Exchange 2013 以降で Zoom Rooms を設定する

最終更新日:

概要

カレンダー リソースを Zoom Room と連携すると、ルームのテレビ ディスプレイ、コントローラ、スケジュール表示ディスプレイには、そのルームにスケジュールされたミーティングが表示されます。 組織のメンバーは、ルームをミーティングに招待することによって Zoom Room でミーティングをスケジュールすることができます。 カンファレンス ルームは、カレンダー サービスを通してカレンダー リソースとして割り当てられます。 Zoom にカレンダー リソースへのアクセス権限を与えることにより、ユーザーはワンタッチでミーティングを開始し参加することができるようになります。

Zoom Rooms にカレンダー サービスを追加できるようにする前に、Exchange 管理者は次のことを行う必要があります。

  • カレンダーを管理できる Exchange の専用ユーザーを作成する
  • 各 Zoom Room で使用するカレンダー リソースを作成または検索する
  • 専用ユーザーが、各カレンダー リソースへの完全な代理人アクセス権を持つようにする
  • 専用ユーザーが、各カレンダー リソースを編集できるようにする
  • Windows Powershell を使用して、各カレンダー リソースの設定を更新する

Exchange 管理者がこれらの手順を完了すると、専用ユーザーの認証情報を使用して、カレンダー サービスおよびそのすべてのカレンダー リソースを使用する権限が、お使いのアカウントの Zoom Rooms に付与されます。

この記事の内容:

前提条件

  • Exchange 2013、2016、2019
  • Exchange の管理者アカウント
  • Exchange 管理センター(EAC)へのアクセス権
  • ルームのカレンダーを作成および管理する機能
  • 新しい Exchange ユーザーを作成する機能

: ファイアウォールやプロキシを含むネットワークでは、outlook.office365.com へのトラフィックを許可する必要があります。

サービス アカウントとルームを作成する

Zoom Rooms サービス アカウントを作成する

  1. 管理者として Exchange 管理センターにサインインします。
  2. [受信者] の下の [メールボックス] をクリックして、+ をクリックします
  3. [ユーザー メールボックス] をクリックします。
  4. メール アドレスを作成します(例: room@company.com)。
  5. この同じユーザーメールが、すべての Zoom Rooms で使用されます。
  6. ユーザー サインイン名パスワードをメモします。
  7. 同じ仕事用メールを作成して、https://zoom.us/account/user にある Zoom のアカウントに追加します。

ルームとルームのメールを作成または取得する

  1. 管理者として Exchange 管理センターにサインインします。
  2. [リソース] をクリックしてから、[受信者] をクリックします。
  3. (オプション)ルームを追加する必要がある場合は 、プラスアイコン + をクリックします。
  4. ルームの表示名と対応するメールアドレスをメモします。

サービス アカウントとルームリソースをリンクする

サービス アカウントへのアクセス権を委任する

  1. 管理者として Exchange 管理センターにサインインします。
  2. [リソース] をクリックしてから、[受信者] をクリックします。
  3. 最初のルームをダブルクリックします。
  4. [メールボックスの委任] をクリックします。

  5. [フルアクセス] まで下にスクロールし、+ をクリックします。
  6. 専用メールを選択して、[追加 ->] をクリックします。

リソースをサービス アカウントと共有する

  1. Exchange 管理者アカウントを使用してウェブ版 Outlook にサインインします。
    : ウェブ版 Outlook が Exchange サーバーで有効になっていない場合、カレンダーは Outlook アプリケーションを通じて共有できます。
  2. [マイアカウント] で [別のメールボックスを開く] をクリックします。
  3. ルームリソースのメールアドレスを入力し、ルームを選択します。
  4. [開く] をクリックして、ルームリソースのメールボックスを開きます。
  5. これにより、Zoom Room リソースのメールボックスが開きます。 ナビゲーションの左下隅にあるカレンダーをクリックします。
  6. [カレンダー] の下にあるルームのメイン カレンダーを右クリックし、[カレンダーを共有] をクリックします。
  7. 次のウィンドウで、サービス アカウントの仕事用メールを入力し、[編集者] アクセスを選択します。
  8. [送信] をクリックします。
  9. サービス アカウントのメールボックスにサインインします。
  10. Zoom Room リソースから招待状をクリックし、[受け取る] をクリックします。
  11. 招待状を受け取ると、カレンダータブが開きます。 Zoom Room リソース カレンダーがページの左側にある [その他のカレンダー] の下に表示されます。 このカレンダーが表示されていることを確認します。

Basic 認証または NTLM 認証を有効にする

Zoom Rooms は、Exchange サーバーなどのオンプレミス ソリューションに対する Basic 形式および NTLM 形式の認証をサポートしています。 アカウントに適用する、次のいずれかの認証を有効にしてください。

Basic 認証

  1. EWC で [認証] をクリックします。
  2. [Basic 認証] チェック ボックスをオンにし、[保存] をクリックします。

NTLM 認証

  1. Exchange 2013 サーバーで Exchange 管理シェルを開きます。
  2. Outlook Anywhere クライアント向けに Kerberos 認証を有効にするには、クライアント アクセス サーバーで次のコマンドを実行します。
    Get-OutlookAnywhere -server CAS-1 | Set-OutlookAnywhere -InternalClientAuthenticationMethod  Negotiate
    
  3. HTTP クライアント経由で MAPI に対して Kerberos 認証を有効にするには、Exchange 2013 クライアント アクセス サーバーで次のコマンドを実行します。
    Get-MapiVirtualDirectory -Server CAS-1 | Set-MapiVirtualDirectory -IISAuthenticationMethods Ntlm, Negotiate

リソース属性を設定する

EWS URL を取得する

  1. Exchange 管理センターで、[サーバー] をクリックします。
  2. [仮想ディレクトリ] をクリックし、[EWS

    ] をダブルクリックします。
  3. [基本設定] をクリックし、EWS URL を探します。

ルームイベントからの件名の削除を無効にする

  1. [管理者として実行] オプションを使用して Windows PowerShell を起動します。
  2. 次のコマンドを入力して、Exchange 管理者のユーザー名とパスワードを入力します。
    $UserCredential = Get-Credential
  3. セッションの準備をします(前のセクションからの EWS URL を使用)。
    $Session = New-PSSession -ConfigurationName Microsoft.Exchange -ConnectionUri http://server-porter.portertest.com/powershell -Authentication Kerberos -Credential $UserCredential
  4. PowerShell セッションを接続します。
    Import-PSSession $Session
  5. 次のコマンドを使用して、変更前と変更後のルームの設定を確認できます。
    Get-CalendarProcessing -Identity "49ers" | Format-List identity,deletesubject,addorganizertosubject,DeleteComments,RemovePrivateProperty
  6. DeleteSubjectAddOrganizerToSubjectDeleteCommentsRemovePrivateProperty が「False」に設定されていることを確認します。
    Identity              : portertest.com/Users/room_name
    DeleteSubject : False
    AddOrganizerToSubject : False
    DeleteComments : False
    RemovePrivateProperty : False
    : 「Import-PSSession : Files cannot be loaded because running scripts is disabled on this system. Provide a valid certificate with which to sign the files.(Import-PSSession: このシステムでスクリプトの実行が無効になっているため、ファイルをロードできません。ファイルに署名するための有効な証明書を提供してください)」のようなエラーが表示された場合は、まず次のコマンドを使用してください(このコマンドは、手順 1 で PowerShell を管理者として実行しなかった場合は失敗します)。
    Set-ExecutionPolicy Unrestricted
  7. ルームのカレンダーの属性を変更します。
    Set-CalendarProcessing "room_name" -AddOrganizerToSubject $false -OrganizerInfo $true -DeleteAttachments $true -DeleteComments $false -DeleteSubject $false -RemovePrivateProperty $false
    注: 次のようなエラーが見られた場合:
    • 「The operation couldn't be performed because object [room name] couldn't be found on [exchange server]([exchange server] でオブジェクト [room name] が見つからなかったため、操作を実行できませんでした)。このメッセージは、cmdlet のスコープにユーザー / ルームが含まれていないことを示します。
    • 「Set-CalendarProcessing command not found(Set-CalendarProcessing コマンドが見つかりませんでした)」のようなエラーが表示された場合は、PowerShell を使用してサインインしたユーザーに、組織管理受信者管理の権限があることを確認してください
  8. セッションを切断し、PowerShell を閉じます。
    Remove-PSSession $Session 

カレンダー サービスを Zoom に追加する

Zoom アカウントに Exchange カレンダー サービスを追加するには:

  1. Zoom Rooms 管理者として Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. [カレンダー連携] を選択し、[カレンダー サービスを追加] をクリックします。
    [カレンダー サービスを追加] ダイアログが表示されます。
  3. [Exchange] をクリックします。
  4. Exchange の詳細を入力します。
    • Exchange ログオン ユーザー名または UPN: Active Directory で設定されているとおり、ユーザー ログオン名をドメイン\ユーザーとして、Exchange 認証情報を入力します。 Exchange では、メールアドレスが johnsmith@mycompany.com の場合、mycompany\johnsmith として入力できます。
    • Exchange サインイン パスワード: Exchange パスワードを入力します。
    • Exchange バージョン: ドロップダウンから Exchange のバージョンを選択します。
    • EWS URL: EWS サーバーの URL を入力します。 https:// 部分を含め、URL 全体を指定するようにします。
    • アカウント権限の種類: 上記の設定を適用している場合は、[フルアクセスの委任] を選択します。
  5. [許可] をクリックします。
    [カレンダー連携] ページには、追加したカレンダー サービスが表示されます。


    Zoom Room を使用してカレンダー リソースを設定する方法については、Zoom Room を追加するをご覧ください。

Zoom コミュニティ

Zoom コミュニティの 83,000 人のメンバーの一員になってください! Zoom アカウントの認証情報でログインして、コラボレーションを始めましょう。