Exchange 2013/2016でZoom Roomsをセットアップする フォローする

概要

カレンダーリソースをZoom Roomと統合すると、ルームのTVディスプレイ、コントローラー、スケジュール作成用ディスプレイには、そのルームにスケジュールされたミーティングが表示されます。組織のメンバーは、ルームをミーティングに招待することによってZoom Roomでミーティングをスケジュールすることができます。会議室は、カレンダーサービスを通してカレンダーリソースとして割り当てられます。Zoomにカレンダーリソースへのアクセス権限を与えることにより、ユーザーはワンタッチでミーティングを開始し参加することができるようになります。

Zoom Rooms用カレンダーサービスの追加を可能にするために、Exchange 管理者は次のことを行う必要があります。

  • カレンダーを管理することのできる専用ユーザーをExchangeで作成する
  • 各Zoom Roomで使用するカレンダーリソースを作成または検索する
  • 専用ユーザーが、各カレンダーリソースへ完全に代理人アクセスできるようにする
  • 専用ユーザーが、各カレンダーリソースを編集できるようにする
  • Windows Powershellを使用して、各カレンダーリソースの設定を更新する

Exchange 管理者がこれらのステップを完了すると、専用ユーザーの認証情報を使用して、カレンダーサービスおよびそのすべてのカレンダーリソースを使用するために、アカウント内のZoom Roomsに対する権限を付与します。

前提条件

  •  Exchangeでの管理者アカウント
  • ルームのカレンダーを作成および管理する能力
  • 新しい Exchangeユーザーを作成する能力

手順

セクション:(1)Zoom Roomsサービスアカウントを作成する

  1. ECPにログインします。
  2. [recipients]配下の[mailboxes]に移動して、[+]をクリックします。
  3. [User mailbox]を選択します。
  4. メールアドレス、例えば、room@company.comを作成します。
  5. この ユーザーメールが、Zoom Roomsのすべてにおいて使用されます。 
  6.   「ユーザーログイン名」「パスワード」を書き留めておいてください。
  7. 同じ仕事用メールを作成して、Zoomのアカウント https://zoom.us/account/user に追加します。

セクション:(2)ルームおよびルームの電子メールを作成または取得する

  1. 管理者としてローカルECP にログインします。
  2.  [Resources] > [Recipients]に移動します。 
  3. ルームを追加する必要がある場合は、プラス記号(+)をクリックします。
  4. ルームのディスプレイ名とメールアドレスを書き留めておいてください。

セクション:(3)ルームをZoom Roomsサービスアカウントに委任する  

  1. 管理者としてECP にログインします。
  2.  [Resources] > [Recipients]に移動します。 
  3. 最初のルームをダブルクリックします。
  4. [mailbox delegation 

    ]をクリックします。
  5. [Full Access]までスクロールダウンして、プラス記号(+)をクリックします。
  6. 専用メールを選択して、[add-> ]をクリックします。

セクション:(4)リソースをZoom Rooms仕事用メールのカレンダーと共有する

  1. Zoom Rooms仕事用メール(room@company.com)でhttps://login.microsoftonline.com にログインします。
  2. ユーザーの [Calendar]を開いて、上部のナビゲーションバーからユーザーのドロップダウンメニューへ移動し、[Open another mailbox...]をクリックします。
  3. Microsoftのポップアップダイアログウィンドウが開きます。共有したいZoom Roomリソースを入力します(ここでは、Panther)。
  4. Zoom Roomリソースメールボックスが開きます。ナビゲーションバーの左下部にあるカレンダーをクリックします。 
  5.  [Your Calendars]を右クリックして、[Share calendar]をクリックします。
  6. Microsoftのカレンダー共有ダイアログウィンドウが開きます。Zoom Room仕事用メールを入力して、[Editor]アクセスを共有します。このダイアログウィンドウの左上部にある[Send]をクリックします。


  7. Zoom Room仕事用メールにログインして、受信箱を確認します。Zoom Roomリソースからの招待状をクリックして、招待を[Accept]します。


  8. 招待を許可すると、 カレンダータブが表示されます。ページ左側にある[Other Calendars]配下にZoom Roomリソースのカレンダーが 一覧表示されます。このカレンダーが表示されていることを確認します。

セクション:(5)Basic認証またはNTLM認証を有効にする

Zoom Roomsは、Exchangeサーバーなどのオンプレミスソリューションに対してBasicおよびNTLM形式の認証に対応しています。次のいずれかを使用して、アカウントに適用されるいずれかの認証を有効にしてください。

Basic認証

  1.  EWSで、[ Authentication]をクリックします。
  2. [Basic authentication]チェックボックスにチェックを入れて、[ Save]をクリックします。

NTLM認証

  1. Exchange 2013サーバーでExchange Management Shellを開きます。
  2. Outlook Anywhereクライアント向けにKerberos認証を有効にするには、Client Accessサーバーで次のコマンドを実行します。

    Get-OutlookAnywhere -server CAS-1 | Set-OutlookAnywhere -InternalClientAuthenticationMethod  Negotiate
    
  3. HTTPクライアント経由でMAPIのKerberos認証を有効にするには、Exchange 2013 Client Accessサーバーで次のコマンドを実行します。

    Get-MapiVirtualDirectory -Server CAS-1 | Set-MapiVirtualDirectory -IISAuthenticationMethods Ntlm, Negotiate

セクション:(6)EWS URLを検索する

  1. [Exchange Control Panel]で  [servers]をクリックします。
  2. [ Virtual Directories ]に切り替えて、 [EWS] > [General]をダブルクリックします。 
  3.  EWS URLを見つけます。

セクション:(7)Roomイベントからの件名の削除を無効にする

  1. [Run as administrator]オプションを使用してWindows PowerShellを起動します。

  2. 以下のコマンドを入力して、Exchange 管理者 のユーザー名とパスワードを入力します。 
    $UserCredential = Get-Credential
  3. セッションの準備をします(前のステップからEWS URLを取得)。
    $Session = New-PSSession -ConfigurationName Microsoft.Exchange -ConnectionUri http://server-porter.portertest.com/powershell -Authentication Kerberos -Credential $UserCredential
  4. セッションを接続します。
    Import-PSSession $Session

    次のコマンドを使用した変更前と変更後のルームの設定を確認できます。

    Get-CalendarProcessing -Identity "49ers" | Format-List identity,deletesubject,addorganizertosubject,RemovePrivateProperty

    DeleteSubject」、「AddOrganizerToSubject」、「RemovePrivateProperty」 設定の内、3つのfalse応答があれば、準備完了です。

    Identity              : portertest.com/Users/49ers
    DeleteSubject         :False
    AddOrganizerToSubject :False
    RemovePrivateProperty :False

注意:「Import-PSSession :Files cannot be loaded because running scripts is disabled on this system.Provide a valid certificate with which to sign the files.(Import-PSSession:このシステムでスクリプトの実行が無効になっているため、ファイルをロードできません。ファイルに署名するための有効な証明書を提供してください。)」などのエラーが表示された場合は、まず次のコマンドを使用してください(このコマンドは、ステップ1でPowerShellを管理者として実行しなかった場合は失敗します):

Set-ExecutionPolicy Unrestricted
  • ルームの設定を変更する
    Set-CalendarProcessing "49ers" -AddOrganizerToSubject $false -OrganizerInfo $true -DeleteAttachments $true -DeleteComments $false -DeleteSubject $false -RemovePrivateProperty $false

    注意:「The operation couldn't be performed because object '49ers' couldn't be found on 'Server-Porter.portertest.com'.(オブジェクト 「49ers」が「Server-Porter.portertest.com」に見つからなかったので、操作を実行できませんでした。)」のようなエラーが表示された場合、それは、cmdletを実行する権限を付与する役割グループのスコープにユーザー/ルームが含まれていないことを意味します。管理者アカウントを使用してログインしてください。

    「Set-CalendarProcessing command not found(Set-CalendarProcessingコマンドが見つかりませんでした)」などのエラーが表示された場合は、PowerShellを使用してログインしたユーザーに、「組織管理」と「受信者管理」の権限があることを確認してください。

    次のコマンドを使用した変更前と変更後のルームの設定を確認できます。

    Get-CalendarProcessing -Identity "49ers" | Format-List identity,deletesubject,addorganizertosubject,RemovePrivateProperty

    DeleteSubject」、「AddOrganizerToSubject」、「RemovePrivateProperty」 設定の内、3つのfalse応答があれば、準備完了です。

    Identity              : portertest.com/Users/49ers
    DeleteSubject         :False
    AddOrganizerToSubject :False
    RemovePrivateProperty :False
  • セッションを切断し、PowerShellを閉じます。

    Remove-PSSession $Session 

セクション:(8)カレンダーサービスをZoomに追加する

ExchangeカレンダーサービスをZoomアカウントに追加するには:

  1. ZoomウェブポータルにZoom Rooms管理者としてサインインします。
  2. Calendar Integration]を選択して、[ Add Calendar Service]をクリックします。
    Add a Calendar Service ]ダイアログが表示されます。
    Screen1_EmptyCalendarIntegrationPage.PNG
  3. Exchange セクションの [Add ]をクリックします。
    Exchangeダイアログが表示されます。
    Screen2_ExchangeDialog.PNG
  4. カレンダーサービスの専用ユーザーのメールアドレスとパスワードを入力します。
  5. Exchangeのバージョンを選択します。
  6. 必要に応じて、Exchangeのログインドメインを入力します。
  7. EWSサーバーのURLを入力します。必ずURLにhttps://を含めてください。
  8.  [Authorize]をクリックします。
    カレンダー統合ページに、追加したカレンダーサービスが表示されます。
    Screen3_ExchangeCalendarServiceAdded.PNG

    Zoom Roomでカレンダーリソースを設定するための情報に関しては、 Zoom Roomを追加 を参照してください。

この記事は役に立ちましたか?
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
Powered by Zendesk