注意: アクセス数が増加し、大変つながりにくくなっています。FAQ(よくある質問)の回答を閲覧したり、当社にお問合せいただくことはできますが、通常よりアクセスに時間がかかる可能性があります。ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解のほど、よろしくお願いします。



ビデオのレイアウトを変更する フォローする

概要

ミーティング中、画面共有が使用されていない場合、アクティブなスピーカーギャラリーミニの3種類のビデオレイアウトがあります。画面共有が使用されている場合は、左右表示モードを使用するか、アクティブスピーカーまたはギャラリービューで画面共有を表示することができます。 また、ビデオなしの参加者を非表示にすることもできます。これらのレイアウトは、ミニウインドウを除いて、全画面表示またはウインドウモードで使用できます。

また、参加者のビデオを固定したり、スポットライトを当てることもできます。ビデオを固定した場合、アクティブなスピーカービューを無効にして、特定のスピーカーのみを表示することができます。他のユーザーのビデオを固定した場合、そのユーザーのコンピューターおよびローカルのみに影響があり、他の参加者やクラウド録画の表示には影響しません。ビデオの固定の詳細はこちら

ビデオにスポットライトを当てると、そのユーザーがミーティングやクラウドメインのアクティブスピーカーになります。スポットライトを当てるには、ビデオをオンにした状態の参加者が3人以上必要ですが、設定できるのはホストのみです。ビデオのスポットライトに関する詳細はこちら

この記事の内容:

全画面表示

ウィンドウの右上にある4つの矢印のアイコンをクリックすると、ミニウインドウ以外のレイアウトを全画面表示できます。全画面表示を終了するには、同じ場所で全画面表示を終了をクリックするか、キーボードの Esc キーを使用します。

:旧バージョンのMacOSでは、トップのメニューバーでミーティング全画面表示を選択します。

アクティブスピーカー

アクティブスピーカーは、デフォルトのビデオレイアウトです。話者に合わせて大きなビデオ画面を切り替えます。1対1のミーティングの場合は、上段に自分のビデオが表示され、下段に他の参加者のビデオが表示されます。

アクティブスピーカーの詳細については、こちら。

ギャラリービュー

ビデオレイアウトをギャラリービューで表示することもできます。 ギャラリービューを使用すると、一度に最大49人の参加者を表示できます。矢印をスクロールすると、残りの参加者が表示されます。

Zoomウインドウの右上にあるギャラリービューをクリックすると、ギャラリービューに切り替わります。ギャラリービューで参加者を表示する方法についてはこちら。

ミニ画面

ミニ画面では、Zoomビデオを最小化し、コンピューター上の開いているアプリケーションの最前面に表示されます。必要に応じて、画面の周囲にウインドウを移動したり、ビデオを完全に非表示にすることができます。

  1. ミニ画面表示に切り替えるには、最小化アイコンをクリックします。Windowsの場合は右上、Macの場合は左上にあります。
  2. ミニ画面モードでは、左側の矢印をクリックすると、ビデオを折りたたむことができます。
  3. ミニ画面モードを終了するには、右側の矢印をクリックします。

画面共有時のレイアウト

画面共有表示の場合、画面の上部、または左右表示モードで、アクティブスピーカーまたはギャラリービューの画面共有を表示することができます。左右表示モードについてはこちらをご覧ください。

  1. ビデオフィードのコンテンツを切り替えるには、Zoomウインドウの右上の切り替えアイコンをクリックします。
  2. 右上のアイコンをクリックして元に戻すか、コンテンツの共有に切り替える

    をクリックします。
  3. 表示オプション、次に左右表示モードクリックすると、左右表示モードに切り替わります。

ビデオなしの参加者を非表示

  1. ギャラリービューの場合、ビデオをオフにしている参加者、または電話でダイヤルした参加者を右クリックします。または、参加者ボックスの右上にある3点リーダーをクリックすることもできます。
  2. ビデオなしの参加者を非表示を選択すると、ビデオをオフにしているユーザー全員が非表示になります。 
  3. ビデオなしの参加者を再度表示するには、画面上部のビデオなしの参加者の合計をクリックし、ビデオなしの参加者を表示を選択します。
Powered by Zendesk