概要

この記事では、Windows、macOS、LinuxでZoomデスクトップクライアントを使用するための要件を示します。

この記事の内容:

システム要件

  • インターネット接続 – ブロードバンド有線またはワイヤレス(3Gまたは4G/LTE)
  • スピーカーとマイク – 内蔵またはUSBプラグインまたはワイヤレスBluetooth
  • WebカメラまたはHDウェブカメラ - 内蔵またはUSBプラグイン
  • または、ビデオキャプチャカードを搭載したHDカメラまたはHDビデオカメラ
    サポートされているデバイスの一覧を参照してください。

サポートされているオペレーティングシステム

  • macOS XとmacOS 10.9以降
  • Windows 10*
    :Windows 10を実行しているデバイスの場合、Windows 10 Home、Pro、またはEnterpriseを実行する必要があります。Sモードはサポートされていません。
  • Windows 8または8.1
  • Windows 7
  • Ubuntu 12.04以降
  • Mint 17.1以降
  • Red Hat Enterprise Linux 6.4以降
  • Oracle Linux 6.4以降
  • CentOS 6.4以降
  • Fedora 21以降
  • OpenSUSE 13.2以降
  • ArchLinux(64ビットのみ)

サポートされているタブレットとモバイルデバイス

サポートされているブラウザ

  • Windows:IE 11+、  Edge 12+、Firefox 27+、 Chrome 30+
  • Mac:Safari 7+、 Firefox 27+、 Chrome 30+
  • Linux:Firefox 27+、 Chrome 30+

ウェブクライアントの一部機能はIEでサポートされていません。

プロセッサーとRAMの要件

  最小 推奨
プロセッサー シングルコア1Ghz以上 デュアルコア2Ghz以上(i3/i5/i7またはAMDと同等)
RAM 該当なし 4Gb

注:

  • デュアルおよびシングルコアラップトップでは、画面共有時のフレームレートが低下します(毎秒約5フレーム)。ラップトップで最適な画面共有パフォーマンスを得るには、クアッドコアプロセッサー以上をお勧めします。
  • Linuxには、OpenGL 2.0以上をサポートできるプロセッサーまたはグラフィックスカードが必要です。 

高DPIサポート

  • 高DPIディスプレイはZoomバージョン3.5以降でサポートされています

帯域幅の要件

Zoomが使用する帯域幅は、参加者のネットワークに基づいて最適なエクスペリエンスが得られるように最適化されます。3G、WiFi、または有線環境に合わせて自動的に調整されます。

ミーティングやウェビナーのパネリストに推奨される帯域幅:

  • 1対1のビデオ通話の場合:
    • 高品質のビデオでは600kbps(アップ/ダウン)
    • 720p HDビデオでは1.2 Mbps(アップ/ダウン)
    • 1080p HDビデオの受信には1.8 Mbps(アップ/ダウン)が必要
    • 1080p HDビデオの送信には1.8 Mbps(アップ/ダウン)が必要
  • グループビデオ通話の場合:
    • 高品質のビデオでは800kbps/1.0Mbps(アップ/ダウン)
    • ギャラリービューおよび/または720p HDビデオの場合:1.5Mbps/1.5Mbps(アップ/ダウン)
    • 1080p HDビデオの受信には2.5mbps(アップ/ダウン)が必要
    • 1080p HDビデオの送信には3.0 Mbps(アップ/ダウン)が必要
  • 画面共有のみ(ビデオサムネイルなし):50~75kbps
  • ビデオサムネイルによる画面共有の場合:50~150kbps
  • オーディオVoiPの場合:60~80kbps
  • Zoom Phoneの場合:60~100kbps

ウェビナーの参加者に推奨される帯域幅:

  • 1:1 ビデオ通話の場合:高品質のビデオの場合は600 kbps(下り)とHDビデオの場合は1.2 Mbps(下り)
  • 画面共有のみ(ビデオサムネイルなし):50~75kbps(下り)
  • ビデオサムネイルによる画面共有の場合:50~150kbps(下り)
  • オーディオVoiPの場合:60~80 kbps(下り)