自動記録の フォローする

概要

自動記録は、ミーティングの開始時に、ホストローカル記録クラウド記録を自動的に開始できるようにするオプションです。 

自動クラウド記録は、ホストがクラウド記録スペースを利用できる場合、ホストがコンピュータ、モバイルデバイスまたは電話のダイヤルインで参加するかどうかを開始します。ホストが使用される前に参加し、参加者がホストの前に参加すると、自動クラウド記録も開始されます。 

自動ローカル記録は、ホストがZoomデスクトップアプリケーションから参加したときにのみ開始されます。

注意:  2017年11月4日以降、Zoom機能に階層設定が利用できるようになりました。これまでに設定した自動記録機能の設定は、これからも同じ方法で動作します。管理者の変更は、この設定を使用するミーティングやウェビナーに影響する場合があります。

この記事の内容: 

自動記録を有効にする 

 組織のすべての メンバーに自動録画機能を有効にするには:

  1. アカウント設定を編集する権限を持つ管理者としてZoom Webポータルにログインし、[ アカウント設定]をクリックします。
  2. 記録 ]タブ の[ 自動記録 ]設定まで移動し、 設定が有効になっていることを確認します。 その後、 ローカルコンピュータまたは  クラウドのどちらに記録するかを選択します。
    設定が無効になっている場合、[ステータス]スイッチをクリックして有効にします。認証ダイアログが表示されたら、[ オンにする ]を選択して、変更を検証します。

    EnableAutomaticRecording_Account.png
  3. (オプション)アカウントのすべてのユーザーにこの設定を必須にするには、鍵型アイコンをクリックし、 [ロック ]をクリックして設定を確認します。
    *注意:アカウントの管理者と所有者は、アカウント管理ページで「クラウド録画のダウンロードを無効にする」を選択すると、アカウントの録画のダウンロード機能を無効にすることができます。

自分が使用している機能に自動記録機能を有効にするには:

  1. Zoom Webポータルにサインインして、[マイミーティング設定]をクリックするか(アカウント管理者である場合)または[ミーティング設定]をクリックします(アカウントメンバーである場合)。
  2. 記録 ]タブ の[ 自動記録 ]設定まで移動し、 設定が有効になっていることを確認します。 その後、 ローカルコンピュータまたは  クラウドのどちらに記録するかを選択します。
    設定が無効になっている場合、[ステータス]スイッチをクリックして有効にします。認証ダイアログが表示されたら、[オンにする]を選択して、変更を検証します。
    EnableAutomaticRecording_EndUser.PNG
    注意:オプションがグレー表示されている場合は、グループレベルまたはアカウントレベルでロックされており、ズーム管理者に連絡する必要があります。

注意: ミーティングの設定で自動記録を有効にした場合は、今後予定しているミーティングに設定され、パーソナルミーティングIDを含む既存のミーティングの予定が設定されます。

ミーティングの自動記録を設定する

すべての会議の自動記録をオンにしない場合は、会議を個別にオフにすることができます。

特定のミーティングで自動記録を管理するには:

  1. マイミーティングに移動します。 
  2. [ミーティングのスケジュール]をクリックするか、ミーティングの名前、[このミーティングを編集] の順にクリックして、既存のミーティングを編集します。
  3. [ミーティングオプション]で、[このミーティングで自動で記録する]をクリックします。
  4. [保存]をクリックします。
    DisaleAutomaticRecording.PNG
この記事は役に立ちましたか?
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
Powered by Zendesk