Zoom コミュニティが登場しました!
Zoom コミュニティでは、Zoom のすべてのお客様が集まり、質問をしたり、解決策を見つけたり、仲間とコラボレーションしたりすることができます。
コラボレーションを始めるには、Zoom アカウント情報でログインしてください。

参加者がホストの前に参加することを許可 フォローする

概要

ホストが参加する前、あるいはホストがミーティングに参加できないとき、[参加者がホストの前に参加することを許可] 機能を利用すると出席者がミーティングに参加できます。 このオプションを選択すると、ホストが参加する前、あるいはホストがいない状態で、参加者はミーティングに参加できます。 このオプションを有効にすると、参加者はスケジュールされた開始時刻前の任意の時間、あるいは 5 分、10 分、15 分前に参加できるようになります。

[ホストの前に参加] を選択しない場合、参加者には「このミーティングはホストの参加を待機しています。」というポップアップ ダイアログが表示されます。ホストの場合は、ミーティングにホストとしてサインインして開始するためのサインイン ボタンがあります。

また、参加者がホストの前に参加したときのメール通知を有効にすることもできます。

この記事の内容:

前提条件

  • Zoom アカウント
  • ミーティングのホスト権限
  • [ホストの前に参加] の制限時間をカスタムするには、Zoom クライアント バージョン 5.4.0 以降が必要です。

[ホストの前に参加] を有効にする

ミーティングのスケジュール時に [ホストの前に参加] オプションを表示するには、Zoom ウェブポータルで有効にする必要があります。

アカウント

組織のすべてのメンバーに対して「ホストの前に参加」をオンにすると、新しくスケジュールしたミーティングに対してはデフォルトでオンの設定になりますが、メンバーはミーティングをスケジュールする際にチェックを解除することができます。 この設定をすべてのミーティングに対して強制するには、設定をロックする必要があります。

  1. アカウント設定を編集する特権のある管理者として、Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション メニューで、[アカウント管理]、[アカウント設定] の順にクリックします。
  3. [ミーティング] タブで、[参加者がホストの前に参加することを許可] が有効になっていることを確認します。この設定が無効になっている場合は、切り替えボタンをクリックして有効にします。 認証ダイアログが表示されたら、[オンにする] を選択して、変更を確認します。
  4. (オプション)[ホストの前に参加] の制限時間をカスタムできるようにするには、[参加者が開始時刻の
    ()分前に参加可能] オプションをオンにします。
  5. (オプション)この設定をアカウントの全ユーザーに対して必須にする場合は、ロックアイコンをクリックしてから、[ロック] をクリックして、設定を確定してください。

グループ

特定のグループのメンバーに対して「ホストの前に参加」をオンにすると、新しくスケジュールしたミーティングに対してはデフォルトでオンの設定になりますが、メンバーはミーティングをスケジュールする際にチェックを解除することができます。 この設定をすべてのミーティングに対して強制するには、設定をロックする必要があります。

  1. ユーザー グループを編集する特権のある管理者として Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. [ユーザー管理]、[グループ管理] の順にクリックします。
  3. グループの名前をクリックして、[設定] タブをクリックします。
  4. [ミーティング] タブで、[ホストの前に参加] が有効になっていることを確認します。
  5. 設定が無効の場合、切り替えて有効にします。 認証ダイアログが表示されたら、[オンにする] を選択して、変更を確認します。

注:オプションがグレイアウトされている場合は、アカウントレベルでロックされていて、そのレベルで変更する必要があります。

  1. (オプション)[ホストの前に参加] の制限時間をカスタムできるようにするには、[参加者が開始時刻の
    ()分前に参加可能] オプションをオンにします。
  2. (オプション)このグループのすべてのユーザーにこの設定を必須にする場合は、ロックアイコンをクリックしてから、[ロック] をクリックして、設定を確定してください。

ユーザー

ミーティング設定で「ホストの前に参加」をオンにすると、新しくスケジュールしたミーティングに対してはデフォルトでオンの設定になりますが、ミーティングをスケジュールする際に自分でチェックを解除することができます。

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション メニューで、[設定] をクリックします。
  3. [ミーティング] タブで、[ホストの前に参加] が有効になっていることを確認します。
  4. 設定が無効の場合、切り替えて有効にします。 認証ダイアログが表示されたら、[オンにする] を選択して、変更を確認します。
    : オプションがグレーアウトされている場合は、グループまたはアカウント レベルでロックされていて、Zoom 管理者に連絡する必要があります。
  5. (オプション)[ホストの前に参加] の制限時間をカスタムできるようにするには、[参加者が開始時刻の
    ()分前に参加可能] オプションをオンにします。

それぞれのミーティングに対して [ホストの前に参加] を有効にする

  1. Zoom デスクトップ クライアントにサインインします。
  2. [スケジュール
    ] をクリックします。これにより、ミーティング設定を選択できるスケジューラー ウィンドウが開きます。
  3. 詳細オプションをクリックします。
  4. [] をオンにします。 5 分10 分15 分、または任意の時間
    を選択できます。
  5. [スケジュール] をクリックします。
注:
  • 既存のスケジュール ミーティングに対して、[開始時間前] をオンにすることもできます。 Zoomアプリケーションの下部にあるミーティングをクリックします。 オンにするミーティングの上にカーソルを合わせて 、[編集]、[詳細オプション] の順にクリックし、[開始時間前] をオンにし、参加を許可する期間を選択して 、[保存] をクリックします。
  • ホスト参加前の制限時間のカスタムは PMI では利用できず、 エンドツーエンド暗号化を使用する場合も利用できません。
  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. [ミーティング] をクリックします。
  3. ミーティングをスケジュールするか、既存のミーティングを選択して [このミーティングを編集] をクリックします。
  4. [ミーティングのオプション] 下の [開始時間前] をオンにし、開始前に参加を許可する期間を選択します。
  5. [保存] をクリックします。

    注: ホスト参加前の制限時間のカスタムは PMI では利用できず、 エンドツーエンド暗号化を使用する場合も利用できません。
  1. Zoom デスクトップ クライアントにサインインします。
  2. [スケジュール] をクリックします。
  3. スケジューラーウィンドウが開き、ミーティング設定を選択することができます。
  4. 詳細オプションをクリックします。
  5. [開始時間前] をオンにし、開始前に参加を許可する期間を選択します。
  6. [スケジュール] をクリックします。
注:
  • 既存のスケジュール ミーティングに対して、[開始時間前] をオンにすることもできます。 Zoomアプリケーションの下部にあるミーティングをクリックします。オンにするミーティングの上にカーソルを合わせて 、[編集]、[詳細オプション] の順にクリックし、[開始時間前] をオンにし、参加を許可する期間を選択して、[保存] をクリックします。
  • ホスト参加前の制限時間のカスタムは PMI では利用できず、 エンドツーエンド暗号化を使用する場合も利用できません。
  1. Zoom モバイルアプリにサインインします。
  2. [スケジュール] をタップします。
  3. [詳細オプション] をタップします。
  4. [参加者がホストの前に参加することを許可] をオンに切り替えます。
  5. スケジューリングを完了するには、[完了] をクリックします。
  1. Zoom モバイルアプリにサインインします。
  2. [スケジュール] をタップします。
  3. [詳細オプション] をタップします。
  4. [参加者がホストの前に参加することを許可] をオンに切り替えます。
  5. [完了] をクリックします。

注:

  • ホストがミーティングに参加しない場合、または参加時にサインインしていない場合、レコーディング、全員をミュート / ミュート解除、ミーティングをロック、出席者を削除などのホスト コントロールは使用できません。
  • ホスト参加前の制限時間のカスタムは PMI では利用できず、 エンドツーエンド暗号化を使用する場合も利用できません。
  • [開始時間前に] が有効になっている場合、ホストはサインインせずにミーティングに参加できます。 ホストであるにもかかわらず、レコーディングなどのホスト コントロールがない場合、ミーティングを退出し、Zoom アプリケーションにサインインします。 ミーティングの一覧から再びミーティングを開始します。
  • 1 つのミーティングが進行中で、同じホストがスケジュールした 2 番目のミーティング(「ホストの前に参加」がオン)を誰かが開始しようとした場合:
    • Zoom Room が開始した場合、2 番目のミーティングが開始して、1 番目のミーティングは警告なしで終了します。
    • ホストが開始した場合、1 番目のミーティングを終了して 2 番目のミーティングを開始するためのオプションが提供されます。
    • 参加者が開始した場合、参加者は、ホストがすでに他のミーティングに参加中であることを知らせるメッセージを受信します。
  • 待機室がミーティング設定で有効な場合、特定のユーザーが回避できるように待機室を設定しない限り、[ホストの前に参加] はミーティングで機能しません。
  • ホストが出席していない状態でミーティングをレコーディングする場合、ミーティングに対して [自動クラウド レコーディング] をオンにする必要があります。
Powered by Zendesk