登録が不要なウェビナーをスケジュールする

最終更新日:

登録が不要なウェビナーをスケジューリングすると、出席者は事前に Zoom アカウントの登録や作成が必要なく参加できますが、参加時に名前とメール アドレスの入力が必要になります。 この情報はレポートで使用できる場合があります。 

あるいは、登録が必要なウェビナーをスケジュールして、追加情報を収集することもできます。

登録が不要なウェビナーをスケジューリングするための前提条件

  • Zoom Webinars アドオン(500 名、1,000 名、3,000 名、5,000 名、10,000 名、50,000 名)を購入済みのライセンス ユーザー

登録が不要なウェビナーのスケジュール設定方法

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション メニュー内で、[ウェビナー] をクリックします。 
    スケジュールされたウェビナーのリストが表示されます
  3. [ウェビナーをスケジュールする] をクリックします。
  4. 次の設定を調整して、希望するウェビナー体験ができるようにします。
    • スケジュール: 別のユーザーのスケジュール特権を持っている場合は、ドロップダウン メニューからスケジュールするユーザーを選択できます。 また、ライセンス ユーザーで、ウェビナー アドオン ライセンスを持っている必要があります。 詳細については、スケジュール特権のページをご覧ください
    • トピック: ウェビナーの名前を入力します。
    • 説明: ウェビナーの説明を入力します(登録ページに表示されます)。
    • テンプレートの使用: 以前にウェビナー テンプレートを作成している場合、その 1 つを選択してこの新しいウェビナーに適用することができます。
    • 日時: ウェビナーの日付と時刻を選択します。
    • 期間: ウェビナーのおおよその所要時間を選択します。 これはスケジューリングのみを目的としており、この時間を過ぎてもウェビナーは終了しません。
    • タイムゾーン: デフォルトでは、Zoom は [プロフィール] で設定したタイムゾーンを使用します。 ドロップダウンをクリックすると、他のタイムゾーンを選択できます。
    • 定期的なウェビナー: ウェビナーを定期的なウェビナーにする場合は、チェック ボックスをオンにします。その場合、ミーティング ID は各セッションで同じままになります これにより、定期的なミーティングのオプションが追加で開きます。
      • 繰り返し: ウェビナーを繰り返す頻度を選択します(毎日毎週毎月、または固定時刻なし)。 定期的なウェビナーには、最大 50 件の固有なセッションを含めることができます。 50 回以上繰り返す必要がある場合は、[固定時刻なし] オプションを使用します。ただし、[固定時刻なし] での登録を利用することはできません。
      • その他の繰り返しオプションは、ウェビナーを繰り返す頻度によって異なります。 ウェビナーを設定した回数で終了するように設定したり、定期的なウェビナーを特定の日付で終了するように設定することができます。
    • このウェビナーを公開イベント リスト内に一覧表示する: アカウントで公開イベントリストが有効になっている場合、このオプションを選択すると、このウェビナーがリスト内に含まれます。
    • 登録: 登録を要求する場合は、チェック ボックスをオンにします。 登録が必要なウェビナーを繰り返し開催する場合は、次のいずれかのオプションを指定します。
      • 参加者は登録後はすべての定期ミーティングに参加することができる:登録者は、すべての繰り返しのミーティングに参加することができます。 ウェビナーのすべての日付と時刻の一覧が表示され、登録者はすべての予定に登録されます。
      • 参加者は参加する繰り返しのミーティングごとに登録する必要がある:登録者は、参加する繰り返しのミーティングごとに個別に登録する必要があります。 登録ページで日時を 1 回ずつ選択できます。
      • 参加者は一度登録すると、参加するイベントを複数選択できる:登録者は一度登録し、参加する繰り返しのミーティングを複数選択することができます。 参加する日時を選択する必要があり、その日時にのみ登録されます。 複数のオプションを選択できます。
    • 認証
    • ウェビナーのパスコード: ウェビナーへの参加にパスコードの入力を参加者に求める場合はチェック ボックスをオンにし、ここで必要なパスワードを編集します。 手動で参加する場合、参加者は、このパスコードを入力しないとウェビナーに参加できません。 これは登録確認メールに含まれており、そのメールのリンクをクリックして参加した場合、パスコードを入力する必要はありません。
    • ビデオ: ビデオをウェビナーで有効にするかどうかを選択します。
      • ホスト: ウェビナーに参加するときにホストのビデオをオンにするかオフにするかを選択します。 オフを選択していても、ホストにはビデオを開始するオプションがあります。
      • パネリスト: ウェビナーへの参加時にパネリストのビデオをオンにするかオフにするかを選択します。 オフを選択した場合、ウェビナー中にこの設定を変更しない限り、パネリストはビデオをオンにすることはできません。
    • オーディオ: ユーザーが電話のみ、コンピュータ オーディオのみ、電話とコンピュータ オーディオ(両方)、またはサードパーティのオーディオ(アカウントで有効な場合)で通話することを許可するかどうかを選択します。
      : 参加者に電話オプションを表示するには、管理者がアカウント レベルの設定 [ウェビナー参加者が上記の番号からダイヤルできるようにする] を有効にする必要があります。
    • ウェビナー オプション: ウェビナーをより詳細にコントロールできるその他オプションの横にあるチェック ボックスをオンにします。
      • Q&A: ウェビナーで質問と回答のパネルを使用します。 詳細については、「Q&A」をご覧ください。
      • 練習セッションを有効にする: ライブ配信ではなく、練習セッションでウェビナーを開始します。 詳細については、「練習セッション」をご覧ください。
      • HD ビデオを画面共有ビデオで有効にする
      • HD ビデオをに有効にする
      • パネリストのミュートを解除する許可をリクエストする: ウェビナーのパネリストは、ホストがパネリストのミュートを解除することを事前承認するかどうかを選択できます。 
      • ウェビナーをオンデマンドにする: これにより、ウェビナーは自動的にクラウドに記録され、リンクはすべての登録者と共有されます
      • ウェビナーを自動的にレコーディングする: このオプションをオンにすると、ウェビナーが自動的にレコーディングされます。 ウェビナーをローカルにレコーディングする(ホストがデスクトップコンピューターを介して参加する必要があります)か、または Zoom クラウドにレコーディングするかを選択します。
      • このウェビナーで他のデータセンター地域を有効にする: このウェビナーで参加者が接続する他のデータセンターをホストが指定できるようにします。 これは、出席者がホストとは異なる地域から参加する場合に便利で、出席者はより近くのデータセンターに接続できます。 
      • 特定の地域および国からのユーザーの参加を承認または拒否する: ホストは、特定の国/地域からの参加者のみを許可するか、ブロックするかを選択できます。
    • 代替ホスト: 不在中でもウェビナーを開始できるように、アカウントにライセンス付与されている別の Zoom ユーザーのメールアドレスを入力します。 有効にすると、[代替ホストによる投票の追加または編集を許可する] のチェック ボックスもオンにできるようになります。 この機能には、Zoom クライアント バージョン 5.8.0 以降が必要です。 詳細については、「代替ホスト」をご覧ください。
    • 言語通訳機能を有効にする: ウェブポータルで、あるいは Zoom セッション中に主催者がパネリストを通訳として指定できるようにする場合、チェックします。
  5. [スケジュール] をクリックします。
  6. これでウェビナーがスケジュールされます。
    [招待] タブにある [出席者を招待] セクションで、参加用リンクまたは完全な招待状をコピーして、出席者と共有できます。

注意: ウェビナーを会議に変換する場合は、ウェビナーをスケジュールした後、[ウェビナーのオプション] セクションの下にある [この ウェビナーを会議に変換する] をクリックします。 Q&A、複数回答の質問、ウェビナー関連のメール設定、アンケート、登録レポートなどのオプションは削除されます。

Zoom コミュニティ

Zoom コミュニティの 100,000 人のメンバーの一員になってください! Zoom アカウントの認証情報でログインして、コラボレーションを始めましょう。