ベーシックなSAMLマッピング フォローする

概要

ベーシックなSAMLマッピングでは、ユーザーがSSO経由でZoomにログインするときに、デフォルトのユーザータイプを指定できます。IDプロバイダーから渡された特定のSAML属性を、Zoomのメールアドレス、名、姓、電話番号、部門にマップすることもできます。これにより、この情報をIDプロバイダーから自動的に渡すことができます。 

高度なSAMLマッピングを使用して、渡される属性に基づいて、ユーザーの計画、役割、またはグループを割り当てることもできます。高度なSAMLマッピングについて詳しくお読みください。

前提条件

  • Zoomのオーナーまたは管理者
  • SSOが設定済み

手順

SAML属性と対応する値は、IDプロバイダーで設定する必要があります。IdPでそれらを設定したら、ZoomでベーシックなSAMLマッピングを設定することができます。

ZoomでベーシックなSAMLマッピングを設定するには

  1. Zoomウェブポータルで、シングルサインオン設定ページにログインします。
  2. [SAML Response Mapping]をクリックします。6b903e05-c5fa-415a-84fc-bf5a5945d950.png
  3. このページの初めのセクションには、ベーシックなSAML情報マッピングが表示されます。
    Screen_Shot_2017-12-27_at_4.34.26_PM.png

    • [Default user type]:デフォルトのユーザータイプを変更するには、横にある[Edit]をクリックします。[None]を選択した場合、デフォルトでユーザーのZoomアカウントは作成されず、Zoomへのアクセスも拒否されます。ユーザーにZoomアクセスを割り当てるには、高度なSAMLマッピングが必要となります。高度なSAMLマッピングを使用して、渡される属性に基づいて、異なるユーザータイプを割り当てることもできます。 
    • その他のフィールド:変更するには、[Map to SAML Attribute]をクリックします。IDプロバイダーにより渡されるSAML属性を入力します。 
    • 値を入力した後、[Edit]をクリックして値を編集したり、[Clear]をクリックして値を削除することができます。
      Screen_Shot_2017-12-27_at_4.43.59_PM.png

 

 

この記事は役に立ちましたか?
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
Powered by Zendesk