注意: アクセス数が増加し、大変つながりにくくなっています。FAQ(よくある質問)の回答を閲覧したり、当社にお問合せいただくことはできますが、通常よりアクセスに時間がかかる可能性があります。ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解のほど、よろしくお願いします。



スケジュール作成権限 フォローする

概要

スケジュール権限は、ユーザーまたはエグゼクティブ管理者が次の目的で使用できるように設計されています。

  • アカウント内のユーザーまたは複数のユーザーを割り当て、代理人としてミーティングをスケジュール作成することができます。 
  • また、スケジュール作成権限を割り当てたユーザー(または複数のユーザー)の代理としてミーティングを予約することもできます。両方のユーザーがウェビナーライセンスを持っている場合は、ウェビナーを予約することもできます。
  • 自分と割り当てられたスケジューラは、ライセンス発行済みまたはオンプレミスとして割り当てられる必要があります。
  • アカウントのスケジュール作成権限を持つユーザーは、すべてのミーティングの代替ホストとして管理および機能することができます。

: 他のユーザーのミーティングを編集またはキャンセルするときに 3003 エラーが発生した場合は、スケジュール作成権限が変更されていないか確認してください。また、自分とスケジュール作成しているユーザーが両方ともライセンスユーザーであることを確認します。 

この記事の内容:

前提条件

  • 両方のユーザーがライセンスまたはオンプレミスを持っており、同じアカウントにある必要がある
  • ウェビナーの場合は、両方のユーザーがウェビナーアドオンを持っていること
  • Zoomプラグイン、アドイン、またはアドオンを使用して別のユーザーのスケジュールを設定する場合は、最新バージョンをインストールします。

スケジュール作成権限の設定 

  1. Zoomウェブポータルにサインインします。
  2. 設定をクリックします。
  3. その他で、スケジュール作成権限を割り当てるの隣のプラグイン記号 (+)をクリックします。
  4. ウィンドウに1つ以上のメールアドレスをカンマで区切って入力します。
  5. 割り当てるをクリックします。

ユーザーが正常に割り当てられた場合は、スケジュール作成権限の割り当ての下に表示されます。ただし、Zoomデスクトップクライアントからサインアウトし、サインインし直す必要があります。 

ユーザーがアカウントに登録されていないか、プロユーザーではないためにスケジュール作成ることができない場合は、エラーメッセージが表示されます。

 

他のユーザーのスケジュール作成(Zoomプラグイン、アドイン、アドオン)

開始する前に、スケジュール作成権限を設定し、プラグイン、アドイン、またはアドオンの最新バージョンをインストールします

:デスクトップクライアントに表示するサードパーティ製の予定表でスケジュールされたZoomミーティングを表示する場合は、カレンダーインテグレーションを設定することもできます。

Outlookアドイン

他のユーザーのスケジュール作成について調べるには、スケジュール作成権限PDFガイドをお読みください。Outlookアドインで別のユーザーのスケジュールを設定する場合も、次の手順を実行できます。

  1. Outlookアドインを使用してミーティングを予約します
  2. カレンダーイベントのウィンドウ内で、Zoom設定の順にクリックします。
  3. スケジュールドロップダウンメニューで、ミーティングをスケジュール作成するユーザーを選択します。

:Outlookのカレンダーを他のユーザーが管理できるようにする場合は、Office 365サポートサイトを参照してください。

Outlookプラグイン

他のユーザーのスケジュール作成については、スケジュール作成権限PDFガイドを参照してください。Outlookプラグインで別のユーザーのスケジュールを作成する場合も、次の手順を実行できます。

  1. Outlookプラグインを使用してミーティングを予約します
  2. カレンダーイベントウィンドウで、ツールバーの設定の変更をクリックします。
  3. スケジュールチェックボックスをオンにし、ミーティングをスケジュール作成するユーザーを選択します。

:Outlookのカレンダーを他のユーザーが管理できるようにする場合は、Office 365サポートサイトを参照してください。

その他のプラグインとアドオ

他のユーザーのスケジュール作成について調べるには、PDFガイドをお読みください。 

:プラグイン、アドイン、またはアドオンを使用して別のユーザーをスケジュールすると、自分でミーティングがスケジュールされます。その結果、スケジュールを設定している人のミーティングがZoomに表示されません。サードパーティのプラットフォームでミーティングをスケジュールしたてミーティングがスケジュールされているユーザーを変更します。

  1. Zoomウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーションメニューで、ミーティングをクリックします。
  3. サードパーティのプラットフォームでスケジュールしたミーティングをクリックします。
  4. スケジュールドロップダウン メニューで、スケジュール権限を割り当てたユーザーを選択します。
    ユーザーが Zoomウェブポータル、デスクトップ クライアント、またはモバイルアプリにサインインすると、ミーティングが表示されます。

他のユーザーのスケジュール作成(Zoom)

スケジュール作成権限を与えられたユーザーは、Zoomクライアントからログアウトし、スケジュール作成権限オプションを表示するために再度サインインする必要があります。

  1. Zoomデスクトップクライアントにサインインします。
  2. スケジュールアイコンをクリックします。

    これにより、スケジューラのウィンドウが開きます。
  3. 詳細オプションをクリックします。
  4. スケジュールをクリックします。
  5. ドロップダウンメニューからスケジュールするユーザーを選択します。
  6. スケジュールをクリックすると完了し、選択したカレンダーが開きます。

Mac

スケジュール作成権限を与えられたユーザーは、Zoomクライアントからログアウトし、スケジュール作成権限オプションを表示するために再度サインインする必要があります。

  1. Zoomデスクトップクライアントにサインインします。
  2. スケジュールアイコンをクリックします。

    これにより、スケジューラのウィンドウが開きます。
  3. 詳細オプションをクリックします。
  4. スケジュールをクリックします。
  5. ドロップダウンメニューからスケジュールするユーザーを選択します。
  6. スケジュールをクリックすると完了し、選択したカレンダーが開きます。
  1. Zoomウェブポータルにサインインします。
  2. ミーティングをクリックし、ミーティングをスケジュールするをクリックします。
  3. 詳細オプションをクリックします。
  4. ドロップダウンメニューからスケジュールするユーザーを選択します。
  5. 保存をクリックして完了します。

 

スケジュール作成権限を与えられたユーザーは、Zoomクライアントからログアウトし、スケジュール作成権限オプションを表示するために再度サインインする必要があります。
  1. Zoomデスクトップクライアントにサインインします。
  2. スケジュールアイコンをクリックします。

    これにより、スケジューラのウィンドウが開きます。
  3. 詳細オプションをクリックします。
  4. ドロップダウンメニューからスケジュールするユーザーを選択します。
  5. スケジュールをクリックすると完了し、選択したカレンダーが開きます。

 

スケジュール作成権限を与えられたユーザーは、Zoomクライアントからログアウトし、スケジュール作成権限オプションを表示するために再度サインインする必要があります。
  1. Zoomモバイルアプリにサインインします。
  2. スケジュールをタップします。
  3. 詳細オプションをタップします。
  4. ミーティングをスケジュールするユーザーの名前をタップします。
  5. スケジュール作成を終了するには、スケジュールをタップします。
スケジュール作成権限を与えられたユーザーは、Zoomクライアントからログアウトし、スケジュール作成権限オプションを表示するために再度サインインする必要があります。
  1. Zoomモバイルアプリにサインインします。
  2. スケジュールをタップします。
  3. 詳細オプションをタップします。
  4. スケジュール作成権限をタップします。
  5. スケジュールするユーザーの名前をタップします。
  6. スケジュール作成を終了するには、終了をタップします。

 

Powered by Zendesk