Zoom では、新型コロナウイルスの感染が拡大する中、24 時間 365 日体制で世界中のお客様に最高のサポート体験を提供するため、努力を積み重ねています。 この継続的な取り組みの一環として、サポートガイドラインの最新版をご覧ください。

ブレイクアウト ルームの管理 フォローする

概要

ブレイクアウト ルームでは、Zoom ミーティングを最大 50 セッションに分割できます。 ミーティングのホストと共同ホストは、ミーティングの参加者を自動的か手動でこれらの別のセッションに分割するか、参加者に好きなブレイクアウト セッションを選択させることができます。 ホストと共同ホストは、複数のセッション間の切り替えをいつでも行えます。

:

前提条件

  • ブレイクアウト ルームが有効に設定されている
  • Zoom デスクトップ クライアントまたはウェブ クライアント
    • Windows: 3.5.31087.1102 以降
    • macOS: 3.5.31087.1102 以降
    • Linux: 2.0.81497.1116 以降
    • Chrome: 2.4.943.510 以降
  • ブレイクアウト ルームを自分で選択:
    • デスクトップ クライアントまたはモバイル アプリ: バージョン 5.3.0 以降。
    • ChromeOS: バージョン 5.0.0(4241.1207)以降
  • ブレイクアウト ルームの共同ホストとしてのフル コントロール:
    • Windows、macOS、Linux 向け Zoom デスクトップ クライアント、バージョン 5.4.6 以降

使用上の制限

デフォルトでは、ホストまたは共同ホストだけがブレイクアウト ルームに参加者を割り当てることができます。 参加者に自分のルームを選択させることもできますが、ブレイクアウト ルームを立ち上げている際にミーティング中に行う必要があります。

  ホスト 共同ホスト
ブレイクアウト ルームの割り当て*、開始、終了
複数のブレイクアウト ルーム間での移動
メッセージを全員に放送
サポートを受けられるようにリクエストを通知  

* ホストと共同ホストは、参加者をブレイクアウト ルームに割り当てられますが、[すべてのルームを開く] をクリックした際に、割り当ての最初に送信したセットのみが受け入れられます。

Zoom モバイルアプリまたは H.323/SIP デバイスで Zoom ミーティングに参加したユーザーは、ブレイクアウト ルームに参加できますが、管理することはできません。

ミーティングがクラウドに録画されている場合は、ミーティング ホストがどのルームにいるかに関係なく、メインルームのみを録画します。 ローカル録画を使用している場合、録画を実行している参加者がいるルームを録画します。 複数の参加者がローカルで録画することもできます。

ブレイクアウト ルームは最大 50 個まで作成できます。 ミーティングの定員、作成したブレイクアウト ルームの数、また参加者が割り当てられたのがミーティング中、またはミーティング前なのかによって、各ブレイクアウト ルームの定員は異なります。

以下の数値は、ミーティング中に作成されたブレイクアウト ルームのみに適用されます。 最大 200 名の参加者をブレイクアウト ルームに 事前に割り当てることができます。  

ブレイクアウト ルームの数 ブレイクアウト ルームに割り当て可能な参加者の最大人数*
ブレイクアウト ルーム 20室 参加者最大 500 名
ブレイクアウト ルーム 30 室 参加者最大 400 名
ブレイクアウト ルーム 50 室 参加者最大 200 名

* 一覧表示されている最大定員を確保するには大規模ミーティング アドオンが必要です。 大規模ミーティング アドオンがない場合、参加者の最大数はミーティングの定員により制限されます。

: Zoom サポートはアカウントのブレイクアウト ルームの最大定員を増やし、最大 100 のブレイクアウト ルームを利用できるようにできます。ブレイクアウト ルームごとに最大定員 1,000 まで対応できます(アカウントの制限により異なります)。 これには、すべての参加者が Zoom デスクトップ クライアント バージョン 5.2 以降を利用している必要があります。Zoom デスクトップ クラアント バージョン 5.2 以降を保持していない人がアカウントのミーティングに参加しようとすると、その人はミーティングに参加するためにバージョンをアップデートすることが求められます。 ユーザーが自分のコンピュータに対して管理者コントロールを保持していない場合、IT 部門のサポートを得て、クライアントを更新する必要があります。

ブレイクアウト ルームを作成する

: ミーティング中に参加者を管理するのではなく、ミーティングをスケジュール設定する際に参加者をブレイクアウト ルームに事前に割り当てることもできます。

  1. インスタントまたはスケジュール ミーティングを開始します。
  2. [ブレイクアウト ルーム] をクリックします。
  3. 作成したいブレイクアウト ルームの数、これらのルームに参加者を割り当てる方法を選択します。
  4. [ブレイクアウト ルームを作成する] をクリックします。
  5. ルームが作成されますが、自動的に開始されません。 以下の手順に従って、開始する前にルームを管理できます。

ブレイクアウト ルームのオプション

  1. ブレイクアウト ルームの作成後、[オプション](Windows)または歯車のアイオン(macOS)をクリックして、追加のブレイクアウト ルームのオプションを表示してください。
  2. ブレイクアウト ルームに使いたいオプションをチェックしてください。
    • [参加者にルームを選択させる]: ルームが立ち上げられたら、参加者は自分でルームを選択し、入室できます。 
    • 参加者はメイン セッションにいつでも戻ることができます: このオプションにチェックを入れた場合、参加者はミーティング コントロールからメイン セッションに戻ることができます。 これが無効になると、ホストまたは共同ホストがブレイクアウト ルームを終了するのを待つ必要があります。
    • [割り当てられている参加者全員をブレイクアウト ルームに自動的に移動]: このオプションを選択すると、全参加者がブレイクアウト ルームに自動的に移動されます。 このオプションのチェックを外した場合、参加者は [参加する] をクリックしなければ、ブレイクアウト ルームに追加されません。
    • [()分後にブレイクアウト ルームを自動的に閉じる]: このオプションが選択されていると、設定時間後にブレイクアウト ルームが自動的に終了します。
      • [時間になったら通知する]: このオプションを選択すると、ブレイクアウト ルームの終了時間になると、ホストと共同ホストは通知を受け取ります。
    • [カウントダウンのタイマーを設定]: このオプションを選択すると、メインルームに戻る前の残り時間がどれぐらいあるかを示すカウントダウンが参加者に表示されます。
  3. 以下の手順に従って参加者をルームに割り当てるか、[すべてのルームを開く] をクリックしてブレイクアウト ルームを開始します。

ルームに参加者を割り当てる

参加者をルームに割り当てる場合は、参加者を割り当てたいルームの隣の [割り当てる] を選択し、ルームに割り当てたい参加者を選択します。 各ルームでこの操作を繰り返します。

参加者の割り当てが終わったら(手動または自動)、参加者の数が [割り当てる] ボタンの場所に表示されます。

ブレイクアウト ルームを準備する

手動または自動で参加者をルームに割り当てたら、参加者を並び替えて整理することができます。 ブレイクアウト セッションに割り当てられていない参加者は、ルームが開始された後、メイン ミーティングに残ります。

  • 移動先(参加者): 参加者が移動するルームを選択します。
  • 交換(参加者): 他のルームの参加者を選択して、選択した参加者と入れ替えます。
  • ルームを削除: 選択したルームを削除します。
  • [再度作成]:
    • [すべてのルームを再度作成]: 既存のブレイクアウト ルームを削除して、ホスト / 共同ホストが新しいルームを作成できるようになります。
    • [事前に割り当てられたルームへ復元]: ブレイクアウト ルームを事前に割り当てられた調整内容で再度作成します。 これは、ブレイクアウト ルーム機能の事前割り当て機能を利用している場合のみ利用できます。  
  • ルームを追加: 別のブレイクアウト ルームを追加します。
  • 全てのルームを開ける: ルームを開始します。 すべての割り当てられている参加者が、ブレイクアウト ルームの参加するプロンプト画面を確認した後に、それぞれのルームに移動されます。 参加者に自分のルームを選択させる場合、ルームのリストを開いて、参加するルームを選択できます。 ブレイクアウトを立ち上げたホストか共同ホスト、ならびに元のホストは、ルームの 1 つに手動で参加するまで、メイン ミーティングに残されます。 参加者(および手動でルームに参加する場合のホスト / 共同ホスト)には、ブレイクアウト ルームに参加する際に次のメッセージが表示されます。

進行中のブレイクアウト ルームを管理する

ブレイクアウト ルームが開始されると、割り当てられている参加者はブレイクアウト セッションに参加することが求められます。ブレイクアウトを立ち上げたホストか共同ホスト、ならびに元のホストは、セッションに手動で参加するまで、メイン ミーティングに残されます。 参加者がセッションに参加していない場合、名前の隣に [(不参加)] というメモが表示されます。

  • 参加: ブレイクアウト ルームに参加します。
  • 退出: ルームを退出して、メインのミーティングに戻ります(ブレイクアウト ルームに入室中のみ表示されます)。
  • [全てのルームを閉じる]: ホスト、共同ホスト、参加者に 60 秒間のカウントダウンを表示した後、すべてのルームを停止し、すべての参加者をメイン ミーティングに戻します。

ヘルプのリクエストに回答する

ブレイクアウト ルームの参加者は、[ヘルプを求める
] をクリックして、ホストにミーティングに参加するようリクエストすることができます。

リクエストが発行されたルームに参加するよう促すダイアログがホストに表示されます。 [ブレイクアウト ルームに参加する] をクリックして、ルームに参加します。

メッセージをすべてのブレイクアウト ルームへ配信する

ホストと共同ホストは、メッセージをすべてのブレイクアウト ルームに配信し、全参加者に情報を共有します。 これは、メイン セッション、あるいはブレイクアウト ルームから実行できます。

  1. ミーティング コントロールで [ブレイクアウト ルーム] をクリックします。
  2. [全員にメッセージを配信する] をクリックしてメッセージを入力し、[配信する] をクリックします。
  3. メッセージはブレイクアウト ルームの全参加者に表示されます。

ブレイクアウト ルームを作成する

  1. インスタントまたはスケジュール ミーティングを開始します。
  2. [ブレイクアウト ルーム] をクリックします。
  3. 作成したいブレイクアウト ルームの数、これらのルームに参加者を割り当てる方法を選択します。
  4. [ルームを作成する] をクリックします。

    ルームが作成されますが、自動的に開始されません。 開始する前にルームを管理できます。

ブレイクアウト ルームのオプション

  1. ブレイクアウト ルームの作成後、 をクリックして、追加のブレイクアウト ルーム オプションを表示します。
  2. ブレイクアウト ルームに使いたいオプションをチェックしてください。
    • [参加者にルームを選択させる]: ルームが立ち上げられたら、参加者は自分でルームを選択し、入室できます。 
    • 参加者はメイン セッションにいつでも戻ることができます: このオプションにチェックを入れた場合、参加者はミーティング コントロールからメイン セッションに戻ることができます。 これが無効になると、ホスト / 共同ホストがブレイクアウト ルームを終了するのを待つ必要があります。
    • [割り当てられている参加者全員をブレイクアウト ルームに自動的に移動]: このオプションを選択すると、全参加者がブレイクアウト ルームに自動的に移動されます。 このオプションのチェックを外した場合、参加者は [参加する] をクリックしなければ、ブレイクアウト ルームに追加されません。
    • [()分後にブレイクアウト ルームを自動的に閉じる]: このオプションが選択されていると、設定時間後にブレイクアウト ルームが自動的に終了します。
      • [時間になったら通知する]: このオプションを選択すると、ブレイクアウト ルームの終了時間になると、ホストと共同ホストは通知を受け取ります。
    • [カウントダウンのタイマーを設定]: このオプションを選択すると、メインルームに戻る前の残り時間がどれぐらいあるかを示すカウントダウンが参加者に表示されます。
  3. 以下の手順に従って参加者をルームに割り当てるか、[すべてのルームを開く] をクリックしてブレイクアウト ルームを開始します。

ルームに参加者を割り当てる

参加者をルームに割り当てるには、参加者を割り当てたいルームの隣の [割り当てる] を選択し、ルームに割り当てる参加者を選択します。 各ルームでこの操作を繰り返します。

参加者の割り当てが終わったら(手動または自動)、参加者の数が [割り当てる] ボタンの場所に表示されます。

ブレイクアウト ルームを準備する

手動または自動で参加者をルームに割り当てたら、参加者を並び替えて整理することができます。 ブレイクアウト セッションに割り当てられていない参加者は、ルームが開始された後、メイン ミーティングに残ります。

  • 移動先(参加者): 参加者が移動するルームを選択します。
  • 交換(参加者): 他のルームの参加者を選択して、選択した参加者と入れ替えます。
  • ルームを削除: 選択したルームを削除します。
  • [再度作成]: 既存のブレイクアウト ルームを削除して、ホスト / 共同ホストが新しいルームを作成できるようになります。
  • ルームを追加: 別のブレイクアウト ルームを追加します。
  • 全てのルームを開ける: ルームを開始します。 すべての割り当てられている参加者が、ブレイクアウト ルームの参加するプロンプト画面を確認した後に、それぞれのルームに移動されます。 参加者に自分のルームを選択させる場合、ルームのリストを開いて、参加するルームを選択できます。 ブレイクアウトを立ち上げたホストか共同ホスト、ならびに元のホストは、ルームの 1 つに手動で参加するまで、メイン ミーティングに残されます。 参加者(および手動でルームに参加する場合のホスト)は、ブレイクアウト ルームに参加する際、以下のメッセージを受け取ります。

進行中のブレイクアウト ルームを管理する

ブレイクアウト ルームが開始されると、割り当てられている参加者はブレイクアウト セッションに参加することが求められます。 ブレイクアウトを立ち上げたホストか共同ホスト、ならびに元のホストは、セッションに手動で参加するまで、メイン ミーティングに残されます。 参加者がセッションに参加していない場合、名前の隣に [(不参加)] というメモが表示されます。

  • 参加: ブレイクアウト ルームに参加します。
  • 退出: ルームを退出して、メインのミーティングに戻ります(ブレイクアウト ルームに入室中のみ表示されます)。
  • [全てのルームを閉じる]: ホスト、共同ホスト、参加者に 60 秒間のカウントダウンを表示した後、すべてのルームを停止し、すべての参加者をメイン ミーティングに戻します。

ヘルプのリクエストに回答する

ブレイクアウト ルームの参加者は、[ヘルプを求める
] をクリックして、ホストにミーティングに参加するようリクエストすることができます。

リクエストが発行されたルームに参加するよう促すダイアログがホストに表示されます。 [ブレイクアウト ルームに参加する] をクリックして、ルームに参加します。

メッセージをすべてのブレイクアウト ルームへ配信する

ホストと共同ホストは、メッセージをすべてのブレイクアウト ルームに配信し、全参加者に情報を共有します。

  1. ミーティング コントロールで [ブレイクアウト ルーム] をクリックします。
  2. [全員にメッセージを配信する] をクリックしてメッセージを入力し、[配信する] をクリックします。
  3. メッセージはブレイクアウト ルームの全参加者に表示されます。

Zoom ウェブ クライアントを使用する場合は、このセクションの手順に従ってください。

ブレイクアウト ルームを作成する

: ミーティング中に参加者を管理するのではなく、ミーティングをスケジュール設定する際に参加者をブレイクアウト ルームに事前に割り当てることもできます。

  1. インスタントまたはスケジュール ミーティングを開始します。
  2. [ブレイクアウト ルーム] をクリックします。
  3. 作成したいブレイクアウト ルームの数、これらのルームに参加者を割り当てる方法を選択します。
    • 自動: Zoom が参加者を各ルームに参加者を平等に割り当てます。
    • 手動: 各ルームに割り当てる参加者を選択します。
  4. [ブレイクアウト ルームを作成]
    をクリックします。ルームが作成されますが、自動的に開始されません。 以下の手順に従って、開始する前にルームを管理できます。

ブレイクアウト ルームのオプション

  1. ブレイクアウト ルームを作成後、[オプション] をクリックし、他のブレイクアウト ルームオプションを表示します。
  2. ブレイクアウト ルームに使いたいオプションをチェックしてください。
    • [全参加者を自動的にブレイクアウト ルームに移動する]: このオプションにチェックを入れると、自動的に全参加者がブレイクアウト ルームに移動します。 このオプションのチェックを外した場合、参加者は [参加する] をクリックしなければ、ブレイクアウト ルームに追加されません。
    • 参加者はメイン セッションにいつでも戻ることができます: このオプションにチェックを入れた場合、参加者はミーティング コントロールからメイン セッションに戻ることができます。 これが無効になると、ホストまたは共同ホストがブレイクアウト ルームを終了するのを待つ必要があります。
    • ブレイクアウト ルームは X 分後に自動的に終了: このオプションにチェックを入れた場合、設定した時間になると、自動的にブレイクアウト ルームが終了します。
      • 時間になったら通知する: このオプションにチェックを入れた場合、ブレイクアウト ルームの終了時間になると、ホストは通知を受け取ります。
    • ブレイクアウト ルームを閉じた後、カウントダウンする: このオプションにチェックを入れた場合、参加者がメインルームに戻るまでの残り時間を示すカウントダウンが始まります。
  3. 以下の手順に従って参加者をルームに割り当てるか、[すべてのルームを開く] をクリックしてブレイクアウト ルームを開始します。

ルームに参加者を割り当てる

参加者をルームに割り当てるには、参加者を割り当てたいルームの隣の [割り当てる] を選択し、ルームに割り当てる参加者を選択します。 各ルームでこの操作を繰り返します。

参加者の割り当てが終わったら(手動または自動)、参加者の数が [割り当てる] ボタンの場所に表示されます。

ブレイクアウト ルームを準備する

手動または自動で参加者をルームに割り当てたら、参加者を並び替えて整理することができます。 ブレイクアウト セッションに割り当てられていない参加者は、ルームが開始された後、メイン ミーティングに残ります。

  • 移動先(参加者): 参加者が移動するルームを選択します。
  • 交換(参加者): 他のルームの参加者を選択して、選択した参加者と入れ替えます。
  • ルームを削除: 選択したルームを削除します。
  • [再度作成]: 既存のブレイクアウト ルームを削除して、ホストが新しいルームを作成できるようになります。
  • ルームを追加: 別のブレイクアウト ルームを追加します。
  • 全てのルームを開ける: ルームを開始します。 ブレイクアウト ルームに参加するプロンプトを確認した後、参加者全員がそれぞれのルームに移動します。 手動でいずれかのルームに参加するまで、ホストはメイン ミーティングに残ります。 参加者(および手動でルームに参加する場合のホスト)は、ブレイクアウト ルームに参加する際、以下のメッセージを受け取ります。

進行中のブレイクアウト ルームを管理する

ブレイクアウト ルームを開始したら、ブレイクアウト セッションに参加するかどうかを参加者に尋ねるダイアログが表示されます。 セッションに手動で参加するまで、ホストはメイン ミーティングに残ります。 参加者がセッションに参加していない場合、名前の隣に [(不参加)] というメモが表示されます。

  • 参加: ブレイクアウト ルームに参加します。
  • 退出: ルームを退出して、メインのミーティングに戻ります(ブレイクアウト ルームに入室中のみ表示されます)。
  • 全てのルームを閉じる: ホストと参加者に 60 秒間のカウントダウンを表示した後、すべてのルームを停止し、すべての参加者をメイン ミーティングに戻します。

ヘルプのリクエストに回答する

ブレイクアウト ルームの参加者は、[ヘルプを求める
] をクリックして、ホストにミーティングに参加するようリクエストすることができます。

リクエストが発行されたルームに参加するよう促すダイアログがホストに表示されます。 [ブレイクアウト ルームに参加する] をクリックして、ルームに参加します。

メッセージをすべてのブレイクアウト ルームへ配信する

ホストは、メッセージをすべてのブレイクアウト ルームへ配信して、すべての参加者と情報を共有することができます。

  1. ミーティング コントロールで [ブレイクアウト ルーム] をクリックします。
  2. [全員にメッセージを配信する] をクリックしてメッセージを入力し、[配信する] をクリックします。
  3. メッセージはブレイクアウト ルームの全参加者に表示されます。

ブレイクアウト ルームを作成する

  1. インスタントまたはスケジュール ミーティングを開始します。
  2. [ブレイクアウト ルーム] をクリックします。
  3. 作成したいブレイクアウト ルームの数、これらのルームに参加者を割り当てる方法を選択します。
    • 自動: Zoom が参加者を各ルームに参加者を平等に割り当てます。
    • 手動: 各ルームに割り当てる参加者を選択します。
  4. [ルームを作成する] をクリックします。

    ルームが作成されますが、自動的に開始されません。 開始する前にルームを管理できます。

ルームに参加者を割り当てる

参加者をルームに割り当てるには、参加者を割り当てたいルームの隣の [割り当てる] を選択し、ルームに割り当てる参加者を選択します。 各ルームでこの操作を繰り返します。

参加者の割り当てが終わったら(手動または自動)、参加者の数が [割り当てる] ボタンの場所に表示されます。

ブレイクアウト ルームを準備する

手動または自動で参加者をルームに割り当てたら、参加者を並び替えて整理することができます。 ブレイクアウト セッションに割り当てられていない参加者は、ルームが開始された後、メイン ミーティングに残ります。

  • 移動先(参加者): 参加者が移動するルームを選択します。
  • 交換(参加者): 他のルームの参加者を選択して、選択した参加者と入れ替えます。
  • ルームを削除: 選択したルームを削除します。
  • [再度作成]: 既存のブレイクアウト ルームを削除して、ホストが新しいルームを作成できるようになります。
  • ルームを追加: 別のブレイクアウト ルームを追加します。
  • 全てのルームを開ける: ルームを開始します。 すべての割り当てられている参加者が、ブレイクアウト ルームの参加するプロンプト画面を確認した後に、それぞれのルームに移動されます。 手動でいずれかのルームに参加するまで、ホストはメイン ミーティングに残ります。 参加者(および手動でルームに参加する場合のホスト)は、ブレイクアウト ルームに参加する際、以下のメッセージを受け取ります。

進行中のブレイクアウト ルームを管理する

ブレイクアウト ルームが開始されると、割り当てられている参加者はブレイクアウト セッションに参加することが求められます。 セッションに手動で参加するまで、ホストはメイン ミーティングに残ります。 参加者がセッションに参加していない場合、名前の隣に [(不参加)] というメモが表示されます。

  • 参加: ブレイクアウト ルームに参加します。
  • 退出: ルームを退出して、メインのミーティングに戻ります(ブレイクアウト ルームに入室中のみ表示されます)。
  • 全てのルームを閉じる: ホストと参加者に 60 秒間のカウントダウンを表示した後、すべてのルームを停止し、すべての参加者をメイン ミーティングに戻します。

ヘルプのリクエストに回答する

ブレイクアウト ルームの参加者は、[ヘルプを求める
] をクリックして、ホストにミーティングに参加するようリクエストすることができます。

リクエストが発行されたルームに参加するよう促すダイアログがホストに表示されます。 [ブレイクアウト ルームに参加する] をクリックして、ルームに参加します。

メッセージをすべてのブレイクアウト ルームへ配信する

ホストは、メッセージをすべてのブレイクアウト ルームへ配信して、すべての参加者と情報を共有することができます。

  1. ミーティング コントロールで [ブレイクアウト ルーム] をクリックします。
  2. [全員にメッセージを配信する] をクリックしてメッセージを入力し、[配信する] をクリックします。
  3. メッセージはブレイクアウト ルームの全参加者に表示されます。
Powered by Zendesk