注意: アクセス数が増加し、大変つながりにくくなっています。FAQ(よくある質問)の回答を閲覧したり、当社にお問合せいただくことはできますが、通常よりアクセスに時間がかかる可能性があります。ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解のほど、よろしくお願いします。



ユーザーの管理 フォローする

概要

ユーザー管理では、アカウントオーナーや管理者がユーザーの追加、削除、役割の割り当て、アドオン機能などを管理することができます。

この記事の内容:

アカウントから削除、無効化、またはリンク解除により、ユーザーを削除する方法を説明します。

前提条件

  • クレジットカード決済の無料アカウント、プロ、ビジネス、教育、企業アカウント
  • オーナーまたは管理者権限

ユーザー管理へのアクセス

  1. Zoomウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーションメニューで、ユーザー管理ユーザーの順にクリックします。
    次のタブが表示されます。

    • ユーザー:アカウントの現在のユーザー 以下の操作を実行できます:
      • 各ユーザーのアカウントタイプ(ベーシック、ライセンス、オンプレミス)または部門を編集します。
      • ユーザーを1人ずつ追加するか、CSVファイルをインポートして、複数のユーザーを一括で追加します。
      • ユーザーをCSVファイルにエクスポートします。
      • オーナーは、管理者ユーザーを設定、またはカスタムの役割を割り当てることができます。
    • 保留中:Zoomアカウントへの参加に招待されたが、アカウントを有効化していないユーザー
    • 詳細:ユーザー統計を表示し、複数のユーザーを一括で変更します。

注意:メンバーを管理者に昇格させたり、管理者をメンバーに降格できるのは、アカウントオーナーのみの権限です。

新規ユーザーの追加

注意:CSVファイルをインポートすることで、複数のユーザーを一括で追加または更新できます。

  1. Zoomウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーションメニューで、ユーザー管理ユーザーの順にクリックします。
  3. 新規ユーザーをアカウントに追加するには、ユーザーの追加をクリックします。

  4. ユーザー情報を入力します。
    • メールアドレス:ユーザーのメールアドレスを入力します。 同じ設定で複数のユーザーを追加する必要がある場合は、複数のメールアドレスをカンマで区切って入力できます。
    • ユーザーのタイプ:このユーザーがベーシック(無料)ライセンス、またはオンプレミスのいずれかを選択します。 ライセンスユーザーに割り当てるには、ライセンスを用意しておく必要があります。 オンプレミスユーザーに割り当てるには、ミーティングコネクターを有効にする必要があります。
    • 機能ユーザーに持たせたい機能をチェックします。 これらの機能に対するライセンスを有効にする必要があります。
    • 部門役職現在地(オプション):ユーザーのプロフィールに表示される情報を入力します。 ユーザープロフィールは、他のユーザーも閲覧できます。 ユーザーは、プロフィールをカスタマイズして、後から情報を変更することができます。
    • ユーザーグループグループ管理を使用している場合は、このユーザーを追加するグループを選択します。
    • チャットグループチャット管理を使用している場合は、このユーザーを追加するチャットグループを選択します。
    • デフォルトパスワード:ユーザーのデフォルトのパスワードを設定します。
  5. 追加をクリックします。

注意

  • 新規ユーザーには、アクティベーション(有効化)のメールが届きます。 同じメールアドレスで既存の無料Zoomアカウントを持つユーザーには、招待を承諾するためのメールが届きます。
  • 有料アカウントのオーナーは、アカウントの残高をどのように処理するかを決定するよう求められます。 招待の承諾やベストプラクティスなど、招待プロセスに関する詳細はこちらをご覧ください。  
  • 既存のZoomユーザーをアカウントに追加しても、現在のパーソナルミーティングID(PMI)、クラウド録画、ミーティング/ウェビナーを保持します。

保留中のユーザーの表示

  1. Zoomウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーションメニューで、ユーザー管理ユーザーの順にクリックします。
  3. 保留中タブをクリックすると、アカウントを確認していないユーザーを表示できます。
    • ユーザーが招待状を受け取っておらず、受信ボックスにも入っていないという場合は、再送信ボタンを使えば、確認メールを再送信できます。
    • アカウントへの参加を許可したくないユーザーについては、メールの招待状を承諾する前に [削除] をクリックします。

注意:保留中の招待状は30日後に期限切れになり、保留中のリストから削除されます。

詳細なユーザー管理設定の変更

詳細設定では、複数のユーザーのユーザータイプを一括で変更したり、ユーザーを削除したり、デフォルトのユーザータイプを設定することができます。

  1. Zoomウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーションメニューで、ユーザー管理ユーザーの順にクリックします。
  3. 詳細タブをクリックすると、以下の情報と設定が表示されます。
  • ユーザーの概要
    • ユーザー合計数ベーシック、ライセンス、オンプレミスZoom Roomユーザーの合計数。
  • ユーザータイプの変更
    • 管理者以外のアカウントメンバーの変更:特定のユーザータイプのユーザーを別のタイプに変更します。 この設定は、オーナーや管理者には適用できません。 たとえば、すべてのベーシックユーザーをライセンスユーザーに変更することができます。
    • 特定のユーザータイプのすべてのアカウントメンバーのリンクを解除:指定したユーザータイプのすべてのメンバーを削除します。 メンバーのZoomアカウントとあなたのアカウントの関連付けが解除されます。
      注意:この設定変更は、関連付けられたドメインにより、アカウントに紐付けされている管理者やユーザーには影響しません。
    • デフォルトのドメインユーザータイプの変更関連付けられたドメインのある新規ユーザーを追加する場合、デフォルトのユーザータイプを変更します。
  • ユーザーグループの変更
    • デフォルトのユーザーグループを設定:新しいユーザーを自動的に割り当てるデフォルトのユーザーグループを設定します。
    • ユーザーグループの切り替え:特定のグループの割り当てられていないユーザーをすべて別のグループに移動します。
    • ドメインユーザーをグループに追加:承認済みの関連付けられたドメインを持つすべてのユーザーを特定のグループに割り当てます。
  • チャットグループの変更
    • デフォルトのチャットグループを設定:新しいユーザーを自動的に割り当てるデフォルトのチャットグループを設定します。
    • チャットグループの切り替え:特定のチャットグループの割り当てられていないユーザーをすべて別のチャットグループに移動します。

注意ユーザーグループの変更およびチャットグループの変更の詳しい設定方法については、グループ管理、およびチャット管理の記事を参照してください。

外部連絡先の表示と削除

アカウントのユーザーが外部連絡先を追加した場合、これらの外部連絡先を表示し、アカウントから削除できます。

  1. Zoomウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーションメニューで、ユーザー管理ユーザーの順にクリックします。
  3. ユーザータブで、テーブルの右上にある歯車のアイコンをクリックし、外部連絡先を選択します。
  4. 外部連絡先を持つユーザーを検索し、外部連絡先の列にある番号をクリックします。
    選択したユーザーが追加した外部ユーザーのリストが表示されます。
  5. (オプション)チャンネル列の番号をクリックすると、メンバーが所属しているチャンネルやグループチャットが表示されます。
  6. 最後の列の省略記号アイコン(...)をクリックし、アカウントから削除をクリックします。

外部連絡先を削除すると、以下のようになります:

  • 外部連絡先は、Desktop Clientとモバイルアプリの内部の連絡先リストから削除されます(連絡先タブの連絡先セクション)。
  • 外部連絡先は、現在属しているすべての内部チャンネルとグループチャットから削除されます。
  • 外部連絡先は、1対1のチャットのチャット履歴には引き続きアクセスできます。
  • 削除後も、管理者は外部連絡先のチャット履歴を引き続き表示することができます。 これには、1対1のチャット、チャンネル、グループチャットが含まれます。
  • 外部連絡先は、内部ユーザーによって、アカウントに再度追加することができます。
Powered by Zendesk