ミーティングをスケジュールするにはどうすればよいですか? フォローする

ビデオ

2016年11月に公開

概要

Zoomでは、ミーティングのスケジュールに複数の方法をご使用いただけます。ホストは、管理者がアカウント内のすべてのユーザーまたはすべてのメンバーに対してロックした設定を除いて、スケジュールされたミーティングのオプションを管理します。

注意:  2017年11月4日以降、Zoom機能に階層設定が利用できるようになりました。これまでに設定したミーティング 機能の設定は、これからも同じ方法で動作します。管理者が実施した変更は、スケジュールされたミーティングに影響する場合があります。

  1. Zoomクライアントを開き、Zoomにサインインします。
  2.  スケジュールアイコンをクリックします。
    WindowsClient.PNG
    これでスケジューラウィンドウが開きます。
  3. ミーティング設定を選択します。 これらのオプションの一部は、無効にされるか、アカウントまたはグループレベルで[Off]の位置にロックされている場合、使用できない場合があります。
    Screen_Shot_2017-09-22_at_11.04.39_PM.png
    • トピック: ミーティングのトピック/名前を選択します。
    • 開始:ミーティングの日時を選択します。スケジュールされた時刻の前でも、いつでもミーティングを開始できます。 
    • 所要時間:ミーティングの大まかな所要時間を選択します。これはスケジュール作成のみを目的としています。この時間が経過するとミーティングが終了するわけではありません。
    • タイムゾーン:デフォルトでは、Zoomはお使いのコンピュータのタイムゾーンを使用します。他のタイムゾーンを選択するには、ドロップダウンをクリックします。 
    • 定期ミーティング:ミーティングを定期的に開催する場合に選択します。 つまり、各セッションに同一のミーティングIDが使用されます。
    • ホストビデオ:ミーティングへの参加時に、ホストビデオをオンまたはオフにするかどうかを選択します。オフを選択していても、ホストにはビデオを開始するオプションがあります。 
    • 参加者ビデオ:ミーティングへの参加時に、参加者ビデオをオンまたはオフにするかどうかを選択します。オフを選択していても、参加者にはビデオを開始するオプションがあります。 
    • 音声オプション:  電話のみ、VOIPのみ(コンピュータの音声)、両方、またはサードパーティ製のオーディオ(アカウントで有効になっている場合)を使用して、ユーザーに電話をかけるかどうかを選択します。 
    • ミーティングパスワードが必要: ここで、ミーティングパスワードを選択し、入力できます。 参加者は、スケジュールされた会議に参加する前にこれを入力する必要があります。
    • 詳細オプション:矢印をクリックして、ミーティングの追加オプションを表示します。
      advancedoptions-windows.gif
      • ホスト参加前に参加を可能とする:参加者はホスト不在時、または参加前にミーティングに参加することができます会議は、Basic(無料)サブスクリプションでは40分後に終了します。
      • 入室時に参加者をミュートにする:ホスト参加前の参加が有効になっていない場合、会議に参加するすべての参加者をミュートします。
      • パーソナルミーティングIDを使用する: パーソナルミーティングIDを使用する場合はこちらにチェックマークを入れます。選択しない場合、一意のミーティングIDがランダムに生成されます。 
      • ミーティングを自動的に記録する:ミーティングを自動的に記録する場合、こちらにチェックマークを入れます。ローカル(コンピュータ)またはクラウド(zoom.us/recordings)のいずれに記録するかを選択します。 
      • 次のスケジュール:別のユーザーのスケジュール作成権限を持っている場合は、ドロップダウンからスケジュールを設定するユーザーを選択できます。
      • 代替ホスト:ホスト不在時に会議を開始できるように、ホストのアカウントにPROライセンスを持つ別のZoomユーザーのメールアドレスを入力してください。代替ホストに関して詳しくお読みください
    • カレンダー:任意のカレンダーに追加して、参加者に招待状を送信できます。
  4. [Schedule ]をクリックして完了し、選択したカレンダーを開きます。
注意:[Other Calendars ]を選択すると、日時、ミーティングURLといった、スケジュールされたミーティング情報を、招待者に送るメールにコピー&ペーストできます。
 
カレンダーに追加
スケジュールされた会議の設定が完了したら、ウィンドウの右下にある スケジュールアイコ ンをクリックします。
  1. 定期ではない(1回限りの)ミーティングの例では、Googleカレンダーを使用しています。
    d32f360a-35c0-4053-b7c0-2fe67b6740d9.png
  2. Googleカレンダーを使用した定期ミーティングの例
    Googleで[Repeat]をクリックして、繰り返しオプションを開きます。google-recurring.gif

Mac

  1. Zoomクライアントを開き、Zoomにサインインします。
  2.  スケジュールアイコンをクリックします。
    Screen_Shot_2017-09-22_at_6.21.38_PM.png
    これでスケジューラウィンドウが開きます。
  3. ミーティング設定を選択します。これらのオプションの一部は、無効にされるか、アカウントまたはグループレベルで[Off]の位置にロックされている場合、使用できない場合があります。
    Screen_Shot_2017-09-22_at_10.13.15_PM.png
    • トピック: ミーティングのトピック/名前を選択します。
    • 開始:ミーティングの日時を選択します。 
    • 所要時間:ミーティングの大まかな所要時間を選択します。これはスケジュール作成のみを目的としています。この時間が経過するとミーティングが終了するわけではありません。
    • タイムゾーン:デフォルトでは、Zoomはお使いのコンピュータのタイムゾーンを使用します。他のタイムゾーンを選択するには、ドロップダウンをクリックします。 
    • 定期ミーティング:ミーティングを定期的に開催する場合に選択します。 つまり、各セッションに同一のミーティングIDが使用されます。
    • ホストビデオ:ミーティングへの参加時に、ホストビデオをオンまたはオフにするかどうかを選択します。オフを選択していても、ホストにはビデオを開始するオプションがあります。 
    • 参加者ビデオ:ミーティングへの参加時に、参加者ビデオをオンまたはオフにするかどうかを選択します。オフを選択していても、参加者にはビデオを開始するオプションがあります。 
    • 音声オプション:  電話のみ、VOIPのみ(コンピュータの音声)、両方、またはサードパーティ製のオーディオ(アカウントで有効になっている場合)を使用して、ユーザーに電話をかけるかどうかを選択します。 
    • ミーティングパスワードが必要: ここで、ミーティングパスワードを選択し、入力できます。 参加者は、スケジュールされた会議に参加する前にこれを入力する必要があります。
    • 詳細オプション:矢印をクリックして、ミーティングの追加オプションを表示します。
      advancedoptions.gif
      • ホスト参加前に参加を可能とする:参加者はホスト不在時、または参加前にミーティングに参加することができます会議は、Basic(無料)サブスクリプションでは40分後に終了します。
      • 入室時に参加者をミュートにする:ホスト参加前の参加が有効になっていない場合、会議に参加するすべての参加者をミュートします。
      • パーソナルミーティングIDを使用する: パーソナルミーティングIDを使用する場合はこちらにチェックマークを入れます。選択しない場合、一意のミーティングIDがランダムに生成されます。 
      • ミーティングを自動的に記録する:ミーティングを自動的に記録する場合、こちらにチェックマークを入れます。ローカル(コンピュータ)またはクラウド(zoom.us/recordings)のいずれに記録するかを選択します。 
      • 次のスケジュール:別のユーザーのスケジュール作成権限を持っている場合は、ドロップダウンからスケジュールを設定するユーザーを選択できます。
      • 代替ホスト:ホスト不在時に会議を開始できるように、ホストのアカウントにPROライセンスを持つ別のZoomユーザーのメールアドレスを入力してください。代替ホストに関して詳しくお読みください
    • カレンダー:任意のカレンダーに追加して、参加者に招待状を送信できます。
  4. [Schedule ]をクリックして完了し、選択したカレンダーを開きます。
注意:[Other Calendars ]を選択すると、スケジュールされたミーティング情報の詳細を、招待者に送るメールにコピー&ペーストできます。
  1. My Meetings]からZoomポータルにサインインして、[ Schedule A Meeting]を選択します。
    schedule-web.gif
  2. ミーティングオプションを選択します。 これらのオプションの一部は、無効にされるか、アカウントまたはグループレベルで[Off]の位置にロックされている場合、使用できない場合があります。
    • トピック: ミーティングのトピック/名前を選択します。
    • 説明:オプションで、ミーティングの説明を入力できます。
    • 開催日時:ミーティングの日時を選択します。 
    • 所要時間:ミーティングの大まかな所要時間を選択します。これはスケジュール作成のみを目的としています。この時間が経過するとミーティングが終了するわけではありません。
    • タイムゾーン:デフォルトで、Zoomはプロフィールで送信されたタイムゾーンを使用します。他のタイムゾーンを選択するには、ドロップダウンをクリックします。 
    • 定期ミーティング:ミーティングを定期的に開催する場合にチェックマークを入れます。 つまり、各セッションに同一のミーティングIDが使用されます。これにより、繰り返しに関するオプションが追加で開きます。
      • 繰り返し:ミーティングの繰り返し頻度を選択します。毎日、毎週、毎月、または固定時刻なし。最大50回まで繰り返せます。50回を超えて繰り返す必要がある場合は、[No Fixed Time]オプションを使用します。
      • その他の再発オプションは、ミーティングの繰り返し頻度によって異なります。設定された回数後にミーティングが終了するように、または特定の日付に定期ミーティングが終了するようにミーティングを設定できます。
    • このミーティングを公開イベントリストに表示する:アカウントで 公開イベントリスト を有効にしている場合、このオプションを選択して、ミーティングをリストに含めることができます。
    • 登録:ミーティングに登録が必要な場合、このオプションにチェックマークを入れます。参加リンクの代わりに、登録リンクが提供されます。ミーティングの登録に関して詳しくお読みください
    • ホストビデオ:ミーティングへの参加時に、ホストビデオをオンまたはオフにするかどうかを選択します。オフを選択していても、ホストにはビデオを開始するオプションがあります。 
    • 参加者ビデオ:ミーティングへの参加時に、参加者ビデオをオンまたはオフにするかどうかを選択します。オフを選択していても、参加者にはビデオを開始するオプションがあります。 
    • 音声オプション:  電話のみ、コンピュータオーディオのみ、電話とコンピュータオーディオの両方、またはサードパーティ製のオーディオ(アカウントで有効になっている場合)を使用して、ユーザーに電話をかけるかどうかを選択します。 
    • 次からダイヤルイン:この会議で[電話のみ]が有効になっている場合は、[編集]をクリックして、招待状に含めたいダイヤルインできる国を選択します。デフォルトでは、これにはマイミーティング設定に記載されているグローバルダイヤルインの国が含まれます。 
    • ミーティングパスワードが必要: ここで、ミーティングパスワードを選択し、入力できます。 参加者は、スケジュールされた会議に参加する前にこれを入力する必要があります。
    • ホスト参加前に参加を可能とする:参加者はホスト不在時、または参加前にミーティングに参加することができます会議は、Basic(無料)サブスクリプションでは40分後に終了します。
    • 入室時に参加者をミュートにする:ホスト参加前の参加が有効になっていない場合、会議に参加するすべての参加者をミュートします。
    • パーソナルミーティングIDを使用する: パーソナルミーティングIDを使用する場合はこちらにチェックマークを入れます。選択しない場合、一意のミーティングIDがランダムに生成されます。
    • HDビデオにデフォルト設定: このオプションを有効にすると、参加者のビューは常にHDビデオ(アカウント設定で機能が利用可能な場合)に自動で初期設定されます。
    • ミーティングを自動的に記録する:ミーティングを自動的に記録する場合、こちらにチェックマークを入れます。ローカル(コンピュータ)またはクラウド(zoom.us/recordings)のいずれに記録するかを選択します。 
    • 詳細オプション:矢印をクリックして、ミーティングの追加オプションを表示します。
      • 次のスケジュール:別のユーザーのスケジュール作成権限を持っている場合は、ドロップダウンからスケジュールを設定するユーザーを選択できます。
      • 代替ホスト:ホスト不在時に会議を開始できるように、ホストのアカウントにPROライセンスを持つ別のZoomユーザーのメールアドレスを入力してください。代替ホストに関して詳しくお読みください
  3. 保存 ]をクリックして完了します。

完了したら、カレンダーオプションを選択してスケジュールされたミーティングをカレンダー に追加するか、[ Copy The Invitation]を選択してZoomミーティングに招待状を送ります。
31688042-b7bb-4dba-9528-616441f912db.png

[Copy the Invitation]を使用して開くウインドウでは、招待状全文をコピーしてメールで送信できます。
453053fa-3615-4878-a12e-4e08c0a18a06.png

 

  1. Zoomアプリにサインインして、 スケジュールアイコンを選択します。
    Screen_Shot_2017-10-04_at_2.38.44_PM.png
    これでスケジューラが開きます。
  2. ミーティングのオプションを選択します。 これらのオプションの一部は、無効にされるか、アカウントまたはグループレベルで[Off]の位置にロックされている場合、使用できない場合があります。
    Screen_Shot_2017-10-04_at_2.39.05_PM.png
    • トピック: ミーティングのトピック/名前を選択します。
    • 開始:ミーティングの日時を選択します。 
    • 所要時間:ミーティングの大まかな所要時間を選択します。これはスケジュール作成のみを目的としています。この時間が経過するとミーティングが終了するわけではありません。
    • タイムゾーン:デフォルトでは、Zoomはお使いのコンピュータのタイムゾーンを使用します。他のタイムゾーンを選択するには、ドロップダウンをクリックします。 
    • 定期ミーティング:ミーティングを定期的に開催する場合に選択します。 つまり、各セッションに同一のミーティングIDが使用されます。
    • ホストビデオ:ミーティングへの参加時に、ホストビデオをオンまたはオフにするかどうかを選択します。オフを選択していても、ホストにはビデオを開始するオプションがあります。 
    • 参加者ビデオ:ミーティングへの参加時に、参加者ビデオをオンまたはオフにするかどうかを選択します。オフを選択していても、参加者にはビデオを開始するオプションがあります。 
    • 音声オプション:  電話のみ、VOIPのみ(コンピュータの音声)、両方、またはサードパーティ製のオーディオ(アカウントで有効になっている場合)を使用して、ユーザーに電話をかけるかどうかを選択します。 
    • ミーティングパスワードが必要: ここで、ミーティングパスワードを選択し、入力できます。 参加者は、スケジュールされた会議に参加する前にこれを入力する必要があります。
    • 詳細オプション:矢印をクリックして、ミーティングの追加オプションを表示します。
      linux-advancedoptions.gif
      • ホスト参加前に参加を可能とする:参加者はホスト不在時、または参加前にミーティングに参加することができます会議は、Basic(無料)サブスクリプションでは40分後に終了します。
      • パーソナルミーティングIDを使用する: パーソナルミーティングIDを使用する場合はこちらにチェックマークを入れます。選択しない場合、一意のミーティングIDがランダムに生成されます。 
      • 指定のドメインでサインインしたユーザーのみが参加できる:ユーザーに、指定したドメイン拡張アカウントにサインインを必須とする場合は、このオプションをオンにします。
    • カレンダー:任意のカレンダーに追加して、参加者に招待状を送信できます。
  3. [Schedule ]をクリックして完了し、選択したカレンダーを開きます。

注意:[Other Calendars ]を選択すると、日時、ミーティングURLといった、スケジュールされたミーティング情報を、招待者に送るメールにコピー&ペーストできます。

  1. Zoomアプリにログインします。
  2. [Schedule]を選択します。
    9625185d-a927-4691-8569-50deec2d648e.png
  3. ミーティングオプションを選択します。 これらのオプションの一部は、無効にされるか、アカウントまたはグループレベルで[Off]の位置にロックされている場合、使用できない場合があります。
    64c23a84-8369-4cbd-a364-88a720187260.png
    • トピック: ミーティングのトピック/名前を選択します。
    • 開催日時:ミーティングの日時を選択します。
    • タイムゾーン:デフォルトでは、Zoomはお使いのデバイスのタイムゾーン設定を使用します。 タイムゾーンを変更するには、このフィールドをクリックします。
    • 繰り返し ミーティングを定期的に開催する場合に選択します。つまり、全回に同一のミーティングIDが使用されます。 
    • ホストビデオ:ミーティングへの参加時に、ホストビデオをオンまたはオフにするかどうかを選択します。オフを選択していても、ホストにはビデオを開始するオプションがあります。 
    • 参加者ビデオ:ミーティングへの参加時に、参加者ビデオをオンまたはオフにするかどうかを選択します。オフを選択していても、参加者にはビデオを開始するオプションがあります。 
    • 音声オプション:  ユーザーが、電話のみ、VOIPのみ(コンピュータオーディオ)、または両方のいずれを使用して電話をかけるかを選択します。 
    • パスワード: ここで、 パスワード を選択し、入力できます。参加者は、 スケジュールされた会議に参加する前にこれを入力する必要があります。
    • ホスト参加前に参加を可能とする:ホストが参加する前に参加者がミーティングに参加できるようにします。注意:会議は、Basic/Free登録者では40分後に終了します。
    • パーソナルミーティングIDを使用する: パーソナルミーティングIDを使用する場合はこちらにチェックマークを入れます。選択しない場合、一意のミーティングIDがランダムに生成されます。 
    • カレンダーに追加:切り替えて Androidカレンダーに追加します。
  4. スケジュール ]をタップしてスケジュール作成を完了します。
    その後参加者を招待するようメッセージが表示されます。
  1. iOSデバイスでZoomアプリにログインします。
  2. [ Schedule]をタップします。
    b3ca9e4f-9662-4a8b-9e41-d3c4ab1bf76a.png
  3. ミーティングオプションを選択します。 これらのオプションの一部は、無効にされるか、アカウントまたはグループレベルで[Off]の位置にロックされている場合、使用できない場合があります。
    IMG_0614.JPG
    • トピック:デフォルトでは、ここでホストの名前のZoomみーてぃぐが表示されます。 ミーティングのトピック/名前を入力します。
    • 開始:ミーティングの日時を選択します。
    • 所要時間:ミーティングのおおよその所要時間を選択します。これはスケジュール作成のみを目的としています。この時間が経過するとミーティングが終了するわけではありません。
    • タイムゾーン:デフォルトでは、Zoomはお使いのデバイスのタイムゾーン設定を使用します。 このフィールドをタップします。
    • 繰り返し:ミーティングを定期的に開催する場合に選択します。 つまり、各セッションに同一のミーティングIDが使用されます。
    • パーソナルミーティングIDを使用するパーソナルミーティングIDを使用する場合はこちらを選択します。このオプションを選択しない場合、一意のミーティングIDがランダムに生成されます。 
    • 開始時にホストのビデオをオン:ミーティングへの参加時に、ホストビデオをデフォルトでオンまたはオフにするかどうかを選択します。 
    • 参加中は参加者のビデオをオン:ミーティングへの参加時に、デフォルトで参加者のビデオをオンまたはオフにするかどうかを選択します。 
    • 音声オプション:  ユーザーが、電話、VOIP、または両方のいずれを使用して電話をかけるかを選択します。
    • ミーティングパスワード(オプション): ここで、 パスワード を選択し、入力できます。参加者は、スケジュールされた会議に参加する前にこれを入力する必要があります。
    • 詳細オプション: こちらをクリックして、ミーティングの追加オプションを表示します。
      • ホストの前の参加を許可:ホストが参加する前に参加者がミーティングに参加できるようにします。注意:会議は、Basic/Free登録者では40分後に終了します。
      • ミーティングを自動的に記録する:ミーティングを自動的に記録する場合は選択します。 
      • 次のスケジュール:別のZoomユーザーのスケジュール作成権限を持っている場合は、スケジュール権限オプションがあり、ドロップダウンからスケジュールを設定するユーザーを選択できます。 
      • 代替ホスト:不在時に会議を始めることができる、アカウント上の他のPROユーザーのメールアドレスを入力します。代替ホストに関して詳しくお読みください。 
  4. Done]をクリックしてスケジュール作成を完了します。
    iOSカレンダーにミーティングを追加するよう、メッセージが表示されます。カレンダーでは参加者を招待できます。
    f556070e-caa6-4d15-a739-b23dd50d8434.png

 

注意: 

  • 繰り返されないミーティングIDは、ミーティングがスケジュールされてから30日後に期限切れになります。30日以内に、同じミーティングIDのミーティングを何度でも再開できます。 
  • 定期ミーティングIDは、最終 回のミーティングが開始されて365日後に期限切れになります。その後の回にもミーティングIDを再利用できます。
  • スケジュールされたミーティングは、スケジュールされた時刻の前でも、いつでも開始できます。リンクは、繰り返しではないミーティングから30日を過ぎていないか、定期ミーティングの365日を超えて使用されていないか、Zoomアカウントから削除されていない限り、期限切れまたは無効にはなりません。インスタントミーティングのリンクは、ミーティングが終わると同時に期限切れになります。 
この記事は役に立ちましたか?
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
Powered by Zendesk