Zoom では、新型コロナウイルスの感染が拡大する中、24 時間 365 日体制で世界中のお客様に最高のサポート体験を提供するため、努力を積み重ねています。 この継続的な取り組みの一環として、サポートガイドラインの最新版をご覧ください。

クラウド レコーディング フォローする

: クラウド レコーディングの処理には、通常、ミーティング時間の約 2 倍の時間がかかります。 新型コロナウイルスのパンデミックにより需要が急増しており、クラウド レコーディングの処理に最大 24 〜 72 時間要する場合もあります。

概要

クラウド レコーディングは自動的にすべての有料登録者にご利用いただけます。 ミーティングをレコーディングして [クラウドにレコーディング] を選択すると、ビデオ、オーディオ、およびチャット テキストが Zoom クラウドに記録されます。 レコーディング ファイルは、コンピュータにダウンロードするか、ブラウザからストリーミングすることができます。

:

  • iOS および Android でクラウド レコーディングを開始することもできます。 
  • アクティブ発言者、ギャラリー ビュー、共有画面など、さまざまな画面レイアウトでミーティングをレコーディングできます。 
  • クラウド レコーディングに問題がある場合は、レコーディングに関するよくある質問をご覧ください。
  • Zoom ではローカル レコーディングも可能です。この場合、レコーディング ファイルはお使いのコンピュータに保存されます。
  • HIPAA セキュリティが追加されたアカウントでは、この機能が完全に無効になります。 お客様のアカウントでこの機能を有効にしたい場合は、アカウント エクゼクティブまでお問い合わせください。 
  • クラウド レコーディングは、セキュリティ上の理由から、ウェブサイトに埋め込むことはできません。

この記事の内容:

前提条件

  • プロ、ビジネス、エンタープライズ アカウント
  • ライセンス ユーザー
  • Zoom デスクトップ クライアント
    • Windows: 3.5 以降
    • macOS: 3.5 以降
    • Linux: 3.5 以降
  • Zoom モバイルアプリ
    • Android: 3.5 以降
    • iOS: 3.5 以降

クラウド レコーディング ストレージの容量

:

  • 1 GB は 1024 MB に相当します
  • 0.5 GB は 512 MB に相当します

次の表は、各プランで利用可能なストレージ容量の概要を示しています。

プラン タイプ ストレージ容量
プロ 1 GB/ライセンス ユーザー
ビジネス 1 GB/ライセンス ユーザー
教育機関向け 0.5 GB/ライセンス ユーザー
Zoom Rooms 1 GB/Zoom Room

: 使用量が登録されているストレージ制限の 80% になると、メール アラートがアカウント オーナーに送信されます。 レコーディング中にストレージの上限に達した場合も、ミーティングが終了するまでレコーディングを続けます。

追加ストレージの価格(米ドル)

プラン ストレージ 追加 1GB
$40/月 100 GB $1.5/GB
$100/月 500 GB $0.5/GB
$500/月 3 TB $0.1/GB

超過は超過分は、請求期間中のクラウド ストレージの最大使用量に基づいて計算されます。 

クラウド レコーディングの有効化

  • アカウント オーナーと管理者は、アカウント設定ページの [クラウド レコーディングのダウンロード] をオフにすることで、アカウントの レコーディング ダウンロード機能を無効にすることができます。
  • 以下の手順で、[クラウド レコーディングの共有を許可する] を有効にして、ホストがクラウド レコーディングの共有リンクを生成できるようにします。 表示する権限のあるユーザーは、このリンクからクラウド レコーディングにアクセスできます。 この設定が無効の場合、ホストはクラウド レコーディングの共有オプションにアクセスできません。

アカウント

  1. アカウント設定を編集する特権を持つ管理者として、Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション パネルで、[アカウント管理]、[アカウント設定] の順にクリックします。
  3.  [レコーディング] タブの [クラウド レコーディング設定に移動し、設定が有効であることを確認します。
    : 設定が無効の場合、クリックして切り替え、有効にします。 認証ダイアログが表示される場合は、[オンにする] を選択して、変更を検証します。
  4. (オプション)この設定をアカウントの全ユーザーに対して必須にする場合は、鍵型アイコンをクリックしてから [ロック] をクリックして、設定を確定してください。

:

  • これにより、ライセンス ユーザーは自分のミーティングのクラウド レコーディングを有効にすることができます。
  • HIPAA セキュリティが追加されたアカウントでは、これが完全に無効になり、オプションが削除されます。 

グループ

  1. グループを編集する特権を持つ管理者として、Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション パネルで、[ユーザー管理]、次に [グループ管理] をクリックします。
  3. リストで該当するグループ名をクリックして、[設定] タブをクリックします。
  4.  [レコーディングタブに移動して、[クラウド レコーディング設定が有効になっていることを確認します。
    :
    • 設定が無効の場合、切り替えて有効にします。 認証ダイアログが表示されたら、[オンにする] を選択して、変更を確認します。
    • オプションがグレー表示の場合は、アカウント レベルでロックされているため、変更する必要があります。
  5. (オプション)このグループのすべてのユーザーにこの設定を必須にするには、鍵型アイコンをクリックし、[ロック] をクリックして設定を確定します。

 

ユーザー

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション パネルで、[ 設定] をクリックします。
  3. [レコーディング タブ に移動して、[クラウド レコーディング] 設定が有効になっていることを確認します。
    :
    • 設定が無効の場合、ステータスを切り替えて有効にします。 認証ダイアログが表示されたら、[オンにする] を選択して、変更を確認します。
    • 注:このオプションがグレー色で表示されている場合、オプションはロックされ、グループまたはアカウント レベルのいずれかで変更されるようになっています。 サポートが必要な場合は、Zoom 管理者にお問い合わせください。

クラウド レコーディング設定の変更

クラウド レコーディングを有効にした後は、これらの設定を変更可能です。 これらの設定は、アカウント、グループ、またはユーザー レベルで適用できます。

  • アクティブ発言者と画面共有をレコーディング: アクティブ発言者ビューと共有コンテンツの両方を同じビデオにレコーディングします。
  • 画面共有とギャラリー ビューをレコーディング: ギャラリー ビューと共有コンテンツの両方を同じビデオに録画します。
  • アクティブ発言者、ギャラリー ビュー、画面共有を個別にレコーディング: 個別のビデオにレコーディングしたいレコーディング レイアウトのタイプを選択します。
    : クラウド レコーディングでこのオプションを選択した場合、Zoom ウェブポータルでクラウド レコーディングを視聴する場合、アクティブ発言者/ギャラリー ビューの隣に画面共有のレコーディングが表示されます。
  • オーディオのみのファイルを録音する: オーディオ レコーディングを含む M4A ファイルのみが保存されます。
  • ミーティングやウェビナーのチャットメッセージを保存: ミーティング内チャット メッセージの文字起こしが入ったテキスト ファイルが生成されます。
    : ミーティングの場合、クラウドに保存されるチャットの文字起こしには、全員に送信されたチャットメッセージのみが含まれます。 ウェビナーの場合、保存されたチャットには、ホストとパネリストからすべての参加者へのメッセージのみが含まれます。 個人間で送信されたメッセージはクラウドには保存されません。 

詳細設定

  • タイムスタンプをレコーディングに追加: ミーティングのタイムスタンプをクラウド レコーディングに追加します。 時刻はホストがZoom プロフィールで設定したタイムゾーンで表示されます。
  • レコーディングに参加者の名前を表示する: 参加者の名前をビデオの右下隅に追加します。
  • 共有時にサムネイルを記録: 画面共有時に発表者のサムネイルを含めます。
  • サードパーティのビデオエディタの記録を最適化する: サードパーティのビデオエディタと互換性のある標準形式でクラウド レコーディングのビデオファイルを生成します。 これにより、ファイル サイズが大きくなる可能性があります。
  • オーディオの文字起こし:クラウド レコーディングを自動で文字起こしします。
  • パネリストのチャットをレコーディングに保存: ウェビナー中にパネリストがすべてのパネリストまたはすべてのパネリストと出席者に送信したメッセージは、レコーディングに保存されます。

その他の設定

トグルをクリックして、これらの機能を有効または無効にすることもできます。

  • IP アドレスのアクセス制御: 指定した IP アドレスのみが共有クラウドのレコーディングを再生できるようにします。 この設定は、公開共有または認証済みユーザーのクラウド レコーディングに適用されます。 クラウド レコーディングが認証されたユーザーと共有されている場合でも、同じアカウントでサインインしているユーザーは、録画を表示するために許可された IP アドレスを必要とします。
  • WORM(1 回書き込み、多数読み取り)状態でミーティングを記録: この設定を有効にすると、クラウド レコーディングはウェブポータル内で編集または削除ができなくなります。 保持期間が設定されている場合、保存期間が終了するまで、録音を編集または削除することはできません。
    :
    • この設定は、Zoom で有効にする必要があります。 サポートにお問い合わせ後、機能を有効にするまで最大 3 営業日かかります。
    • レコーディングを自動削除に設定した場合、自動削除にかかる時間は、保持期間が終了した後にのみ適用されます。
  • 数日後にクラウド レコーディングを自動削除する: 指定した日数後にクラウド レコーディングを削除します。

クラウド レコーディングの開始

: ホストと共同ホストのみがクラウド レコーディングを開始できます。 参加者にレコーディングを開始させる場合は、参加者を共同ホストにするか、ローカル レコーディングを使用します。 共同ホストによって開始されたレコーディングは、Zoom ウェブポータルのホストのレコーディングに引き続き表示されます。

ミーティングをクラウドにレコーディングするには:

  1. ホストとしてミーティングを開始します。
  2. [レコーディング] ボタンをクリックします。
  3. レコーディングを開始するには、[クラウドにレコーディング] を選択します。
  4. レコーディングを停止するには、[レコーディングの一時停止/停止] または [ミーティングを終了する] をクリックします。

    レコーディングが停止したら、視聴する前にレコーディングを処理する必要があります。 レコーディング処理が完了すると、Zoom からホストのメールアドレスにメールが送信されます。 メールには 2 つのリンクがあり、最初のリンクはホストのみが録画を管理するためのものです。 2 つ目のリンクは参加者用です。
  5. クラウド レコーディングを管理する:
Powered by Zendesk