Zoom コミュニティが登場しました!
Zoom コミュニティでは、Zoom のすべてのお客様が集まり、質問をしたり、解決策を見つけたり、仲間とコラボレーションしたりすることができます。
コラボレーションを始めるには、Zoom アカウント情報でログインしてください。

リモート コントロールのリクエストまたは付与 フォローする

概要

リモート コントロールは、ミーティングの別の参加者の画面をコントロールできる機能です。 他の参加者の画面のリモート コントロールを要求するか、参加者からコントロールを付与されます。

別の参加者のコンピュータの再起動など、管理者機能が必要な場合は、「リモート サポート セッション」をご覧ください。

: Mac OSX の場合は、Mac のプライバシーとセキュリティの環境設定にある [アクセシビリティ] タブで、Zoom にアクセス権限を与える必要があります。 プライバシーとセキュリティで Zoom にアクセス権を付与する場合は、こちらをクリックしてください。

前提条件

  • Windows、Mac、Linux 向け Zoom デスクトップ クライアント
  • Zoom モバイル アプリを導入した iPad
  • ウェビナーで使用する場合は、主催者、共同主催者、パネリストのいずれかであることが条件です。

リモート コントロールのリクエスト

画面を共有している主催者または参加者からリモート コントロールをリクエストすることができます。

  1. 他の参加者の画面共有している間に、ミーティング中ウィンドウの上部にある [表示オプション] ドロップダウン メニューをクリックします。
  2. [リモート コントロールを要求します] を選択し、[リクエスト] をクリックして確定します。
    主催者または参加者に、画面のコントロールを許可するかを尋ねる通知が表示されます。
  3. 参加者の画面のコントロールを開始するために、画面共有の内側をクリックしてください。
  4. リモート コントロールを停止するには、[表示オプション] ドロップダウンをクリックして、[リモート コントロール権の放棄
    ] を選択します。

リモート コントロール機能を与える

画面共有中に、ミーティングの別の参加者にリモート コントロール権限を付与できます。 参加者が iOS または Android を使用している場合は、モバイル デバイスを使用して画面をリモート コントロールできます

  1. 画面共有中に、[リモート制御] をクリックして、コントロールを与えたい参加者を選択します。

    参加者は、画面上の任意の場所をクリックしてコントロールを開始できます。
  2. コントロールを取り戻すには、画面上の任意の場所をクリックします。 他のユーザーは、画面をクリックしてリモート コントロールを再起動できます。
    ヒント: [共有の停止] をクリックしてコントロールを取り戻し、他の参加者がリモート コントロールを再開できないようにすることもできます。

Zoom デスクトップ クライアントと画面共有する参加者はリモート コントロール権を付与できます。 iPad または Android デバイスでミーティングに参加している場合、リモート コントロール権を要求またはリモート コントロール権を付与することはできません。

  1. 参加者からコントロールを付与されたら、リモート アイコン をタップしてリモート コントロールを開始します。
  2. 以下の機能を使用して、参加者の画面を操作します。
    • マウスアイコン には、マウスポインタの位置が表示されます。 タップしてドラッグすると、ポインタが移動します。
    • マウスを左クリックするには、1 回タップします。
    • マウスを右クリックするには、タップしたままにします。
    • キーボード アイコン をタップしてテキストを入力します。
    • 2 本の指でピンチすると、ユーザーの画面を拡大・縮小できます。

ヒント: モバイル デバイスを横向きにすると、参加者の画面共有がはっきり見えます。

Powered by Zendesk