Zoom コミュニティの 70,000 人のメンバーの一員になってください! Zoom アカウントの認証情報でログインして、コラボレーションを始めましょう。

コミュニティに参加する

Office 365で Zoom Rooms をセットアップする フォローする

概要

カレンダー リソースを Zoom Room と連携すると、ルームのテレビ ディスプレイ、コントローラ、スケジュール表示ディスプレイには、そのルームにスケジュールされたミーティングが表示されます。 組織のメンバーは、ルームをミーティングに招待することによって Zoom Room でミーティングをスケジュールすることができます。 カンファレンス ルームは、カレンダー サービスを通してカレンダー リソースとして割り当てられます。 Zoom にカレンダー リソースへのアクセス権限を与えることにより、ユーザーはワンタッチでミーティングを開始し参加することができるようになります。

Zoom Room のカレンダー サービスを追加する前に、Office 365 管理者は、カレンダーを管理することのできる専用ユーザーを Office 365で作成し、各 Zoom Rooms のカレンダー リソースを作成または検索し、権限借用または代理者アクセスを使用してユーザーとリソースを構成する必要があります。

Office 365 管理者が各セクションのすべてのステップを完了すると、専用ユーザーの認証情報を使用して、カレンダー サービスおよびそのすべてのカレンダー リソースを使用するために、アカウント内の Zoom Rooms に対する権限を付与します。

この記事の内容:

前提条件

  • 新しいユーザーを作成する権限許可を持つ Office 365 管理者アカウント
  • ルームのカレンダーを作成および管理する機能
  • Windows Powershell の管理者アクセス

手順

Office 365 カレンダーにアクセスするための Zoom の専用ユーザーを作成する

  1. Office 365 に管理者としてサインインします。
  2. ユーザーを Office 365 アカウントに追加します。 手順については、Microsoft のドキュメント「Office 365 にユーザーを追加する」を参照してください。
    注意: 専用ユーザーがメールボックスを持つ必要があるため、ユーザーは Office 365 でライセンスを取得しているユーザーである必要があります。
  3. メールアドレスとパスワードを書き留めておいてください。
  4. 次のセクションに進み、各ルームのカレンダー リソースを作成または検索します。

各ルームのカレンダー リソースを作成または検索する

  1. 管理者として ECP にログインします。
  2. [受信者] > [リソース] に移動します。
  3. ルームを追加する必要がある場合は、プラス記号(+)をクリックします。
    Zoom は、Zoom Rooms を簡単に検索できるよう、各ルームに ZR などの接頭辞を使用すること、または自分で見分けることのできる方法を使用することを推奨します。
  4. 各カレンダー リソースのディスプレイ名とメールアドレスを書き留めておいてください。
  5. 次のセクションに進み、アプリケーション レベルの権限借用または完全な代理者アクセスを使用してユーザーとリソースを Zoom にリンクします。

アクセス許可の設定

ECP でアプリケーションの権限借用を有効にする

  1. 管理者として ECP にログインします。
  2. 権限をクリックします。
  3. [検出管理] を選択し、[編集] をクリックします。
  4. 役割で [追加(+)] をクリックします。
  5. [アプリケーションの権限借用] を選択し、[追加] をクリックします。
  6. [OK] をクリックします。
  7. 検出管理で [保存] をクリックします。
  8. Office 365 は組織の設定の更新を開始します。

ロール管理と割り当ての更新

  1. [管理者として実行] オプションを使用して Windows PowerShell を起動します。
    注意: このオプションは、Windows Powershell アプリを起動せずに右クリックすると表示されます。
  2. 次のコマンドを入力します。
    $UserCredential = Get-Credential
  3. Office 365 管理者のユーザー名/パスワードをダイアログ ボックスに入力します。
    このアカウントに、「組織管理」と「受信者管理」両方の許可があることを確認します。
  4. 以下のコマンドを実行して、セッションを準備します。
    $Session = New-PSSession -ConfigurationName Microsoft.Exchange -ConnectionUri https://outlook.office365.com/powershell-liveid/ -Credential $UserCredential -Authentication Basic -AllowRedirection
    注意: 中国では、入力するコマンドが若干異なります。 次の項目を入力します。
    $Session = New-PSSession -ConfigurationName Microsoft.Exchange -ConnectionUri https://partner.outlook.cn/powershell-liveid/ -Credential $UserCredential -Authentication Basic -AllowRedirection
  5. 以下のコマンドを使用して、セッションを接続します。
    Import-PSSession $Session
  6. 「Import-PSSession: ファイルがロードできません…」で始まるメッセージが表示された場合は、以下のコマンドを入力します。
    Set-ExecutionPolicy Unrestricted
    注意: ステップ 1 の要件のとおり、Windows Powershell を管理者として実行していない場合は、このコマンドは失敗します。
  7. 以下のコマンドを入力して、新しい管理ロールを作成します。
    New-ManagementRoleAssignment -Role:ApplicationImpersonation -User: "DedicatedUser"
    注意: 専用ユーザーは、専用サービス アカウント ユーザーのメールボックス アドレスを入力します。
  8. 以下のコマンドを入力して、権限スコープを作成します。
    New-ManagementScope -Name "ResourceMailboxes" -RecipientRestrictionFilter {RecipientTypeDetails -eq "RoomMailbox" -or RecipientTypeDetails -eq "EquipmentMailbox" -or Name -eq 'DedicatedUser'}
  9. 以下のコマンドを入力して、アカウントとスコープの間にリレーションシップを作成します。
    New-ManagementRoleAssignment –Name "ResourceImpersonation" –Role ApplicationImpersonation –User "DedicatedUser" –CustomRecipientWriteScope "ResourceMailboxes"
    注意: 専用ユーザーは、専用サービス アカウント ユーザーのメールボックス アドレスを入力します。

専用ユーザーへのリソース カレンダーの追加

  1. Outlook Web で専用ユーザーとしてログインします。
  2. カレンダーに移動します。
  3. [カレンダーのインポート] をクリックします。
  4. [ディレクトリから] をクリックします。
  5. リソースのメールボックス アドレスを検索します。
  6. [追加] をクリックします。

専用ユーザーにルームを委任する

  1. 管理者として ECP にログインします

  2. [受信者] > [リソース] に移動します

  3. ルーム名をダブルクリックします。

  4. [メールボックスの委任
    ] をクリックします。

  5. [送信者] の横のプラス記号(+)をクリックします。

  6. 専用ユーザーを選択して、[add->

    ] をクリックします。

  7. [OK] をクリックします。

  8. [フルアクセス] までスクロールダウンして、プラス記号(+)をクリックします。

  9. 専用ユーザーを選択して、[add->] をクリックします。

  10. [OK] をクリックします。

  11. [保存] をクリックします。

  12. 各ルームに対してステップ 3 から 11 を繰り返します。

  13. 次のセクションに進み、専用ユーザーが Zoom Rooms カレンダーを編集できるようにする

専用ユーザーが Zoom Rooms カレンダーを編集できるようにする

  1. https://login.microsoftonline.com に専用ユーザーのメール(例えば zoomroomadmin@mycompany.com)でサインインします。
  2. 専用ユーザーの [カレンダー] を開いて、上部のナビゲーション バーから専用ユーザーの名前をクリックし、ドロップダウン メニューを開きます。
  3. [別のメールボックスを開く] を選択します。

    Microsoft のポップアップダイアログウィンドウが開きます。
  4. セクション 2 で作成したカレンダー リソースの名前を入力します。

    カレンダー リソースのメールボックスが開きます。
  5. カレンダー リソースのナビゲーションペインの左下部にあるカレンダーをクリックします。
  6. [マイカレンダー] の [カレンダー] を右クリックして、[権限を共有] を選択します。

    [このカレンダーを共有する: カレンダー] ダイアログボックスが開きます。
  7. 専用ユーザーのメールアドレスを入力して、メニューから [編集可能] を選択し、[共有] をクリックします。
  8. 専用ユーザーのメールボックスを開き、カレンダー リソースからの招待状を許可します。

    すると、[カレンダー] タブが開きます。
  9. [その他のカレンダー] > [他の人のカレンダー] のページ左側に Zoom Roomカレンダー リソースが一覧表示されることを確認します。
  10. 次のセクションに進み、Windows Powershell を使用してカレンダー リソースの設定を更新します。

Windows Powershell を使用してカレンダー リソースの設定を更新する

Zoom でカレンダー情報を表示し、Zoom ミーティングへの参加リンクを生成するには、カレンダーを以下のように更新します。

  1. [管理者として実行] オプションを使用して Windows PowerShell を起動します。
    このオプションは、Windows Powershell アプリを起動せずに右クリックすると表示されます。
  2. 以下のコマンドを入力します。
    $UserCredential = Get-Credential
  3. Office 365 管理者のユーザー名/パスワードをダイアログ ボックスに入力します。
    このアカウントに、「組織管理」と「受信者管理」両方の許可があることを確認します。
  4. 以下のコマンドを実行して、セッションを準備します。
    $Session = New-PSSession -ConfigurationName Microsoft.Exchange -ConnectionUri https://outlook.office365.com/powershell-liveid/ -Credential $UserCredential -Authentication Basic -AllowRedirection

    注意: 中国では、入力するコマンドが若干異なります。以下のコマンドをお使いください
    $Session = New-PSSession -ConfigurationName Microsoft.Exchange -ConnectionUri https://partner.outlook.cn/powershell-liveid/ -Credential $UserCredential -Authentication Basic -AllowRedirection
  5. 以下のコマンドを使用して、セッションを接続します。
    Import-PSSession $Session
  6. 「Import-PSSession: ファイルがロードできません…」で始まるメッセージが表示された場合は、以下のコマンドを入力します。
    Set-ExecutionPolicy Unrestricted
    ステップ 1 の要件のとおり Windows Powershell を管理者として実行していない場合は、このコマンドは失敗するので、ご注意ください。
  7. 以下のコマンドで「room_name」の値を実際のルーム名に変更して、カレンダー リソースの設定を確認します。
    Get-CalendarProcessing -Identity "room_name"| Format-List Identity,DeleteComments,DeleteSubject,AddOrganizerToSubject,RemovePrivateProperty
  8. 以下の値の応答を確認します。
    DeleteSubject、AddOrganizerToSubject、DeleteComments、RemovePrivateProperty
    ほとんどの場合、これらの値は True に設定されます。
    Identity              : portertest.com/Users/room_name
    DeleteSubject : True
    AddOrganizerToSubject : True
    DeleteComments : True
    RemovePrivateProperty : True
  9. 以下のコマンドで room_name」の値を実際のルーム名に変更して、ルームの設定を変更します。
    Set-CalendarProcessing -Identity "room_name" -AddOrganizerToSubject $false -OrganizerInfo $true -DeleteAttachments $true -DeleteComments $false -DeleteSubject $false -RemovePrivateProperty $false
    これらのコマンドを実行すると、以下の設定が行われます。
    Identity              : portertest.com/Users/room_name
    DeleteSubject : False
    AddOrganizerToSubject : False
    DeleteComments : False
    RemovePrivateProperty : False
    注:
    • カレンダーのトピックを表示させたくない場合は、DeleteSubject $false を DeleteSubject $true に変更します。
    • 「オブジェクト「Room」が「zoomwithus.onmicrosoft.com」に見つからなかったので、操作を実行できませんでした。」のようなエラーが表示される場合、cmdlet を実行する権限を付与するグループにユーザー/ルームが含まれていないことを意味します。 ステップ 3 の要件のとおり、管理者アカウントでインしていることを確認してください。
    • 「Set-CalendarProcessing コマンドが見つかりませんでした」などのエラーが表示された場合は、PowerShellにするために使用した管理者アカウントに、「組織管理」と「受信者管理」の権限があることを確認してください。
  10. 以下のコマンドで「room_name」の値を実際のルーム名に変更して、設定を変更した後に、ルームの設定を確認します。
    Get-CalendarProcessing -Identity "room_name" | Format-List identity,deletesubject,addorganizertosubject,DeleteComments,RemovePrivateProperty
  11. 以下の値の応答が False に変更されたことを確認します。
    DeleteSubject、AddOrganizerToSubject、DeleteComments、RemovePrivatePropoerty
    Identity              : portertest.com/Users/room_name
    DeleteSubject : False
    AddOrganizerToSubject : False
    DeleteComments : False
    RemovePrivateProperty : False
  12. 各コマンドのルーム名のみを変更して、各カレンダーに対してステップ 7 から 11 を繰り返します。
  13. 以下のコマンドを使用して、セッションを切断します。
    Remove-PSSession $Session
  14. Windows Powershell を閉じます。

カレンダー サービスを Zoom に追加する

  1. Zoom Rooms 管理者として Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. [カレンダー連携] を選択し、[カレンダー サービスを追加] をクリックします。
    [カレンダー サービスを追加] ダイアログが表示されます。
  3. [Office 365] をクリックします。
  4. [EWS で承認] または [OAuth 2.0 で承認] を選択します。 これらのオプションの詳細については、マイクロソフトのこのドキュメントを参照してください。
    • [EWS で認証] を選択した場合は、カレンダー サービス専用ユーザーの電子メール アドレスとパスワード、および EWS URL を入力します。
    • [OAuth 2.0 で認証] を選択した場合は、EWS URL を入力します。
  5. [アカウント権限のタイプ] で、上記で使用したアクセス許可の設定に応じて、[アプリケーション レベルの権限借用] または [フルアクセスの委任] を選択します。
  6. [許可
    ] をクリックします注意: OAuth 2.0 を使用していて、[アカウント設定] で[エンタープライズ アプリケーションがユーザーの代わりに企業データにアクセスすることについて Office 365 ユーザーが同意可能] が無効になっている場合、設定でこれを有効にするか、Azure で Zoom アプリを有効にする必要があります。
  7. [カレンダー連携] ページに、追加したカレンダー サービスが表示されます。

注意: Zoom Room を使用してカレンダー リソースを設定する方法については、[Zoom Room を追加する] をご覧ください。

Powered by Zendesk