Zoom コミュニティの 70,000 人のメンバーの一員になってください! Zoom アカウントの認証情報でログインして、コラボレーションを始めましょう。

コミュニティに参加する

ウェビナーレポートの作成 フォローする

概要

ウェビナー レポートを利用すると、ユーザーは次のような様々な基準や情報のレポートを生成できます。

  • 登録: 登録者のリストと登録の詳細情報を表示します。
  • 出席者: 各出席者の詳細情報を表示します。いつ参加したか、いつ退出したか、セッションの合計時間などです。 登録が有効の場合、出席者のレポートは登録者が出席したかどうかの情報を提供します。 他の出席者セクションに一覧表示される出席者には通常、ダイヤルイン電話の出席者や Zoom Room の参加者が含まれます。 
  • パフォーマンス: 登録、出席者、フィードバックに関するエンゲージメント統計情報を表示します。
  • Q&A: ウェビナーの質問と回答を表示します。
  • 投票: 各出席者の投票結果を表示します。
  • アンケート: ウェビナー後のアンケートに対する回答を表示します。 

:

  • ウェビナーが終了したら、出席者のパフォーマンス、Q&A、投票、アンケートのレポートを生成する必要があります。 ウェビナーを開始する前にレポートを生成した場合は、ウェビナー中に収集されたデータを取得するためにレポートを再生成する必要があります。 投票が終了した後、ライブ セッション中は投票のレポートだけを生成できます。 
  • ウェビナーで投票が再度立ち上げられたら、投票レポートには最後に実行された投票だけが表示されます。 同じ投票を 2 回実施する必要があり、両方のデータが必要な場合は、再実施を避けるために、最初の投票と同じ質問で 2 回目の投票を作成してみてください。
  • ホストまたは共同ホストが、ウェビナーで自分の名前、パネリストの名前、出席者の名前を変更すると、更新された名前は出席者のレポートに表示されます。元の名前は括弧内に表示されます。 これは Zoom Rooms には適用されません。 

これらのレポートは .CSV 形式でエクスポートし、さらに分析することができます。 前の年のレポートも利用可能です。

前提条件 

  • ウェビナーのホスト、管理者には、使用状況レポートへアクセスできるロールがあります

手順

  1. Zoom ウェブポータルにサインインし、 [レポート] を選択します。 アカウント オーナーまたは管理者であるか、使用状況レポートのロールにアクセスできる場合は、[アカウント管理] を選択してから [レポート] を選択する必要があります。
  2. [ウェビナー] をクリックします。
  3. 検索するレポートの種類を選択します。

    : 出席者、パフォーマンス、Q&A、投票、アンケートレポートは、ウェビナー終了後に利用できるようになります。

  4. ウェビナーの日付範囲を入力し、[フィルター] を選択するか、ウェビナー ID 番号を入力して、[検索] を選択してください。

  5. ウェビナーを選択してから、[CSV レポートを生成] を選択してください。

  6. レポートが生成されると、ダウンロードが自動的に始まります。これは、Excel、メモ帳、および CVS 形式と互換性のある任意の他のアプリケーションで開くことができます。 

 

 

Powered by Zendesk