Zoom コミュニティが登場しました!
Zoom コミュニティでは、Zoom のすべてのお客様が集まり、質問をしたり、解決策を見つけたり、仲間とコラボレーションしたりすることができます。
コラボレーションを始めるには、Zoom アカウント情報でログインしてください。

ユーザーの管理 フォローする

概要

ユーザー管理では、アカウント オーナーや管理者がユーザーの追加、削除、ロールの割り当て、アドオン機能などを管理することができます。 開始する前に、次の用語に注意してください。

  • 内部ユーザーは、アカウントに属する Zoom ユーザーです。
  • 外部ユーザーは、アカウントに属さない Zoom ユーザーです。
  • 外部連絡先は、連絡先名簿に内部ユーザーが追加した外部 Zoom ユーザーです。

この記事の内容:

アカウントから削除、無効化、またはリンク解除により、ユーザーを削除する方法を説明します。

前提条件

  • クレジットカード決済の無料アカウント、プロ、ビジネス、教育機関向け、エンタープライズ アカウント
  • オーナーまたは管理者権限

ユーザー管理へのアクセス

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション パネルで、[ユーザー管理]、[ユーザー] の順にクリックします。
    次のタブが表示されます。

    • ユーザー: アカウントの現在のユーザー 以下の操作を実行できます。
      • 各ユーザーのアカウント タイプ(ベーシック、ライセンス ユーザー、オンプレミス)または部門を編集します。
      • ユーザーを 1 人ずつ追加するか、CSV ファイルをインポートして、複数のユーザーを一括で追加します。
      • ユーザーを CSV ファイルにエクスポートします。
      • 自分がオーナーである場合は、管理者ユーザーを設定するか、カスタム ロールを割り当てます。
    • 保留中: Zoom アカウントへの参加に招待されたが、アカウントを有効化していないユーザー
    • 詳細: ユーザー統計を表示し、複数のユーザーを一括で変更します。

注: アカウント オーナーのみがメンバーを管理者に昇格したり、管理者をメンバーに降格したりできます。

新規ユーザーの追加

: CSV ファイルをインポートすることで、複数のユーザーを一括で追加または更新できます

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション パネルで、[ユーザー管理]、[ユーザー] の順にクリックします。
  3. 新規ユーザーをアカウントに追加するには、[ユーザーの追加] をクリックします。

  4. ユーザー情報を入力します。
    • メールアドレス: ユーザーのメールアドレスを入力します。 同じ設定で複数のユーザーを追加する必要がある場合は、複数のメールアドレスをカンマで区切って入力できます。
    • ユーザーのタイプ: このユーザーがベーシック(無料)ライセンス ユーザー、またはオンプレミスのいずれかを選択します。 ライセンス ユーザーに割り当てるには、ライセンスを用意しておく必要があります。 オンプレミス ユーザーを割り当てるには、ミーティング コネクタを有効にする必要があります。
      大規模ミーティングやウェビナーなどのアドオンは、[ユーザーの種類] オプションの下に表示されます。 ユーザーに与えたい機能をチェックします。 これらの機能に使用可能なライセンスが必要です。
    • 部門マネージャー役職位置情報(オプション): ユーザーのプロフィールに表示される情報を入力します。 ユーザー プロフィールは、他のユーザーも閲覧できます。 ユーザーは、他のユーザーのプロフィールをカスタマイズして、後で部門、役職、および位置情報を変更できます。
    • ユーザー グループ: グループ管理を使用している場合は、このユーザーを追加するグループを選択します。
    • チャット グループ: チャット管理を使用している場合は、このユーザーを追加するチャット グループを選択します。
    • デフォルト パスワード: ユーザーのデフォルトのパスワードを設定します。
  5. [追加] をクリックします。

  • 新規ユーザーには、アクティベーション(有効化)のメールが届きます。 同じメールアドレスで既存の Zoom アカウントを持つユーザーには、招待を承諾し、あなたのアカウントで参加するためのメールが届きます。
  • 有料アカウントのオーナーは、アカウントの残高をどのように処理するか決定するよう求められます。 招待の承諾やベスト プラクティスなど、招待プロセスに関する詳細はこちらをご覧ください。  
  • 招待を承認、アカウントに参加すると、次の詳細情報があなた宛に転送されます。
    • あなたのプロフィールの詳細(氏名、プロフィール画像、タイムゾーンなど)
    • スケジュール ミーティングおよびウェビナー
    • クラウド レコーディング
    • チャット履歴
    • 連絡先
    • 設定
      設定は、参加するアカウントのグループ設定やアカウント設定と競合する場合に変更される場合があります。 大規模ミーティングやウェビナーなどのライセンスは転送されないため、管理者はライセンスを新しいアカウントに割り当てる必要があります。 また、レポーティング データは転送されないため、アカウントの招待を受け入れる前に、必要なレポートにアクセスし、ダウンロードすることが推奨されます。チャット履歴はユーザーと一緒に転送され、ユーザーがアクセス可能である間、アカウントに参加する前のチャット履歴は、新しいアカウント管理者はアクセスできません。  

保留中のユーザーの表示

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション パネルで、[ユーザー管理]、[ユーザー] の順にクリックします。
  3. [保留中] タブをクリックすると、アカウントを確認していないユーザーを表示できます。
    • ユーザーが招待状を受け取っておらず、受信ボックスにも入っていないという場合は、[再送信] をクリックすることで、確認メールを再送信できます。
    • アカウントへの参加を許可したくないユーザーについては、メールによる招待を承諾する前に [削除] をクリックします。

注:

  • 保留中の招待状は 30 日後に期限切れになり、保留中のリストから削除されます。
  • 招待を再送信すると、有効期限タイマーがリセットされ、招待が再送信されるたびにさらに 30 日間が追加されます。

ユーザーのライセンス、アドオン、およびロールの編集 

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション パネルで、[ユーザー管理]、[ユーザー] の順にクリックします。
  3. スクロールするか検索してユーザーを確認してください。
  4. ユーザー情報の右にある [編集] をクリックしてください。
  5. 以下の詳細情報を編集できます。
  • [ユーザーの種類]: ベーシック、ライセンス ユーザー、オンプレミスから選択します。
  • [アドオン ライセンス]: 大規模ミーティングやウェビナーなどの利用できるアドオン ライセンスを、このユーザーに割り当てるために選択できます。 これらは割り当て前に請求で購入する必要があります。
  • [ユーザーのロール]: デフォルトではアカウント オーナーだけがアクセスできます。ロール管理を編集する権限のあるカスタムロールを保持しているユーザーもアクセスできます。 ユーザーは、管理者、メンバー、カスタムロールに変更できます。
  • 部門
  • マネージャー
  • 役職
  • 場所 

あるいは、管理者またはオーナーは、ユーザーのページ で複数のユーザーを選択して、ロールライセンスグループをすばやく変更できます。 

詳細なユーザー管理設定の変更

詳細設定では、複数のユーザーのユーザータイプを一括で変更したり、ユーザーを削除したり、デフォルトのユーザー タイプを設定することができます。

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション パネルで、[ユーザー管理]、[ユーザー] の順にクリックします。
  3. [詳細] タブをクリックすると、以下の情報と設定が表示されます。
  • ユーザーの概要
    • ユーザー合計数: ベーシック、ライセンス ユーザー、オンプレミスZoom Room ユーザーの合計数。
  • ユーザータイプの変更
    • 管理者以外のアカウント メンバーの変更: 特定のユーザータイプのユーザーを別のタイプに変更します。 この設定は、オーナーや管理者には適用できません。 たとえば、すべてのベーシック ユーザーをライセンス ユーザーに変更することができます。
    • 特定のユーザータイプのすべてのアカウント メンバーのリンクを解除: 指定したユーザータイプのすべてのメンバーを削除します。 メンバーの Zoom アカウントとあなたのアカウントの関連付けが解除されます。
      : この設定変更は、関連付けられたドメインにより、アカウントに紐付けされている管理者やユーザーには影響しません。
    • デフォルトのドメイン ユーザータイプの変更: 関連付けられたドメインのある新規ユーザーを追加する場合、デフォルトのユーザータイプを変更します。
  • ユーザー グループの変更
    • デフォルトのユーザー グループを設定: 新しいユーザーを自動的に割り当てるデフォルトのユーザー グループを設定します。
    • ユーザー グループの切り替え: 特定のグループの割り当てられていないユーザーをすべて別のグループに移動します。
    • ドメイン ユーザーをグループに追加: 承認済みの関連付けられたドメインを持つすべてのユーザーを特定のグループに割り当てます。
  • チャット グループの変更
    • デフォルトのチャット グループを設定: 新しいユーザーを自動的に割り当てるデフォルトのチャット グループを設定します。
    • チャット グループの切り替え: 特定のチャット グループの割り当てられていないユーザーをすべて別のチャット グループに移動します。
  • ユーザー用にカスタム属性を追加する: 最大 5 つのカスタム属性を作成してユーザーに割り当てることができます。 属性を使用すると、[ユーザー] ページでユーザーの並べ替えが可能です。

: ユーザー グループの変更およびチャット グループの変更の詳しい設定方法については、グループ管理、およびチャット管理の記事を参照してください。

外部連絡先の表示と削除

アカウントのユーザーが外部連絡先を追加した場合、これらの外部連絡先を表示し、アカウントから削除できます。

: 外部連絡先にはアカウントのチャンネルにアクセスする特定の権限があります。  

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション パネルで、 [ユーザー管理]、[ユーザー] の順にクリックします。
  3. [ユーザー] タブで、テーブルの右上にある歯車のアイコンをクリックし、[外部連絡先] を選択して、[確認] をクリックします。
  4. 外部連絡先を持つユーザーを検索し、外部連絡先の列にある番号をクリックします。
    選択したユーザーが追加した外部ユーザーのリストが表示されます。
  5. (オプション)チャンネル列の番号をクリックすると、メンバーが所属しているチャンネルやグループ チャットが表示されます。
  6. 最後の列の省略記号アイコンをクリックし、[アカウントから削除] をクリックしてこれらの連絡先を切断します。

外部連絡先を削除すると、以下のようになります。

  • 外部連絡先は、デスクトップ クライアントとモバイルアプリの内部の連絡先リストから削除されます([連絡先] タブの [連絡先] セクション)。
  • 外部連絡先は、現在属しているすべての内部チャンネルとグループ チャットから削除されます。
  • 外部連絡先は、1 対 1 のチャットのチャット履歴に引き続きアクセスできます。
  • 削除後も、管理者は外部連絡先のチャット履歴を引き続き表示することができます。 これには、1 対 1 のチャット、チャンネル、グループ チャットが含まれます。
  • 外部連絡先は、内部ユーザーによって、アカウントに再度追加することができます。
Powered by Zendesk