ミーティングコネクター入門 フォローする

 

Zoomはパブリックまたはハイブリッドクラウドサービスを提供します。ハイブリッドクラウドサービスでは、 社内ネットワーク内でZoomミーティングコネクターというミーティング通信サーバーを展開します。 これにより、ユーザーとミーティングのメタデータはパブリッククラウドで管理され、ミーティングはプライベートクラウドでホストされます。ビデオ、音声、データ共有を含むすべてのミーティングトラフィックは、オンプレミスのZoomミーティングコネクターを経由します。 

ZoomミーティングコネクターはOVFとしてパッケージ化されており、OVFをサポートするすべての仮想化プラットフォームに展開することができます。

  • VMware VSphere、VMware Workstation、VMware Fusion
  • Windows Server 2012/2016 Hyper-V (ベストエフォート型サポート)
  • バーチャルボックス(ベストエフォート型サポート)

Zoomミーティングコネクターの使用を開始するには:

  1. BusinessまたはEducationなど、最低でも10人のProホストを有するアカウントが必要です
  2. 管理者ページで[Enable Meeting Connector]をクリックします。
  3. 以下のZoomミーティングコネクター向けのクイックスタートガイドの手順に従います。
  4. 1つのミーティングコネクターコントローラーをインストールして開始します。

注意:1つのミーティングコネクターコントローラーOVFには、1つのコントローラーVMとMMR VMがあり、最大350人の同時参加に対応できます。後からMMR VMをさらに追加することができます。 

rootユーザーのデフォルトパスワードはzoomvideoです。

 

この記事は役に立ちましたか?
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
Powered by Zendesk