Zoom コミュニティが登場しました!
Zoom コミュニティでは、Zoom のすべてのお客様が集まり、質問をしたり、解決策を見つけたり、仲間とコラボレーションしたりすることができます。
コラボレーションを始めるには、Zoom アカウント情報でログインしてください。

ミーティングの参加者の管理 フォローする

概要

ミーティングのホストは、参加者を管理できます。 デフォルトでは、ミーティングの参加者全員が参加者のビデオ、画面、オーディオを共有できます。 画面、ビデオ、オーディオを共有できる参加者を制限したい場合は、ウェビナー プラットフォームの使用をお勧めします。 これらのオプションの詳しい比較情報は、当社の「ミーティングとウェビナーの比較」を参照してください。

この記事の内容:

前提条件

  • ミーティングにおけるホスト権限と共同ホスト権限(ホストによって設定される
  • Zoom デスクトップ クライアント、モバイルアプリ、ウェブ クライアントを介して参加する*

オプションの中には、前提条件が他にも存在し、十分に機能させるためにはウェブポータルで有効にするか、特定バージョンの Zoom が必要となるものがあります。 これらの機能には、参加者へのローカル レコーディング機能の提供共同ホストの割り当て参加者の保留待機室の使用などがあります。

*ウェブを介して参加する場合は、限定的なコントロールを使用できます。

参加者の順序

参加者リスト内の名前は、以下の順に表示されます。

  1. 自分
  2. ホスト(自分がホストでない場合)
  3. 名前のない電話番号
  4. ミュートが解除されている参加者(アルファベット順)
  5. ミュートされた参加者(アルファベット順)

ホストと共同ホストのコントロール

ミーティングでは、ホストと共同ホストは以下の機能をコントロールできます。

  • 参加者をミュートする
  • 参加者にミュート解除をリクエストするか、参加者をミュート解除する( 事前承認済みの同意がある場合)
  • 参加者のビデオを停止する
  • 参加者にビデオの開始をリクエストする
  • 参加者の画面共有を防止する
  • 参加者の名前を変更する
  • 参加者を保留にする(待合室が無効の場合)
  • 入室または退室のチャイム音再生 / 停止を行う
  • 他の参加者が参加できないようにミーティングをロックする
  • 参加者を待機室に配置するか、参加者の待機室使用を許可または削除する(待機室を有効にできるのはホストのみ)

以下の機能にアクセスできるのはホストだけです。

参加者を管理するためのコントロール

  1. Zoom デスクトップ クライアントにサインインします。
  2. ミーティングを開始します。
  3. ホスト コントロールで参加者をタップして、参加者のリストを表示します。
  4. (オプション)左上にあるドロップダウン メニューをクリックし、[ポップアウト] をクリックして、ミーティング ウィンドウから参加者リストを分離します。
  5. 参加者の上にカーソルを置いて[詳細] をクリックして、以下のオプションを表示します。
  • ミュート解除を依頼する / ミュート解除 / ミュート 
  • チャット: チャットウィンドウを開いて、参加者にメッセージを直接送信します。
  • ビデオの停止: 参加者のビデオ ストリームを停止し、参加者がビデオを開始できないようにします。 参加者がビデオをまだ開始してない場合は、ビデオの開始の要求オプションが表示されます。
  • ピン留め: 最大 9 人の参加者のビデオをピン留めして、画面上に常に表示させます。 他の人には影響しません。
  • [全員のスポットライト]: 最大 9 人の参加者のビデオにスポットライトを当て、ミーティングの全参加者に対して常にビデオが表示されるようにします。
  • ホストにする(ホストのみが利用可能): 参加者をホストにします。 ホストとして存在できるのは 1 人だけです。
  • 共同ホストにする / 共同ホスト権限の取り下げ(ホストのみが利用可能): 参加者を共同ホストにします。 共同ホストは何人存在してもかまいません。
  • 名前の変更: 他の参加者に表示する参加者名を変更します。 この変更は、現在のミーティングにのみ適用されます。
    : 表示されている自分の名前を変更するには、参加者リストの自分の名前にカーソルを合わせて [名前の変更] をクリックします。 自分のプロフィールでは自分の名前を永続的に変更できます。
  • 字幕入力のために割り当てる(ホストのみが利用可能): 参加者がミーティング中に字幕を入力できるように割り当てます。
  • ローカルファイルの記録を許可(ホストのみが利用可能): 出席者がミーティングのローカル レコーディングを開始 / 停止できるようにします。 参加者にはクラウド レコーディングを開始するためのアクセス権限はありません。
  • マルチピンを許可: 他の参加者がマルチピン機能を使用できるようにします。 デフォルトでは、参加者が一度にピン留めできるのは 1 人だけです。
  • 待機室に配置: ミーティングの準備中に、参加者をバーチャルな待機室に配置します。 このオプションを表示させる場合は、ホストは待機室を有効にしてください。
  • 保留にする: 待機室が有効にされていない場合、参加者を保留するためにこのオプションが表示されます。
  • 削除: ミーティングから参加者を退出させます。再参加を許可しない限り、除外された参加者は参加し直すことができません。
  • レポート: Zoom の信頼・安全チームにユーザーをレポートできます。 どのユーザーを報告するか選択し、問題について詳細を提供できるようになります。 スクリーンショットなどの証拠をアップロードすることもできます。

参加者リストの下部で、以下のオプションを有効または無効にすることもできます。

以下のオプションを表示するために [詳細] をクリックします。

  • Ask All to Unmute(全員にミュート解除するように依頼):すべてのミュートされている参加者にポップアップ通知を表示します。その際、ミュート解除するオプションとミュートのままにするオプションが表示されます。
  • 参加時に参加者をミュートする: ミーティング参加時に参加者を自動的にミュートにします。
  • 自分でミュート解除することを参加者に許可する:ミーティング中に他のユーザーと話したい場合は、参加者は自分達をミュート解除できます。
  • 自分で名前変更することを参加者に許可する:他の参加者に表示される画面の名前を、参加者が変更できます。
  • 入室/退室チャイムを鳴らす:参加者がミーティングに参加したりミーティングから退出したりする際に音声を流します。
  • Play Chime for Chat Messages/Raise Hand(チャットメッセージや挙手があった場合にチャイムを鳴らす):参加者がミーティング内チャット挙手を使用する際に、音声を流します。 この機能を有効にするには、Zoom サポートにご連絡ください
  • Enable Waiting Room(待機室を有効化)待機室機能を有効にします。 このオプションは、ウェブポータルの設定に関係なく使用できます。
  • ミーティングをロックする:他のユーザーに進行中のミーティングに参加させません。
  • 会議ウィンドウにマージ:参加者のリストをメインのミーティングウィンドウをマージします。 このオプションを使用できるのは、参加者リストをメイン ミーティング ウィンドウから分離した場合だけです。

参加者が画面を共有できないようにするには、以下の手順を実行します。

  1. ホスト コントロールで、[画面共有] の横にある矢印をクリックし、[高度な共有オプション] をクリックします。
  2. [共有できるのは誰ですか?] で、[ホストのみ] を選択します。
  3. ウィンドウを閉じます。
  1. Zoom デスクトップ クライアントにサインインします。
  2. ミーティングを開始します。
  3. ホスト コントロールで参加者をタップして、参加者のリストを表示します。
  4. 参加者の上にカーソルを置いて [詳細] をクリックして、以下のオプションを表示します。
  • ミュート解除を依頼する / ミュート解除 / ミュート 
  • チャット: チャットウィンドウを開いて、参加者にメッセージを直接送信します。
  • ビデオの停止: 参加者のビデオ ストリームを停止し、参加者がビデオを開始できないようにします。 参加者がビデオをまだ開始してない場合は、[ビデオの開始の要求] オプションが表示されます。
  • ビデオのスポットライト: 最大 9 人の参加者のビデオにスポットライトを当て、ミーティングの全参加者に対して常にビデオが表示されるようにします。
  • ホストにする(ホストのみが利用可能): 参加者をホストにします。 ホストとして存在できるのは 1 人だけです。
  • 共同ホストにする / 共同ホスト権限の取り下げ(ホストのみが利用可能): 参加者を共同ホストにします。 共同ホストは何人存在してもかまいません。
  • 名前の変更: 他の参加者に表示する参加者名を変更します。 この変更は、現在のミーティングにのみ適用されます。
    : 表示されている自分の名前を変更するには、参加者リストの自分の名前にカーソルを合わせて [名前の変更] をクリックします。 自分のプロフィールでは自分の名前を永続的に変更できます。
  • 字幕入力のために割り当てる(ホストのみが利用可能): 参加者がミーティング中に字幕を入力できるように割り当てます。
  • ローカルファイルの記録を許可(ホストのみが利用可能): 出席者がミーティングのローカル レコーディングを開始 / 停止できるようにします。 参加者にはクラウド レコーディングを開始するためのアクセス権限はありません。
  • 待機室に配置: ミーティングの準備中に、参加者をバーチャルな待機室に配置します。 このオプションを表示させる場合は、ホストは待機室を有効にしてください。
  • 保留にする: 参加者を保留にし、ビデオ会議やオーディオ会議から除外します。 ミーティングを開始する前に [ホストは参加者を保留にできます] オプションが有効に設定されている必要があります。
  • 削除:ミーティングから参加者を退出させます。再参加を許可しない限り、除外された参加者は参加し直すことができません。
  • レポート: Zoom の信頼・安全チームにユーザーをレポートできます。 どのユーザーを報告するか選択し、問題について詳細を提供できるようになります。 スクリーンショットなどの証拠をアップロードすることもできます。

参加者リストの下部で、以下のオプションを有効または無効にすることもできます。

以下のオプションを表示するために [詳細] をクリックします。

  • Ask All to Unmute(全員にミュート解除するように依頼):すべてのミュートされている参加者にポップアップ通知を表示します。その際、ミュート解除するオプションとミュートのままにするオプションが表示されます。
  • 参加時に参加者をミュートする: ミーティング参加時に参加者を自動的にミュートにします。
  • 自分でミュート解除することを参加者に許可する:ミーティング中に他のユーザーと話したい場合は、参加者は自分達をミュート解除できます。
  • 自分で名前変更することを参加者に許可する:他の参加者に表示される画面の名前を、参加者が変更できます。
  • 入室/退室チャイムを鳴らす:参加者がミーティングに参加したりミーティングから退出したりする際に音声を流します。
  • Play Chime for Chat Messages/Raise Hand(チャットメッセージや挙手があった場合にチャイムを鳴らす):参加者がミーティング内チャット挙手を使用する際に、音声を流します。 この機能を有効にするには、Zoom サポートにご連絡ください
  • Enable Waiting Room(待機室を有効化)待機室機能を有効にします。 このオプションは、ウェブポータルの設定に関係なく使用できます。
  • ミーティングをロックする:他のユーザーに進行中のミーティングに参加させません。
  • 会議ウィンドウにマージ:参加者のリストをメインのミーティングウィンドウをマージします。 このオプションを使用できるのは、参加者リストをメイン ミーティング ウィンドウから分離した場合だけです。

参加者が画面を共有できないようにするには、以下の手順を実行します。

  1. ホスト コントロールで、[画面共有] の横にある矢印をクリックし、[高度な共有オプション] をクリックします。
  2. [共有できるのは誰ですか?] で、[ホストのみ] を選択します。
  3. ウィンドウを閉じます。
  1. Chrome OS の Zoom クライアントにサインインします。
  2. ミーティングを開始します。
  3. ホスト コントロールで参加者をタップして、参加者のリストを表示します。
  4. 左上隅にあるドロップダウン メニューをクリックして参加者リストを閉じるか、[ポップアウト] をクリックして、ミーティングウィンドウから参加者リストを分離します。
  5. 参加者の上にカーソルを置いて[詳細] をクリックして、以下のオプションを表示します。
  • ミュート解除を依頼する / ミュート解除 / ミュート 
  • チャットチャットウィンドウを開いて、パネリストにメッセージを直接送信します。
  • ビデオの停止:参加者のビデオストリームを停止し、参加者がビデオを開始できないようにします。 参加者がビデオをまだ開始してない場合は、ビデオの開始の要求オプションが表示されます。
  • ホストにする(ホストのみが利用可能): 参加者をホストにします。 ホストとして存在できるのは 1 人だけです。
  • 共同ホストにする(ホストのみが利用可能): 参加者を共同ホストにします。 共同ホストは何人存在してもかまいません。
  • レコーディングを許可(ホストのみが利用可能): 参加者がミーティングのローカル レコーディングを開始 / 停止できるようにします。 参加者にはクラウド レコーディングを開始するためのアクセス権限はありません。
  • 字幕入力のために割り当てる(ホストのみが利用可能): 参加者がミーティング中に字幕を入力できるように割り当てます。
  • 待機室に配置: ミーティングの準備中に、参加者をバーチャルな待機室に配置します。 このオプションを表示させる場合は、ホストは待機室を有効にしてください。
  • 名前の変更: 他の参加者に表示する参加者名を変更します。 この変更は、現在のミーティングにのみ適用されます。
    : 表示されている自分の名前を変更するには、参加者リストの自分の名前にカーソルを合わせて [名前の変更] をクリックします。 自分のプロフィールでは自分の名前を永続的に変更できます。
  • 削除:ミーティングから参加者を退出させます。再参加を許可しない限り、除外された参加者は参加し直すことができません。

[詳細] をクリックして、参加者リストの下部で以下のオプションを有効 / 無効にすることができます。

  • 招待他のユーザーを招待して、ミーティングに参加させます
  • すべてミュート/すべてミュート解除:ミーティングに現在存在する参加者のミュートまたはミュート解除を行います。
  • Ask All to Unmute(全員にミュート解除するように依頼):すべてのミュートされている参加者にポップアップ通知を表示します。その際、ミュート解除するオプションとミュートのままにするオプションが表示されます。
  • 参加時に参加者をミュートする: ミーティング参加時に参加者を自動的にミュートにします。
  • 自分でミュート解除することを参加者に許可する:ミーティング中に他のユーザーと話したい場合は、参加者は自分達をミュート解除できます。
  • 自分で名前変更することを参加者に許可する:他の参加者に表示される画面の名前を、参加者が変更できます。
  • 待機室を有効化: 新しい参加者に対して、あるいはすでに参加している参加者を待機室に移動するために、待機室を有効にします。
  • ミーティングをロックする:他のユーザーに進行中のミーティングに参加させません。
  • 会議ウィンドウにマージ:参加者のリストをメインのミーティングウィンドウをマージします。 このオプションを使用できるのは、参加者リストをメイン ミーティング ウィンドウから分離した場合だけです。

参加者が画面を共有できないようにするには、以下の手順を実行します。

  1. ホスト コントロールで、[画面共有] の横にある矢印をクリックし、[高度な共有オプション] をクリックします。
  2. [共有できるのは誰ですか?] で、[ホストのみ] を選択します。
  3. ウィンドウを閉じます。

Web を介して参加する場合は、参加者を管理する機能が制限されます。

  1. ホスト コントロールで [参加者] をタップして、参加者のリストを表示します。
  2. 参加者の上にカーソルを置いて、[詳細] をクリックして、以下のオプションを表示します。
  • ミュート解除を依頼する / ミュート解除 / ミュート 
  • チャットチャットウィンドウを開いて、パネリストにメッセージを直接送信します。
  • ビデオの停止:参加者のビデオストリームを停止し、参加者がビデオを開始できないようにします。 参加者がビデオをまだ開始してない場合は、ビデオの開始の要求オプションが表示されます。
  • 全員のスポットライト: 最大 9 人の参加者のビデオにスポットライトを当て、ミーティングの全参加者に対して常にビデオが表示されるようにします。
  • マルチピンを許可: 他の参加者がマルチピン機能を使用できるようにします。 デフォルトでは、参加者が一度にピン留めできるのは 1 人だけです。
  • ホストにする(ホストのみが利用可能): 参加者をホストにします。 ホストとして存在できるのは 1 人だけです。
  • 共同ホストにする(ホストのみが利用可能): 参加者を共同ホストにします。 共同ホストは何人存在してもかまいません。
  • 字幕入力のために割り当てる(ホストのみが利用可能): 参加者がミーティング中に字幕を入力できるように割り当てます。
  • 名前の変更: 他の参加者に表示する参加者名を変更します。 この変更は、現在のミーティングにのみ適用されます。
    : 表示されている自分の名前を変更するには、参加者リストの自分の名前にカーソルを合わせて [名前の変更] をクリックします。 自分のプロフィールでは自分の名前を永続的に変更できます。
  • 待機室に配置: ミーティングの準備中に、参加者をバーチャルな待機室に配置します。 このオプションを表示させる場合は、ホストは待機室を有効にしてください。
  • 削除:ミーティングから参加者を退出させます。再参加を許可しない限り、除外された参加者は参加し直すことができません。
  • レポート: Zoom の信頼・安全チームにユーザーをレポートできます。 どのユーザーを報告するか選択し、問題について詳細を提供できるようになります。 スクリーンショットなどの証拠をアップロードすることもできます。

参加者リストの下部で、以下のオプションを有効または無効にすることもできます。

  • 招待他のユーザーを招待して、ミーティングに参加させます
  • すべてミュート/すべてミュート解除:ミーティングに現在存在する参加者のミュートまたはミュート解除を行います。
  • 詳細
    • Ask All to Unmute(全員にミュート解除するように依頼):すべてのミュートされている参加者にポップアップ通知を表示します。その際、ミュート解除するオプションとミュートのままにするオプションが表示されます。
    • 参加時に参加者をミュートする: ミーティング参加時に参加者を自動的にミュートにします。
    • 自分でミュート解除することを参加者に許可する:ミーティング中に他のユーザーと話したい場合は、参加者は自分達をミュート解除できます。
    • 自分で名前変更することを参加者に許可する:他の参加者に表示される画面の名前を、参加者が変更できます。
    • ミーティングをロックする:他のユーザーに進行中のミーティングに参加させません。
  1. Zoom モバイルアプリにサインインします。
  2. ミーティングを開始します。
  3. ホスト コントロールで [参加者] をタップして、参加者のリストを表示します。
  4. 参加者の名前をタップして、その参加者の以下のオプションを管理します。
    • ミュート解除を依頼する / ミュート解除 / ミュート 
    • ビデオの停止:参加者のビデオストリームを停止し、参加者がビデオを開始できないようにします。 参加者がビデオをまだ開始してない場合は、ビデオの開始の要求オプションが表示されます。
    • チャット: チャットウィンドウを開いて、参加者にメッセージを直接送信します。
    • 全員のスポットライト: 最大 9 人の参加者のビデオにスポットライトを当て、ミーティングの全参加者に対して常にビデオが表示されるようにします。
    • ホストにする(ホストのみが利用可能): 参加者をホストにします。 ホストとして存在できるのは 1 人だけです。
    • 共同ホストにする(ホストのみが利用可能): 参加者を共同ホストにします。 共同ホストは何人存在してもかまいません。
    • 名前の変更: 他の参加者に表示する参加者名を変更します。 この変更は、現在のミーティングにのみ適用されます。
      : 表示されている自分の名前を変更するには、参加者リストの自分の名前にカーソルを合わせて [名前の変更] をクリックします。 自分のプロフィールでは自分の名前を永続的に変更できます。
    • 字幕入力のために割り当てる(ホストのみが利用可能): 参加者がミーティング中に字幕を入力できるように割り当てます。
    • ローカル ファイルの記録を許可(ホストのみが利用可能): 出席者がミーティングのローカル レコーディングを開始 / 停止できるようにします。 参加者にはクラウド レコーディングを開始するためのアクセス権限はありません。
    • マルチピンを許可: 他の参加者がマルチピン機能を使用できるようにします。 デフォルトでは、参加者が一度にピン留めできるのは 1 人だけです。
    • 待機室に配置: ミーティングの準備中に、出席者をバーチャルな 待機室に配置します。 このオプションを表示させる場合は、ホストは待機室を有効にしてください。
    • 削除:ミーティングから参加者を退出させます。

参加者ウィンドウの下部には、次のオプションがあります。

  • 招待: 他のユーザーをミーティングに招待します
  • をタップすると、次のオプションが表示されます。
    • 全員をミュート: ミーティングに参加中の参加者全員をミュートにします。
    • Ask All to Unmute(全員にミュート解除するように依頼):すべてのミュートされている参加者にポップアップ通知を表示します。その際、ミュート解除するオプションとミュートのままにするオプションが表示されます。

入室時に参加者をミュートする、入室 / 退室チャイムを鳴らす、参加時に参加者の名前を表示するには、ホスト コントロールで [詳細]、[ミーティング設定] の順にタップします。

ミーティングをロックする、参加者が画面を共有できないようにする、参加時点で参加者をミュートする、参加時に出席者を待機室に入れるには、ホスト コントロールで [詳細]、[セキュリティ] の順にタップします。 詳しくは、ミーティング セキュリティをご覧ください。

 

  1. Zoom モバイルアプリにサインインします。
  2. ミーティングを開始します。
  3. ホスト コントロールで [参加者] をタップして、参加者のリストを表示します。
  4. 特定の参加者を管理するには、参加者の名前をタップします。
  • ミュート解除を依頼する / ミュート解除 / ミュート 
  • ビデオの停止:参加者のビデオストリームを停止し、参加者がビデオを開始できないようにします。 参加者がビデオをまだ開始してない場合は、ビデオの開始の要求オプションが表示されます。
  • チャット: チャットウィンドウを開いて、参加者にメッセージを直接送信します。
  • ビデオのスポットライト: 最大 9 人の参加者のビデオにスポットライトを当て、ミーティングの全参加者に対して常にビデオが表示されるようにします。
  • ホストにする(ホストのみが利用可能): 参加者をホストにします。 ホストとして存在できるのは 1 人だけです。
  • 共同ホストにする(ホストのみが利用可能): 参加者を共同ホストにします。 共同ホストは何人存在してもかまいません。
  • 名前の変更: 他の参加者に表示する参加者名を変更します。 この変更は、現在のミーティングにのみ適用されます。
    : 表示されている自分の名前を変更するには、参加者リストの自分の名前にカーソルを合わせて [名前の変更] をクリックします。 自分のプロフィールでは自分の名前を永続的に変更できます。
  • 字幕入力のために割り当てる(ホストのみが利用可能): 参加者がミーティング中に字幕を入力できるように割り当てます。
  • ローカル ファイルの記録を許可(ホストのみが利用可能): 出席者がミーティングのローカル レコーディングを開始 / 停止できるようにします。 参加者にはクラウド レコーディングを開始するためのアクセス権限はありません。
  • マルチピンを許可: 他の参加者がマルチピン機能を使用できるようにします。 デフォルトでは、参加者が一度にピン留めできるのは 1 人だけです。
  • 待機室に配置: ミーティングの準備中に、出席者をバーチャルな 待機室に配置します。 このオプションを表示させる場合は、ホストは待機室を有効にしてください。 詳細はこちら
  • 削除:ミーティングから参加者を退出させます。

参加者ウィンドウの下部には、次のオプションがあります。

  • 招待: 他のユーザーをミーティングに招待します
  • 全員をミュート: ミーティングに参加中の参加者全員をミュートにします。
  • をタップすると、次のオプションが表示されます。
    • Ask All to Unmute(全員にミュート解除するように依頼):すべてのミュートされている参加者にポップアップ通知を表示します。その際、ミュート解除するオプションとミュートのままにするオプションが表示されます。

入室時に参加者をミュートする、入室 / 退室チャイムを鳴らす、参加時に参加者の名前を表示するには、ホスト コントロールで[詳細]、[ミーティング設定] の順にタップします。

ミーティングをロックする、参加者が画面を共有できないようにする、参加時点で参加者をミュートする、参加時に出席者を待機室に入れるには、ホスト コントロールで [詳細]、[セキュリティ] の順にタップします。 詳しくは、ミーティング セキュリティをご覧ください。

Powered by Zendesk