macOS のログのトラブル シューティング

最終更新日:

会社概要

Zoom デスクトップ クライアントから問題が報告された後、問題に関する詳細情報をログに記録し、Zoom エンジニアがその問題を調査できるように、サポートチームから Zoom の特別なトラブル シューティング パッケージのインストールを依頼されることがあります。 問題を再現した後、既存のチケットを使用してこれらのファイルを Zoom サポート エージェントに送信する必要があります。 このトラブル シューティング バージョンでは、Zoom サポートやエンジニアによるお使いのコンピュータへのアクセスは許可されず、特定の問題に関する詳細情報が収集されるのみです。

指示

  1. サポートチームが提供するリンクからインストールパッケージをダウンロードしてください
  2. ダブルクリックするとインストールを開始します。
  3. 新しい Mac クライアントにサインインします。 更新の要求はすべて無視してください。
  4. 問題を複製します。
  5. ログフォルダを開くまたは Console.app > ~/Library/Logs > zoom.us をクリックします。
  6. 最新のログファイルを圧縮し、チケットを使用して名前を付けます。チケットの例: 「4444.zip」または「yourname.zip」
  7. Zip 形式のログを送信するか、Dropbox/Google Drive にアップロードしてリンクを送信してください
  8. ログ送信後、Zoom のこのトラブル シューティング バージョンをアンインストールし、ダウンロード ページで再インストールします。

 

ログフォルダの検索

  1. [Finder]を開く 
  2. 画面の上部にある移動をクリックします。
  3. option/alt キーを押し続けると、ライブラリ フォルダが表示されます。
  4. ログ フォルダを開きます。
  5. zoom.usフォルダをクリックするか右クリックします。
  6. ["zoom.us" を圧縮] を選択します。
  7. ZIP 形式のログを送信するか、Dropbox / Google ドライブにアップロードしてサポート チケットでそのリンクを送信してください。

Zoom コミュニティ

Zoom コミュニティの 100,000 人のメンバーの一員になってください! Zoom アカウントの認証情報でログインして、コラボレーションを始めましょう。