Zoom コミュニティが登場しました!
Zoom コミュニティでは、Zoom のすべてのお客様が集まり、質問をしたり、解決策を見つけたり、仲間とコラボレーションしたりすることができます。
コラボレーションを始めるには、Zoom アカウント情報でログインしてください。

ミーティング コネクタのコアコンセプト フォローする

概要

Zoom はパブリックまたはハイブリッド クラウド サービスを提供します。 ハイブリッド クラウド サービスでは、企業の社内ネットワーク内に Zoom Meetings コネクタと呼ばれるミーティング用通信サーバーを展開できます。 ユーザーとメタデータはパブリック クラウドで管理され、ミーティングはプライベート クラウドでホストされます。 ビデオ、音声、データ共有などのミーティングに関するすべてのデータが、オンプレミスの Zoom ミーティング コネクタを介して通信されます。

: Zoom ウェブ クライアント は、オンプレミスのミーティングではサポートされていません。

Zoom ミーティング コントローラは OVF としてパッケージ化されており、 任意のバーチャルプラットフォームに展開できます。  

前提条件

  • ビジネス、エンタープライズ、または教育機関向けのアカウント

VM の種類とプロセス

Zoom ミーティング コネクタの VM には 2 種類あります。

  • ゾーン コントローラー VM
  • マルチメディア ルーター VM

コントローラ VM には、2 つのサーバー プロセスがあります。

  • ZC(ゾーン コントローラ)
  • MMR (マルチメディア ルータ)
MMR VM のサーバ プロセスは 1 つです。
  • MMR(マルチメディア ルータ)

展開

1 つのコントローラ VM のみが導入されている状態が最も単純なミーティング コネクタ構成です。

可用性を高めるために別のコントローラ VM も追加できます。

  • コントローラ 1 の ZC プロセスがダウンした場合、コントローラ 2 の他の ZC プロセスが自動的に引き継ぎます。

各 MMR プロセスは、それぞれ最大 200 人のミーティング参加者を同時にサポートできます。 つまり、1 つのコントローラー VM を導入すると、ミーティング コネクタは 200 人の参加者と最大 100 のミーティングを同時にサポートできます。 可用性を高めるために別のコントローラー VM を導入した場合、合計の定員は 400 人の参加者と 200 のミーティングに増えます。

MMR VM をさらに追加してコントローラー VM にリンクすることによって、参加者の定員をさらに増やせます。

  • 1 つのコントローラー VM では、最大 200 MMR VM を導入できます。

ネットワーク スキーマ

ミーティング コネクタは、次のサービスにパブリック クラウドを使用します。

  • モバイル デバイスと PC でのミーティング招待通知の通知サービス
  • ログインやスケジュール ミーティング リストなどのユーザーおよびミーティング メタデータ用の ウェブ アプリケーション サービス
  • ミーティングの状態を同期するためのクラウド コントローラー

: VM では SSL がデフォルトで有効になっており、ネットワーク通信に SSL 暗号化を使用します。

ご不明な点がございましたら、サポートチームにお問い合わせください。

Powered by Zendesk