重要なお知らせ: すべてのクライアントを今すぐZoom 5.0に更新してください。2020年5月30日の後には、Zoomプラットフォーム全体にまたがってGCM暗号化がフルに有効されるため、ミーティングに参加しようとする際に、すべての古いバージョンのZoomクライアントの強制アップグレードが行われます。こちらをクリックして、詳細をご覧ください。

注意: アクセス数が増加し、大変つながりにくくなっています。FAQ(よくある質問)の回答を閲覧したり、当社にお問合せいただくことはできますが、通常よりアクセスに時間がかかる可能性があります。ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解のほど、よろしくお願いします。



ミーティング参加時に「暗号化が必要です」を表示するメッセージ フォローする

概要

Zoomは、サードパーティー製エンドポイントに対して暗号化を要求します(H323/SIP)。この機能は、ミーティングのホストにより、またはすべてのメンバーに対してアカウントレベルで設定できます。この設定が選択されると、ミーティングにダイヤルインする際に、H.323/SIPデバイスが暗号化を使用する必要があります。

接続のためのオプション

このメッセージを受信した場合、このミーティングに接続するには2つのオプションがあります。

  1. H.323/SIPデバイスで暗号化をオンにする
  2. [サードパーティ製エンドポイント(H323/SIP)に対して暗号化を要求する]設定をオフにして、ミーティングを再開します。この設定をオフにする方法を調べる。

H.323/SIPデバイスで暗号化を有効にする:

Polycom HDXシリーズ(8~20ページおよび8~21ページ):Polycom HDXユーザーマニュアルl

Lifesize:SIP呼び出し / H.323呼び出し

Powered by Zendesk