ブレイクアウトルーム入門 フォローする

ビデオ

2017年 1月に公開

概要

ブレイクアウトルームは、Zoomミーティングを最大で50の別々のセッションに分割することができます。ミーティングのホストは、ミーティングの参加者を、これらの別々のセッションへ自動的にまたは手動で分割することを選択できます。そして、セッションをいつでも切り替えることができます。

  • 最大で50のブレイクアウトルームが作成可能
  • 1つのブレイクルームに最大で200名の参加者(大規模ミーティング200アドオンが必要)
  • ブレイクアウトルームの参加者には、完全なオーディオ、ビデオ、画面共有機能を提供

注意:  2017年11月4日以降、Zoom機能に 階層設定が利用できるようになりました。これまでに設定したブレイクアウトルーム機能の設定は、これからも同じ方法で動作します。管理者の変更は、この設定を使用するミーティングやウェビナーに影響する場合があります。

前提条件

  • Zoomアカウント
  • Zoomアプリケーションで バージョン3.5.31149.1102以降が実行されていること

注意:Zoom Rooms、 H.323、SIPデバイスはブレイクアウトルームに参加することはできません。ただし、メインルームをこれらのユーザー向けに代替セッションとして使用することはできます。 

ブレイクアウトルームを有効にする

自分のアカウントでブレイクアウトルームを有効にする

組織のすべてのメンバーに ブレイクアウトルーム 機能を有効にするには:

  1. アカウント設定を編集する権限を持つ管理者としてZoomウェブポータルにログインし、[ Account Settings]をクリックします。
  2.  [Meeting] タブの [Breakout Room] オプションに移動して、設定が有効になっていることを確認します。 
    設定が無効になっている場合は[Status]スイッチをクリックして有効にします。認証ダイアログが表示されたら、[ Turn On ]を選択して、変更を検証します。
    EnableBreakoutRooms_Account.png
  3. (オプション)アカウントのすべてのユーザーにこの設定を必須にするには、鍵型アイコンをクリックし、[ Lock ]をクリックして設定を確認します。

特定のグループでブレイクアウトルームを有効にする

特定のグループに ブレイクアウトルーム 機能を有効にするには:

  1. ユーザーグループを編集する権限を持つ管理者としてZoomウェブポータルにサインインし、 [Group Management]をクリックします。
  2. グループの名前をクリックして、 [Settings ]タブをクリックします。
  3.  [Meeting] タブの [Breakout Room] オプションに移動して、設定が有効になっていることを確認します。 
    設定が無効になっている場合は[Status]スイッチをクリックして有効にします。認証ダイアログが表示されたら、[ Turn On ]を選択して、変更を検証します。
    EnablingBreakoutRooms_Group.png
    注意: オプションがグレー表示されている場合は 、アカウントレベルでロックされており、そのレベルで変更する必要があります。
  4. (オプション)このグループのすべてのユーザーにこの設定を必須にするには、鍵型アイコンをクリックし、[ Lock ]をクリックして設定を確認します。

エンドユーザーとしてブレイクアウトルームを有効にする

自分向けにブレイクアウトルーム 機能を有効にするには:

  1. Zoomウェブポータルにサインインして、 [My Meeting Settings]をクリックするか (アカウント管理者である場合) または[ Meeting Settings ]をクリックします(アカウントメンバーである場合)。
  2.  [Meeting] タブの [Breakout Room] オプションに移動して、設定が有効になっていることを確認します。
    設定が無効になっている場合は[Status]スイッチをクリックして有効にします。認証ダイアログが表示されたら、[ Turn On ]を選択して、変更を検証します。
    EnableBreakoutRooms_EndUser.png
    注意: オプションがグレー表示されている場合は、グループレベルまたはアカウントレベルでロックされており、Zoom管理者に連絡する必要があります。

関連記事

この記事は役に立ちましたか?
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
Powered by Zendesk