Office 365でZoom Roomsをセットアップする フォローする

概要

カレンダーリソースをZoom Roomと統合すると、ルームのTVディスプレイ、コントローラー、スケジュール作成用ディスプレイには、そのルームにスケジュールされたミーティングが表示されます。組織のメンバーは、ルームをミーティングに招待することによってZoom Roomでミーティングをスケジュールすることができます。会議室は、カレンダーサービスを通してカレンダーリソースとして割り当てられます。Zoomにカレンダーリソースへのアクセス権限を与えることにより、ユーザーはワンタッチでミーティングを開始し参加することができるようになります。

 

Zoom Rooms用カレンダーサービスの追加を可能にするために、Office 365管理者は次のことを行う必要があります。

  • カレンダーを管理することのできる専用ユーザーをOffice 365で作成する
  • 各Zoom Roomで使用するカレンダーリソースを作成または検索する
  • 専用ユーザーが、各カレンダーリソースへ完全に代理人アクセスできるようにする
  • 専用ユーザーが、各カレンダーリソースを編集できるようにする
  • Windows Powershellを使用して、各カレンダーリソースの設定を更新する

Office 365管理者がこれらのステップを完了すると、専用ユーザーの認証情報を使用して、カレンダーサービスおよびそのすべてのカレンダーリソースを使用するために、アカウント内のZoom Roomsに対する権限を付与します。

前提条件

  • Office 365での管理者アカウント
  • ルームのカレンダーを作成および管理する能力
  • 新しいOffice 365ユーザーを作成する能力

手順

セクション:(1)Office 365カレンダーにアクセスするためのZoomの専用ユーザーを作成する

ZoomがOffice 365にサインインしてルームカレンダーにアクセスするための方法は次のとおりです。

  1. Office 365に管理者としてサインインします。
  2. ユーザーをOffice 365アカウントに追加します。手順は、Microsoft文書「ユーザーをOffice 365に追加する」をご参照ください。
    例えばドメインがmycompany.comであり、ユーザーをzoomroomadminというユーザー名で追加する場合、メールアドレスはzoomroomadmin@mycompany.comとなります。
  3. メールアドレスとパスワードを書き留めておいてください。

セクション:(2)各ルームのカレンダーリソースを作成または検索する

  1. 管理者としてECPにログインします。
  2. [Recipients] > [Resources]に移動します。
  3. ルームを追加する必要がある場合は、プラス記号(+)をクリックします。
    Zoomは、Zoom Roomsを簡単に検索できるよう、各ルームにZRなどの接頭辞を使用されること、または自分で見分けることのできる方法を使用されることを推奨します。
  4. 各カレンダーリソースのディスプレイ名とメールアドレスを書き留めておいてください。
    8b5c0e1d-2d5e-498f-a924-7c28714eaf74.png

セクション:(3)専用ユーザーにルームを委任する

  1. 管理者としてECPにログインします。
  2. [Recipients] > [Resources]に移動します。
  3. ルーム名をダブルクリックします。
  4. [mailbox delegation
    48e09d4a-26dd-4213-9a93-63cb6a72c47b.png
    ]をクリックします。
  5. [Send As]の横の プラス記号(+)をクリックします。
    Sendas.png
  6. 専用ユーザーを選択して、[add->
    7eb5a341-a577-4ed6-8e49-f2463c1ae4e2.png
    ]をクリックします。
  7. [OK ]をクリックします。
  8. [Full Access]までスクロールダウンして、プラス記号(+)をクリックします。
    Screen_Shot_2017-12-05_at_11.35.30_PM.png
  9. 専用ユーザーを選択して、[add->]をクリックします。
    7eb5a341-a577-4ed6-8e49-f2463c1ae4e2.png
  10. [OK ]をクリックします。
  11. [Save]をクリックします。
  12. 各ルームに対してステップ3から11を繰り返します。

セクション:(4)専用ユーザーがZoom Roomsカレンダーを編集できるようにする

  1. https://login.microsoftonline.comに専用ユーザーのメール(例えばzoomroomadmin@mycompany.com)でサインインします。
  2. 専用ユーザーの[Calendar]を開いて、上部のナビゲーションバーから専用ユーザーの名前をクリックし、ドロップダウンメニューを開きます。
  3. [Open another mailbox...]を選択します。
    f1c3a967-4812-4a01-906e-d14ae02e174c.png
    Microsoftのポップアップダイアログウィンドウが開きます。
  4. セクション2で作成したカレンダーリソースの名前を入力します。
    4f4eed9e-8d1b-4318-82c9-83ea5ca1f69c__1_.png
    カレンダーリソースのメールボックスが開きます。
  5. カレンダーリソースのナビゲーションペインの左下部にあるカレンダーをクリックします。
  6. [Your Calendars]配下の[Calendar]をクリックして、[Sharing Permissions]を選択します。
    Screen_Shot_2017-12-05_at_11.05.46_PM_copy.png
    [Share this calendar:Calendar]ダイアログが開きます。
  7. 専用ユーザーのメールアドレスを入力して、メニューから[Can edit]を選択し、[Share]をクリックします。
    e1901fb4-8972-48ef-ab5b-7db2ff238a21.png

  8. 専用ユーザーのメールボックスを開き、カレンダーリソースからの招待状を許可します。
    dc0d5610-a6d7-4ea6-a7da-2267643258ca__1_.png

    許可すると、[Calendar]タブが開きます。
  9. ページ左側にある[Other Calendars]配下にZoom Roomカレンダーリソースが一覧表示されることを確認します。
    Screen_Shot_2017-12-05_at_11.07.03_PM.png

 

セクション:(5)Windows Powershellを使用してカレンダーリソースの設定を更新する

  1. [Run as administrator]オプションを使用してWindows PowerShell を起動します。
    このオプションは、Windows Powershellアプリを起動せずに右クリックすると表示されます。

  2. 以下のコマンドを入力します。
    $UserCredential = Get-Credential
  3. Office 365管理者のユーザー名/パスワードをダイアログボックスに入力します。
    このアカウントに、「組織管理」と「受信者管理」両方の許可があることを確認します。
  4. 以下のコマンドを実行して、セッションを準備します。
    $Session = New-PSSession -ConfigurationName Microsoft.Exchange -ConnectionUri https://outlook.office365.com/powershell-liveid/ -Credential $UserCredential -Authentication Basic -AllowRedirection

    注意:中国では、入力するコマンドが若干異なります。以下のコマンドをお使いください。
    $Session = New-PSSession -ConfigurationName Microsoft.Exchange -ConnectionUri https://partner.outlook.cn/powershell-liveid/ -Credential $UserCredential -Authentication Basic -AllowRedirection
  5. 以下のコマンドを使用して、セッションを接続します。
    Import-PSSession $Session
  6. 「Import-PSSession :Files cannot be loaded…(Import-PSSession :ファイルがロードできません…)」で始まるメッセージが表示された場合は、以下のコマンドを入力します。
    Set-ExecutionPolicy Unrestricted
    ステップ1の要件のとおり、Windows Powershellを管理者として実行していない場合は、このコマンドは失敗しますので、ご注意ください。
  7. 以下のコマンドで「room_name」の値を実際のルーム名に変更して、カレンダーリソースの設定を確認します。
    Get-CalendarProcessing -Identity "room_name" | Format-List identity,deletesubject,addorganizertosubject,RemovePrivateProperty
  8. 以下の値の応答を確認します。
    "DeleteSubject"、"AddOrganizerToSubject"、"RemovePrivateProperty"
    ほとんどの場合、これらの値はTrueに設定されます。
    Identity              : portertest.com/Users/room_name
    DeleteSubject :True
    AddOrganizerToSubject :True
    RemovePrivateProperty :True
  9. 以下のコマンドで「room_name」の値を実際のルーム名に変更して、ルームの設定を変更します。
    Set-CalendarProcessing "room_name" -AddOrganizerToSubject $false -OrganizerInfo $true -DeleteAttachments $true -DeleteComments $false -DeleteSubject $false -RemovePrivateProperty $false
    これらのコマンドを実行すると、以下の設定が行われます。
    Identity              : portertest.com/Users/room_name
    DeleteSubject :False
    AddOrganizerToSubject :False
    RemovePrivateProperty :False
    注意1: カレンダーのトピックを表示させたくない場合は、DeleteSubject $falseをDeleteSubject $trueに変更します。

    注意2:「The operation couldn't be performed because object 'Room' couldn't be found on 'zoomwithus.onmicrosoft.com'.(オブジェクト「Room」が「zoomwithus.onmicrosoft.com」に見つからなかったので、操作を実行できませんでした。)」のようなエラーが表示された場合、それは、cmdletを実行する権限を付与する役割グループのスコープにユーザー/ルームが含まれていないことを意味します。ステップ3の要件のとおり、管理者アカウントでログインしていることを確認してください。

    注意3:「Set-CalendarProcessing command not found(Set-CalendarProcessingコマンドが見つかりませんでした)」などのエラーが表示された場合は、PowerShellにログインするために使用した管理者アカウントに、ステップ3の仕様のとおり「組織管理」と「受信者管理」の権限があることを確認してください。

  10. 以下のコマンドで「room_name」の値を実際のルーム名に変更して、設定を変更した後に、ルームの設定を確認します。
    Get-CalendarProcessing -Identity "room_name" | Format-List identity,deletesubject,addorganizertosubject,RemovePrivateProperty
  11. 以下の値の応答がFalseに変更されたことを確認します。
    "DeleteSubject"、"AddOrganizerToSubject"、"RemovePrivatePropoerty"
    Identity              : portertest.com/Users/room_name
    DeleteSubject :False
    AddOrganizerToSubject :False
    RemovePrivateProperty :False
  12. 各コマンドのルーム名のみを変更して、各カレンダーに対してステップ7から11を繰り返します。
  13. 以下のコマンドを使用して、セッションを切断します。
    Remove-PSSession $Session
  14. Windows Powershellを閉じます。

セクション:(6)カレンダーサービスをZoomに追加する

Office 365カレンダーサービスをZoomアカウントに追加するには:

  1. ZoomウェブポータルにZoom Rooms管理者としてサインインします。
  2. [Calendar Integration]を選択して、[Add Calendar Service]をクリックします。
    [Add a Calendar Service]ダイアログが表示されます。
    Screen_Shot_2017-12-05_at_11.09.33_PM.png
  3. [Office 365]をクリックします。
    Office 365ダイアログが表示されます。
  4. カレンダーサービスの専用ユーザーのメールアドレスとパスワードを入力します。
    Screen_Shot_2017-12-05_at_11.31.04_PM.png
  5. 値が自動で入力されていない場合は、EWSサーバーのURLを入力します。必ずURLにhttps://を含めてください。
  6. [Authorize]をクリックします。
    カレンダー統合ページに、追加したカレンダーサービスが表示されます。
    fd81a364-6fc9-40ea-9a57-cf770b1a7155.png

Zoom Roomでカレンダーリソースを構成するための情報に関してはZoom Roomを追加を参照してください。

この記事は役に立ちましたか?
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
Powered by Zendesk