Zoom コミュニティが登場しました!
Zoom コミュニティでは、Zoom のすべてのお客様が集まり、質問をしたり、解決策を見つけたり、仲間とコラボレーションしたりすることができます。
コラボレーションを始めるには、Zoom アカウント情報でログインしてください。

アカウントのタイプ フォローする

概要

Zoom Meetings で利用できる機能は、各アカウント タイプ、ユーザー タイプ、および Zoom アカウント オーナーまたは管理者(該当する場合)によるアカウントの設定方法によって異なります。

電子メールおよびパスワードによるサインイン、Facebook アカウントによるサインイン、Google アカウントによるサインイン、シングル サインオン(SSO)のいずれかのサインイン オプションから、Zoom アカウントにアクセスできます。 

この記事の内容:

アカウントのタイプ

次の 4 種類のアカウントがあります:

  • ベーシック(無料またはクレジット カード利用で無料)
  • プロ
  • ビジネス/エンタープライズ
  • 教育機関向け

アカウントのプロフィール ページには、アカウントのタイプのほか、利用可能な基本プランやアドオンが記載されています。

アカウントのロール

アカウントには 3 種類のロールがあります:
  • オーナー: ロール管理を含めた権限を持ちます。
  • 管理者: ユーザーを追加、削除、編集できます。 API、SSO、ミーティング コネクタなどの高度な機能を管理できます。
  • メンバー: 管理権限はありません。

アカウントがどのロールに設定されているかは、アカウントのプロフィール ページで確認できます。

: カスタムロールをアカウントに設定することもできます。 

ユーザーのタイプ

ユーザーには 3 種類のタイプがあります:
  • ベーシック: ベーシック ユーザーとは、有料ライセンスを所有しないユーザーのことです。 ベーシック ユーザーは、ベーシック(無料)プランだけでなく、プロやビジネスなどの有料プランにも対応しています。 ベーシック プランのユーザーは、最大 100 人が参加するミーティングを主催できます。 有料アカウントのベーシック ユーザーは、そのアカウントのデフォルトのミーティング定員(ビジネス アカウントのデフォルトのミーティング定員は 300 名など)を継承します。 3 名以上が参加するミーティングは、40 分後にタイムアウトになります。 大規模ミーティング、ウェビナー、カンファレンス ルームコネクタなどのユーザー アドオンやアカウント アドオンは使用できません。
  • ライセンス ユーザー: ライセンス ユーザーとは、パブリック クラウドで無制限のミーティングを主催できる有料アカウント ユーザーのことです。 デフォルト設定では、最大 100 名参加のミーティングを主催でき、追加で大規模ミーティングのライセンスを購入することもできます。 ライセンス ユーザーには次の追加機能が使用できます:
  • オンプレミス: オンプレミスのユーザーは、オンプレミスのミーティング コネクタで無制限のミーティングを主催できる有料アカウントです。 オンプレミス ユーザーは、次の追加機能が使用できます:

自分のユーザータイプは、プロフィールページで確認できます。 管理者またはアカウント オーナーの場合は、[ユーザー管理] ページで、自分のアカウント下のすべてのユーザーのタイプを確認できます。 

他のユーザーをアカウントに招待する

アカウント オーナーや管理者は、自分のアカウントに他のユーザーを追加/招待することができます。 

  • その際、アカウント オーナー/管理者が、ユーザーのタイプ(ベーシック、ライセンス ユーザー、オンプレミス)の設定を行います。
  • メールを受信したユーザーは、オーナー/管理者アカウントに属する招待状に応じます。
  • 関連ドメインが使用されており、このユーザーのメールが関連付けられたドメインのいずれかにある場合を除き、ユーザーは招待を無視して自分のアカウントに留まることもできます。
  • アカウント オーナーや管理者は [アカウント設定] で機能や設定を管理できます。
  • ​IT 管理者は、Windows または Mac での一括導入と設定オプションを使用して機能を管理することもできます。

ユーザーを追加し、管理する方法はこちらをご覧ください。

 
Powered by Zendesk