ローカル記録 フォローする

ビデオ

概要
ローカル記録は有料登録者は無料でご利用いただけます。ローカル 記録を使用すると、ユーザーがミーティングのビデオと音声をコンピュータにローカルで記録することができます。記録されたファイルは、Dropbox、Googleドライブ、YouTubeやVimeoなどの公開ストリーミングサーバーなどのファイル保存サイトにアップロードできます。

注意:  2017年11月4日以降、Zoom機能に階層設定が利用できるようになりました。これまでに設定したローカル記録 機能の設定は、これからも同じ方法で動作します。管理者の変更は、この設定を使用するミーティングやウェビナーに影響する場合があります。

前提条件

  • Zoom Basic(無料)アカウント以上
  • Zoomクライアントバージョン2.0 以上

ローカルの記録を有効にする

アカウント設定で有効にする

組織のすべてのメンバーにローカル記録機能を有効にするには:

  1. アカウント設定を編集する権限を持つ管理者としてZoom Webポータルにログインし、[アカウント設定]をクリックします。
  2. [Recording]の[Local Recording  ]オプションに移動して、機能が有効になっていることを確認します。
    設定が無効の場合、[ステータス]スイッチを切り替えて有効にします。認証ダイアログが表示されたら、[オンにする]を選択して、変更を検証します。
    Local_Recording__Account_.png
  3. (オプション)アカウントのすべてのユーザーにこの設定を必須にするには、鍵型アイコンをクリックし、[ロック]をクリックして設定を確認します。

グループ設定で有効にする

特定のグループのすべてのメンバーにローカル記録 機能を有効にするには:

  1. ユーザーグループを編集する権限を持つ管理者としてZoom Webポータルにサインインし、[グループ管理]をクリックします。
  2. グループの名前をクリックして、[設定]タブをクリックします。
  3. [Recording]タブの[Local Recording ]オプションに移動して、機能が有効になっていることを確認します。
    設定が無効の場合、[ステータス]スイッチを切り替えて有効にします。認証ダイアログが表示されたら、[オンにする]を選択して、変更を検証します。
    Local_Recording__Group_.png
    注意:
    オプションがグレー表示されている場合は、 アカウントレベルでロックされており、そのレベルで変更する必要があります。
  4. (オプション)このアカウントのすべてのユーザーにこの設定を必須にするには、鍵型アイコンをクリックし、[ロック]をクリックして設定を確認します。

ミーティング設定で有効にする

自分が使用している機能に ローカル記録 機能を有効にするには:

  1. Zoom Webポータルにサインインして、[マイミーティング設定]をクリックするか(アカウント管理者である場合)または[ミーティング設定]をクリックします(アカウントメンバーである場合)。
  2. [Recording]タブの[Local Recording]オプションに移動して、 機能が有効になっていることを確認します。 
    設定が無効になっている場合は[Status]スイッチをクリックして有効にします。認証ダイアログが表示されたら、[オンにする]を選択して、変更を検証します。
    Local_Recording__Meeting_.png
    注意:オプションがグレー表示されている場合は、グループレベルまたはアカウントレベルでロックされており、ズーム管理者に連絡する必要があります。

ローカル記録を開始する

ホストはミーティングを記録する、参加者に記録する権限を付与する必要があります。

  1. ホストとしてZoomミーティングを開始します。
  2.  記録するオプションをクリックします。
    Local_Recording_-_Click_on_Record.png
  3.  メニューが表示された場合、[ Record on this Computer]を選択します。それ以外の場合は、このステップを無視します。
    Recording_Options_-_Cloud_or_Local.png
  4. 記録が開始されたとき、ホストには、次の記録インジケータが左上 に表示されます。
    Recording_Icon__Host_.png
    記録が別のユーザーによって開始されたとき、参加者には 左上 に次のインジケータが表示されます。
    Recording_Icon__Participant_.png
    注意
    :上記の記録アイコンがミーティングで表示されない場合、会議は記録 されていません
  5. Participants]メニューをクリックすると、活発に録音しているユーザーの横に録音インジケータが表示されます。
    Recording_Indicator_Participants.PNG
    注意: ダイヤルイン参加者は、ホストによって無効にされていない限り、会議が現在記録されていることを知らせるメッセージを聞きます。
  6. ミーティングが終了すると、メッセージが表示されます。 表示する前に変換する必要がある記録があります。
    記録が変換されるまで待って、アクセスしてください。
    Recording_Converting.png
  7. 変換処理が完了すると、記録ファイルを含むフォルダが自動的に開きます。
    Recording_Folder.png
    注意:デフォルトでは、音声/ビデオファイル(MP4)は「Zoom_0.mp4」と命名されます。音声のみのファイル(M4A)は「audio_only.m4a」と命名されます。

重要: 予期せずミーティングが終了した場合、または変換プロセスが中断された場合、記録ファイルが破損して回復不能になる可能性があります。

ローカル記録を停止または一時停止する

Zoomの記録中、ユーザーは記録を 停止または 一時停止できます。ユーザーが記録を停止して再開した場合、次の記録セグメントには 新しいビデオファイルが作成されます。ユーザーが記録を一時停止して再開した場合、セグメントの記録にZoomは同じビデオファイルに記録します。

  1. 録画が開始された後、下部の[Pause]または[Stop Recording]をクリックします。
    Pause_or_Stop_Recording.png
    左上のインジケータをクリックして、録画を停止または一時停止することもできます。
    Stop_Pause_Recording__Top_Left_Corner_.png
  2. 記録が一時停止されると、次のインジケータがミーティングに表示されます。
    Recording_Paused.png
  3. 記録を再開するには、下部で[ Resume Recording ]をクリックします。
    Resume_Recording.png
    左上のインジケータをクリックして記録を再開することもできます。
    Resume_Recording__top-left_.png

参加者に記録権限を割り当てる

  1. Zoomミーティング中に[ Manage Participants]をクリックします。
  2. [Participants]メニューで、録画権限を与えるユーザーに移動します。
    名前の横にある [More]をクリックします。
    Participant_More_Button.PNG
  3. Allow Record]のオプションを選択します。
    Allow_Participant_to_Record.PNG
    参加者に、次の記載がある通知を受信します。ホストがこのミーティングの記録を許可する
    Host_allows_you_to_record_this_meeting.png
  4. 参加者が記録中の場合、参加者メニューにはユーザーの名前の横に赤い吹き出しが表示されます。
    Participant_Recording.PNG
  5. ホストは、 [Forbid Record]を選択することを除いた ステップ2 を繰り返して、参加者の記録権限を無効にできます。
    Forbid_Participant_to_Record.PNG
    参加者には、次を記載した通知が届きます。
     ホストはこのミーティングの記録の許可を取り消しました。
    Host_disallows_you_to_record_this_meeting.png

記録レイアウト

アクティブなスピーカー、アクティブまたはサブビデオパネルとのコンテンツ共有、ギャラリービューまたはM4Aオーディオを記録できます。 

デフォルトでは、ホストのみが各Zoomミーティングを記録できます。これは、ホストが[Manage Participants]パネルで特定のユーザーにミーティングの記録を許可することによって変更できます。結果のそれぞれの記録は、記録している人が選択したレイアウトになります。

Zoomミーティングは、ホストが記録している現在のレイアウトで記録されます。たとえば、ホストがギャラリービューで記録している場合、記録はギャラリービューになります。これは参加者が視聴している内容とは無関係です。参加者がアクティブスピーカーでミーティングを見ていて、ホストが権限を付与したため記録を開始した場合、結果としての記録はアクティブスピーカーになります。

Recording_types.png 

注意: アクティブスピーカーのディスプレイのサムネイルを画面の端に移動するか、サムネイルから表示している別のモニターに追加すると、記録の周囲に黒いバーが表示されます。

例:メインディスプレイのサムネイル。

例:サムネイルが別のモニターまたは画面の端に移動した。

ローカル記録へのアクセス
デフォルトでは、すべての記録は、これらのデバイスの次のファイルパスにあるZoomフォルダに配置されます。

  • PC:C:\Users\User Name\Documents\Zoom
  • Mac: /Users/User Name/Documents/Zoom
  1. 記録済みのミーティングにアクセスするには、Zoomクライアントを開いて[Meetings]を選択します。
    Zoom_Client__Meetings_Option_.png
  2. 上部で[ Recorded ]タブをクリックして、ミーティングに移動します。
  3. 記録済みのミーティングに移動して次のオプションを表示します。
  • ビデオを再生:Zoomクライアントから[Play]を選択すると、記録済みのミーティングがデフォルトのメディアプレイヤーで再生されます。
  • オーディオを再生:Zoomクライアントから[Play Audio]を選択すると、記録済みのミーティングの音声がデフォルトのメディアプレイヤーで再生されます。
  • 開く:[Open]を選択すると、記録済みファイルを含むフォルダが開きます。
  • 削除:[Delete]を選択すると、Zoomクライアントの記録リストからのみミーティングが削除されます。 
    注意:Zoomクライアントから記録を削除しても、ローカルコンピュータまたはフォルダから削除することには なりません
    Local_Recording_Meeting_List.png

注意:ファイルを開いたり再生したりするときに問題がある場合は、デフォルトの記録ファイルパス(Zoomフォルダ)をチェックして、ファイルが正しい場所にあることを確認します。

ローカル記録の場所の変更
デフォルトでは、記録は、これらのデバイスの次の場所に配置されます。

  • PC:C:\Users\User Name\Documents\Zoom
  • Mac: /Users/User Name/Documents/Zoom
  1. Zoomクライアントを開いて[Segttings]を選択します。
    Click_on_Settings.png
  2.  Recordingタブを選択します。
  3.  [Change]をクリックして、記録をデフォルトで保存する新しい場所を選択します。
    Change_Location_of_Recording.png
  4. [Choose a location for recorded files when meeting ends ]の横にあるボックスにチェックマークを入れると、毎回ミーティングが終わるたびに記録の場所を選択するよう、Zoomクライアントがユーザーにメッセージを表示するようにします。

重要: デフォルトの場所をクラウド同期フォルダ(Dropbox、Googleドライブ、One Driveなど)、外部ドライブ、ネットワークストレージデバイス に設定すると、ローカル記録の保存や変換に問題が発生する可能性があります。 Zoomでは、録画のために ローカルドライブ のデフォルトの場所を保持することを強くお勧めします。

記録ファイルフォーマット

  • MP4:Zoom記録が使用する音声/ビデオフォーマット。デフォルトで、「zoom_0.mp4」と命名されます。後続の各記録は順番に次のように命名されます。zoom_0、zoom_1、zoom_2、...zoom_x
  • M4A: 音声のみのファイルが使用するオーディオファイル。デフォルトで、「audio_only.m4a」と命名されます。 後続の各記録は順番に次のように命名されます。audio_only_0、audio_only_1、...audio_only_x
  • M3U:個々のMP4ファイルをすべて再生/ロードするプレイリストファイル(Windowsのみ)
  • チャット: 標準のテキストまたは.txtファイル。デフォルトで、「chat.txt」と命名されます。

注意:画面共有の記録は1時間あたり約 20Mのストレージを使用し、ビデオ録画は1時間に約200Mのストレージを使用します。これは概算です。ビデオや画面共有されるコンテンツの解像度と種類によって、使用されるストレージの量は変わる可能性があります。

この記事は役に立ちましたか?
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
Powered by Zendesk