビデオを停止する
  • 参加者にビデオの開始をリクエストする
  • 参加者の画面共有を防止する
  • 参加者の名前を変更する
  • 有効に設定されている場合、参加者を保留状態にする
  • 入室または退室のチャイム再生/停止を行う
  • 他の参加者が参加できないように会議をロックする
  • 参加者を待機室に配置するか、参加者の待機室使用を許可または削除する(待機室を有効にできるのはホストのみ)

以下の機能にアクセスできるのはホストだけです。

参加者の管理のコントロール

  1. ホストコントロールで[参加者の管理]をクリックし、参加者リストを表示します。
  2. 左上隅にあるドロップダウンメニューをクリックして参加者リストを閉じるか、[ポップアウト]をクリックして参加者リストをミーティングウィンドウから分離します。
  3. 参加者の上にカーソルを置いて、[更に追加]をクリックしてこれらのオプションを表示します。
  • チャットチャットウィンドウを開き、パネリストに直接メッセージを送信します。
  • ビデオの停止:参加者がビデオを開始できないように参加者のビデオストリームを停止します。参加者がビデオをまだ開始してない場合は、[ビデオの開始の要求]オプションが表示されます。
  • ホストにする(使用できるのはホストのみ):参加者をホストに割り当てます。ホストとして存在できるのは1人だけです。
  • 共同ホストにする(使用できるのはホストのみ):参加者を共同ホストに割り当てます。共同ホストは何人存在してもかまいません。 
  • 記録を許可(使用できるのはホストのみ): ミーティングのローカル記録を開始または停止することを参加者に許可します。参加者にはクラウド記録を開始するためのアクセス権限はありません。
  • 「クローズドキャプション」入力の割り当て(使用できるのはホストのみ):ミーティング中にクローズドキャプションを入力する参加者を割り当てます。
  • 名前の変更: 表示される参加者名を他の参加者に変更します。この変更が適用されるのは現在のミーティングだけです。
    注記: 表示される自分自身の名前を変更するには、参加者リスト内の自分の名前にカーソルを置いて[名前の変更]をクリックします。自分のプロフィールでは自分の名前を永続的に変更できます。
  • Put in Waiting Room: ミーティングの準備をしている間、参加者を仮想の待機室に配置します。このオプションを表示させる場合は、ホストは待機室を有効にしてください。
  • 保留する:待機室が有効になっていない場合、このオプションが参加者を保留するに表示されます。
  • 削除: 参加者をミーティングから除外します。参加者とパネリストの再参加を許可しない限り、除外された参加者は再参加できません。

参加者リストの下部で、以下のオプションを有効または無効にすることもできます。

  • 全員をミュート/全員をミュート解除:現在ミーティングに参加している参加者を全員ミュートまたはミュート解除します。
  • 参加時に参加者をミュートする: 参加者がミーティングに参加する時点で参加者を自動的にミュートします。
  • 自分でミュート解除することを参加者に許可する: ミーティングで他の人物に話しかけたい時に参加者が自分をミュート解除できるようにします。
  • 自分で名前変更することを参加者に許可する: 他の参加者に表示される自分のスクリーン名を参加者が自分で変更できるようにします。
  • 入室/退室チャイムを鳴らす:参加者がミーティングに参加する時とミーティングから離れる時に音を鳴らします。
  • ミーティングのロック:進行中のミーティングに他の参加者が参加できないようにします。
  • ミーティングウィンドウに結合:参加者リストをメインミーティングウィンドウに結合します。このオプションを使用できるのは、参加者リストをメインミーティングウィンドウから分離した場合だけです。

参加者が画面を共有できないようにするには、以下の手順を実行します。

  1. ホストコントロールで、[画面を共有]の横にある矢印をクリックし、[詳しい共有オプション]をクリックします。
  2. [共有できる人物]で、[ホストのみ]を選択します。
  3. ウィンドウを閉じます。
  1. ホストコントロールで[参加者の管理]をクリックし、参加者リストを表示します。
  2. 参加者の上にカーソルを置いて、[更に追加]をクリックしてこれらのオプションを表示します。
  • ホストにする(使用できるのはホストのみ):参加者をホストに割り当てます。ホストとして存在できるのは1人だけです。
  • 共同ホストにする(使用できるのはホストのみ):参加者を共同ホストに割り当てます。共同ホストは何人存在してもかまいません。 
  • 記録を許可(使用できるのはホストのみ): ミーティングのローカル記録を開始または停止することを参加者に許可します。参加者にはクラウド記録を開始するためのアクセス権限はありません。
  • 「クローズドキャプション」入力の割り当て(使用できるのはホストのみ):ミーティング中にクローズドキャプションを入力する参加者を割り当てます。
  • 名前の変更: 表示される参加者名を他の参加者に変更します。この変更が適用されるのは現在のミーティングだけです。
    注記: 表示される自分自身の名前を変更するには、参加者リスト内の自分の名前にカーソルを置いて[名前の変更]をクリックします。自分のプロフィールでは自分の名前を永続的に変更できます。
  • ビデオの停止:参加者がビデオを開始できないように参加者のビデオストリームを停止します。参加者がビデオをまだ開始してない場合は、[ビデオの開始の要求]オプションが表示されます。
  • 保留する:参加者を保留状態にします。この結果、その参加者はビデオ会議とオーディオ会議から削除されます。ミーティングを開始する前に[ホストが参加者を保留できるようにする]オプションが有効に設定されている必要があります。詳細については、「保留中の参加者」を参照してください。
  • 削除: 参加者をミーティングから除外します。参加者とパネリストの再参加を許可しない限り、除外された参加者は再参加できません。

参加者リストの下部で、以下のオプションを有効または無効にすることもできます。

  • 全員をミュート/全員をミュート解除:現在ミーティングに参加している参加者を全員ミュートまたはミュート解除します。
  • 参加時に参加者をミュートする: 参加者がミーティングに参加する時点で参加者を自動的にミュートします。
  • 入室/退室チャイムを鳴らす:参加者がミーティングに参加する時とミーティングから離れる時に音を鳴らします。
  • ミーティングのロック:進行中のミーティングに他の参加者が参加できないようにします。

参加者が画面を共有できないようにするには、以下の手順を実行します。

  1. ホストコントロールで、[画面を共有]の横にある矢印をクリックし、[詳しい共有オプション]をクリックします。
  2. [共有できる人物]で、[ホストのみ]を選択します。
  3. ウィンドウを閉じます。
  1. ホストコントロールで[参加者の管理]をクリックし、参加者リストを表示します。
  2. 左上隅にあるドロップダウンメニューをクリックして参加者リストを閉じるか、[ポップアウト]をクリックして参加者リストをミーティングウィンドウから分離します。
  3. 参加者の上にカーソルを置いて、[更に追加]をクリックしてこれらのオプションを表示します。
  • チャットチャットウィンドウを開き、パネリストに直接メッセージを送信します。
  • ビデオの停止:参加者がビデオを開始できないように参加者のビデオストリームを停止します。参加者がビデオをまだ開始してない場合は、[ビデオの開始の要求]オプションが表示されます。
  • ホストにする(使用できるのはホストのみ):参加者をホストに割り当てます。ホストとして存在できるのは1人だけです。
  • 共同ホストにする(使用できるのはホストのみ):参加者を共同ホストに割り当てます。共同ホストは何人存在してもかまいません。 
  • 記録を許可(使用できるのはホストのみ): ミーティングのローカル記録を開始または停止することを参加者に許可します。参加者にはクラウド記録を開始するためのアクセス権限はありません。
  • 「クローズドキャプション」入力の割り当て(使用できるのはホストのみ):ミーティング中にクローズドキャプションを入力する参加者を割り当てます。
  • 名前の変更: 表示される参加者名を他の参加者に変更します。この変更が適用されるのは現在のミーティングだけです。
    注記: 表示される自分自身の名前を変更するには、参加者リスト内の自分の名前にカーソルを置いて[名前の変更]をクリックします。自分のプロフィールでは自分の名前を永続的に変更できます。
  • Put in Waiting Room:ミーティングの準備をしている間、参加者を仮想の待機室に配置します。このオプションを表示させる場合は、ホストは待機室を有効にしてください。
  • 保留する:待機室が有効になっていない場合、このオプションが参加者を保留するに表示されます。
  • 削除: 参加者をミーティングから除外します。参加者とパネリストの再参加を許可しない限り、除外された参加者は再参加できません。

参加者リストの下部で、[さらに追加]をクリックして以下のオプションを有効または無効にすることもできます。

  • 全員をミュート/全員をミュート解除:現在ミーティングに参加している参加者を全員ミュートまたはミュート解除します。
  • 参加時に参加者をミュートする: 参加者がミーティングに参加する時点で参加者を自動的にミュートします。
  • 自分でミュート解除することを参加者に許可する: ミーティングで他の人物に話しかけたい時に参加者が自分をミュート解除できるようにします。
  • 自分で名前変更することを参加者に許可する: 他の参加者に表示される自分のスクリーン名を参加者が自分で変更できるようにします。
  • ミーティングのロック:進行中のミーティングに他の参加者が参加できないようにします。
  • ミーティングウィンドウに結合:参加者リストをメインミーティングウィンドウに結合します。このオプションを使用できるのは、参加者リストをメインミーティングウィンドウから分離した場合だけです。

参加者が画面を共有できないようにするには、以下の手順を実行します。

  1. ホストコントロールで、[画面を共有]の横にある矢印をクリックし、[詳しい共有オプション]をクリックします。
  2. [共有できる人物]で、[ホストのみ]を選択します。
  3. ウィンドウを閉じます。

Webを介して参加する場合は、参加者を管理する機能が制限されます。

  1. ホストコントロールで、[管理]をクリックして参加者リストを表示します。
  2. 参加者の上にカーソルを置いて、[更に追加]をクリックしてこれらのオプションを表示します。
  • ビデオの停止:参加者がビデオを開始できないように参加者のビデオストリームを停止します。参加者がビデオをまだ開始してない場合は、[ビデオの開始の要求]オプションが表示されます。
  • スポットライトビデオ:対象参加者を参加者全員のアクティブスピーカーに設定します。詳細はこちらを参照してください。
  • 名前の変更: 表示される参加者名を他の参加者に変更します。この変更が適用されるのは現在のミーティングだけです。
    注記: 表示される自分自身の名前を変更するには、参加者リスト内の自分の名前にカーソルを置いて[名前の変更]をクリックします。自分のプロフィールでは自分の名前を永続的に変更できます。
  • ホストにする(使用できるのはホストのみ):参加者をホストに割り当てます。ホストとして存在できるのは1人だけです。
  • 「クローズドキャプション」入力の割り当て(使用できるのはホストのみ):ミーティング中にクローズドキャプションを入力する参加者を割り当てます。
  • 削除: 参加者をミーティングから除外します。参加者とパネリストの再参加を許可しない限り、除外された参加者は再参加できません。

参加者リストの下部で、以下のオプションを有効または無効にすることもできます。

  • 全員をミュート/全員をミュート解除:現在ミーティングに参加している参加者を全員ミュートまたはミュート解除します。
  • 参加時に参加者をミュートする: 参加者がミーティングに参加する時点で参加者を自動的にミュートします。
  • 入室/退室チャイムを鳴らす:参加者がミーティングに参加する時とミーティングから離れる時に音を鳴らします。
  • ミーティングのロック:進行中のミーティングに他の参加者が参加できないようにします。
  1. ホストコントロールで[参加者]をタップし、参加者リストを表示します。
  2. 特定の参加者を管理するには、参加者の名前をタップします。
  • オーディオをミュートする:参加者のオーディオをミュートします。
  • ホストにする(使用できるのはホストのみ):参加者をホストに割り当てます。ホストとして存在できるのは1人だけです。
  • 記録を許可(使用できるのはホストのみ): ミーティングのローカル記録を開始または停止することを参加者に許可します。参加者にはクラウド記録を開始するためのアクセス権限はありません。
  • Put in Waiting Room:ミーティングの準備をしている間、参加者を仮想の待機室に配置します。このオプションを表示させる場合は、ホストは待機室を有効にしてください。
  • 保留する:待機室が有効になっていない場合、このオプションが参加者を保留するに表示されます。
  • ビデオの停止:参加者がビデオを開始できないように参加者のビデオストリームを停止します。参加者がビデオをまだ開始してない場合は、[ビデオの開始の要求]オプションが表示されます。
  • 共同ホストにする(使用できるのはホストのみ):参加者を共同ホストに割り当てます。共同ホストは何人存在してもかまいません。 
  • 名前の変更: 表示される参加者名を他の参加者に変更します。この変更が適用されるのは現在のミーティングだけです。
    注記: 表示される自分自身の名前を変更するには、参加者リスト内の自分の名前にカーソルを置いて[名前の変更]をクリックします。自分のプロフィールでは自分の名前を永続的に変更できます。
  • 削除: 参加者をミーティングから除外します。参加者とパネリストの再参加を許可しない限り、除外された参加者は再参加できません。

このウィンドウの下部に示されているオプションを使用し、参加者とのチャット、他の人々の招待、全員のミュートまたはミュート解除を行うことができます。

会議または画面共有をロックする、参加時点で参加者をミュートする、入室/退室チャイムを鳴らす、参加時に参加者を待機室に入れるという操作を行うには、ホストコントロールで[更に追加][詳細]設定の順にタップします。

  

この操作で、参加者を管理するための追加オプションが開きます。

  • ミーティングのロック:進行中のミーティングに他の参加者が参加できないようにします。
  • 共有をロック:参加者が画面を共有できないようにします。
  • 参加時にミュート:参加者がミーティングに参加する時点で参加者を自動的にミュートします。
  • 入室/退室チャイムを鳴らす:参加者がミーティングに参加する時とミーティングから離れる時に音を鳴らします。
  • 参加者を入室後に待機室に移す:ミーティングの準備をしている間、参加者を仮想の待機室に配置します。このオプションを表示させる場合は、ホストは待機室を有効にしてください。
  • 出席者が次の参加者とチャットするのを許可する:参加者が他の参加者と一緒にチャットできるのか、それともホストとのみチャットできるのかを制御します。
  1. ホストコントロールで[参加者]をタップし、参加者リストを表示します。
  2. 特定の参加者を管理するには、参加者の名前をタップします。
  • ホストにする(使用できるのはホストのみ):参加者をホストに割り当てます。ホストとして存在できるのは1人だけです。
  • 共同ホストにする(使用できるのはホストのみ):参加者を共同ホストに割り当てます。共同ホストは何人存在してもかまいません。 
  • ビデオの停止:参加者がビデオを開始できないように参加者のビデオストリームを停止します。参加者がビデオをまだ開始してない場合は、[ビデオの開始の要求]オプションが表示されます。
  • 削除: 参加者をミーティングから除外します。
  • 記録を許可(使用できるのはホストのみ): ミーティングのローカル記録を開始または停止することを参加者に許可します。参加者にはクラウド記録を開始するためのアクセス権限はありません。
  • Put in Waiting Room:ミーティングの準備をしている間、参加者を仮想の待機室に配置します。このオプションを表示させる場合は、ホストは待機室を有効にしてください。詳細はこちらを参照してください。
  • 保留する:待機室が有効になっていない場合、このオプションが参加者を保留するに表示されます。
  • タイプCCへの割り当て(使用できるのはホストのみ):ミーティング中にクローズドキャプションを入力する参加者を割り当てます。
  • 名前の変更: 表示される参加者名を他の参加者に変更します。この変更が適用されるのは現在のミーティングだけです。
    注記: 表示される自分自身の名前を変更するには、参加者リスト内の自分の名前にカーソルを置いて[名前の変更]をクリックします。自分のプロフィールでは自分の名前を永続的に変更できます。

このウィンドウの下部に示されているオプションを使用し、参加者とのチャット、他の人々の招待、全員のミュートまたはミュート解除を行うことができます。

参加者を管理するための追加オプションを開くには、ホストコントロールで[更に追加]をタップします。

  • ミーティングのロック:進行中のミーティングに他の参加者が参加できないようにします。
  • 共有をロック:参加者が画面を共有できないようにします。
  • 参加時にミュートする:参加者がミーティングに参加する時点で参加者を自動的にミュートします。
  • 入室/退室チャイムを鳴らす:参加者がミーティングに参加する時とミーティングから離れる時に音を鳴らします。
  • 参加者を待機室に配置する:ミーティングの準備をしている間、参加者を仮想の待機室に配置します。このオプションを表示させる場合は、ホストは待機室を有効にしてください。
  • 参加者がチャットできる人物:参加者が他の参加者と一緒にチャットできるのか、それともホストとのみチャットできるのかを制御します。
Powered by Zendesk