注意: アクセス数が増加し、大変つながりにくくなっています。FAQ(よくある質問)の回答を閲覧したり、当社にお問合せいただくことはできますが、通常よりアクセスに時間がかかる可能性があります。ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解のほど、よろしくお願いします。



ブレークアウトルームの管理 フォローする

概要

ブレークアウトルームでは、Zoomミーティングを最大50セッションに分割できます。ミーティングのホストは、参加者を個別のセッションに自動または手動で分割し、いつでもセッションを切り替えることができます。

前提条件

使用上の制限

参加者にブレークアウトルームを割り当てられるのはホストだけです。共同ホストは、ホストによって割り当てられたブレークアウトルームに参加する場合のみ、ブレークアウトルームを退出または参加できます。

ZoomモバイルアプリまたはH.323/SIPデバイスからZoomミーティングに参加したユーザーは、ブレークアウトルームに参加できますが、管理することはできません。Zoom Roomsを使用して参加したユーザーはブレークアウトルームに参加できませんが、この種類のユーザーの代替セッションとしてメインルームを使用することができます。

ミーティングがクラウドに録画されている場合は、ミーティングホストがどのルームにいるかに関係なく、メインルームのみを録画します。ローカル録画を使用している場合、録画を実行している参加者がいるルームを録画します。複数の参加者がローカルで録画することもできます。

ブレークアウトルームは最大50個まで作成できます。ミーティングの定員、作成したブレークアウトルームの数、また参加者が割り当てられたのがミーティング中、またはミーティング前なのかによって、各ブレークアウトルームの定員は異なります。

以下の数値は、ミーティング中に作成されたブレークアウトルームのみに適用されます。最大200名の参加者をブレークアウトルームに事前割り当てできる。  

ブレークアウトルームの数 ブレークアウトルームに割り当てられた参加者の最大人数*
ブレークアウトルーム 20室 参加者最大500名
ブレークアウトルーム 30室 参加者最大400名
ブレークアウトルーム 50室 参加者最大200名

最大収容人数を記載している場合は、大規模ミーティングのアドオンが必要です。大規模ミーティングのアドオンがない場合は、最大参加者数はミーティングの定員によって制限されます。 

 

ブレークアウトルームを作成する

注意:ミーティング中に参加者を管理するのではなく、ミーティングをスケジュール設定する際に参加者をブレークアウトルームに事前に割り当てることもできます。

  1. インスタントまたはスケジュールされたミーティングを開始します。
  2. ブレークアウトルームをクリックします。
  3. 作成したいブレークアウトルームの数、これらのルームに参加者を割り当てる方法を選択します。
    • 自動:Zoomが参加者を各ルームに参加者を平等に割り当てます。
    • 手動:各ルームに割り当てる参加者を選択します。
  4. ブレークアウトルームを作成するをクリックします。
  5. ルームが作成されますが、自動的に開始されません。以下の手順に従って、開始する前にルームを管理できます。

ブレークアウトルームのオプション

  1. ブレークアウトルームを作成後、オプションをクリックし、他のブレークアウトルームオプションを表示します。
  2. ブレークアウトルームに使いたいオプションをチェックしてください。
    • 全参加者を自動的にブレークアウトルームに移動する このオプションにチェックを入れると、自動的に全参加者がブレークアウトルームに移動します。このオプションのチェックを外した場合、参加者は参加するをクリックしなければ、ブレークアウトルームに追加されません。
    • 参加者はメインセッションにいつでも戻ることができます:このオプションにチェックを入れた場合、参加者はミーティングコントロールからメインセッションに戻ることができます。これを無効にしている場合、ホストが操作するまでブレークアウトルームを終了することはできません。
    • ブレークアウトルームはX分後に自動的に終了 このオプションにチェックを入れた場合、設定した時間になると、自動的にブレークアウトルームが終了します。
    • 時間になったら通知する:このオプションにチェックを入れた場合、ブレークアウトルームの終了時間になると、ホストは通知を受け取ります。
    • ブレークアウトルームを閉じた後、カウントダウンする:このオプションにチェックを入れた場合、参加者がメインルームに戻るまでの残り時間を示すカウントダウンが始まります。
  3. 以下の手順に従って参加者をルームに割り当てるか、すべてのルームを開くをクリックしてブレークアウトルームを開始します。

ルームに参加者を割り当てる

参加者をルームに割り当てる場合は、参加者を割り当てたいルームの隣の割り当てるを選択し、ルームに割り当てたい参加者を選択します。各ルームでこの操作を繰り返します。

参加者の割り当てが終わったら(手動または自動)、参加者の数が割り当てるボタンの場所に表示されます。

ブレークアウトルームを準備する

手動または自動で参加者をルームに割り当てたら、参加者を並び替えて整理することができます。ブレークアウトセッションに割り当てられていない参加者は、ルームが開始された後、メインミーティングに残ります。

  • 移動先(参加者):参加者が移動するルームを選択します。
  • 交換(参加者):他のルームの参加者を選択して 、選択した参加者と入れ替えます。
  • ルームを削除:選択した ルームを削除します。
  • 再作成:既存のブレークアウトルームを削除して、新しいルームを作成します。
  • ルームを追加:別のブレークアウトルームを追加します。
  • 全てのルームを開ける:ルームを開始します。ブレークアウトルームに参加するプロンプトを確認した後、参加者全員がそれぞれのルームに移動します。手動でいずれかのルームに参加するまで、ホストはメインミーティングに残ります。参加者(および手動でルームに参加する場合のホスト)には、ブレークアウトルームに参加する際、以下のメッセージを受け取ります。

進行中のブレークアウトルームを管理する

ブレークアウトルームを開始したら、ブレークアウトセッションに参加するかどうかを参加者に尋ねるダイアログが表示されます。セッションに手動で参加するまで、ホストはメインミーティングに残ります。参加者がセッションに参加していない場合、名前の隣に(不参加)というメモが表示されます。

  • 参加:ブレークアウトルームに参加します。
  • 退出:ルームを退出して、メインのミーティングに戻ります(ブレークアウトルームに入室中のみ表示されます)。
  • 全てのルームを閉じる:ホストと参加者に60秒間のカウントダウンを表示した後、すべてのルームを停止し、すべての参加者をメインミーティングに戻します。

ヘルプのリクエストに回答する

ブレイクアウトルームの参加者は、ヘルプを求めるをクリックして、ホストにミーティングに参加するようリクエストすることができます。

リクエストが発行されたルームに参加するよう促すダイアログがホストに表示されます。ブレークアウトルームに参加するをクリックして、ルームに参加します。

メッセージをすべてのブレークアウトルームへ配信する

ホストは、メッセージをすべてのブレークアウトルームへ配信して、すべての参加者と情報を共有することができます。

  1. ミーティングコントロールでブレークアウトルームをクリックします。
  2. 全員にメッセージを配信するをクリックしてメッセージを入力し、配信するをクリックします。
  3. メッセージはブレークアウトルームの全参加者に表示されます。

ブレークアウトルームを作成する

  1. インスタントまたはスケジュールされたミーティングを開始します。
  2. ブレークアウトルームをクリックします。
  3. 作成したいブレークアウトルームの数、これらのルームに参加者を割り当てる方法を選択します。
    • 自動:Zoomが参加者を各ルームに参加者を平等に割り当てます。
    • 手動:各ルームに割り当てる参加者を選択します。
  4. ブレイクアウトルームを作成するをクリックします。

    ルームが作成されますが、自動的に開始されません。開始する前にルームを管理できます。

ルームに参加者を割り当てる

参加者をルームに割り当てるには、参加者を割り当てたいルームの隣の割り当てるを選択し、ルームに割り当てる参加者を選択します。各ルームでこの操作を繰り返します。

参加者の割り当てが終わったら(手動または自動)、参加者の数が割り当てるボタンの場所に表示されます。

ブレークアウトルームを準備する

手動または自動で参加者をルームに割り当てたら、参加者を並び替えて整理することができます。ブレークアウトセッションに割り当てられていない参加者は、ルームが開始された後、メインミーティングに残ります。

  • 移動先(参加者):参加者が移動するルームを選択します。
  • 交換(参加者):他のルームの参加者を選択して 、選択した参加者と入れ替えます。
  • ルームを削除:選択した ルームを削除します。
  • 再作成:既存のブレークアウトルームを削除して、新しいルームを作成します。
  • ルームを追加:別のブレークアウトルームを追加します。
  • 全てのルームを開ける:ルームを開始します。ブレークアウトルームに参加するプロンプトを確認した後、参加者全員がそれぞれのルームに移動します。手動でいずれかのルームに参加するまで、ホストはメインミーティングに残ります。参加者(および手動でルームに参加する場合のホスト)には、ブレークアウトルームに参加する際、以下のメッセージを受け取ります。

進行中のブレークアウトルームを管理する

ブレークアウトルームを開始したら、ブレークアウトセッションに参加するかどうかを参加者に尋ねるダイアログが表示されます。セッションに手動で参加するまで、ホストはメインミーティングに残ります。参加者がセッションに参加していない場合、名前の隣に(不参加)というメモが表示されます。

  • 参加:ブレークアウトルームに参加します。
  • 退出:ルームを退出して、メインのミーティングに戻ります(ブレークアウトルームに入室中のみ表示されます)。
  • 全てのルームを閉じる:ホストと参加者に60秒間のカウントダウンを表示した後、すべてのルームを停止し、すべての参加者をメインミーティングに戻します。

ヘルプのリクエストに回答する

ブレイクアウトルームの参加者は、ヘルプを求めるをクリックして、ホストにミーティングに参加するようリクエストすることができます。

リクエストが発行されたルームに参加するよう促すダイアログがホストに表示されます。ブレークアウトルームに参加するをクリックして、ルームに参加します。

メッセージをすべてのブレークアウトルームへ配信する

ホストは、メッセージをすべてのブレークアウトルームへ配信して、すべての参加者と情報を共有することができます。

  1. ミーティングコントロールでブレークアウトルームをクリックします。
  2. 全員にメッセージを配信するをクリックしてメッセージを入力し、配信するをクリックします。
  3. メッセージはブレークアウトルームの全参加者に表示されます。

Zoomウェブクライアントを使用する場合は、このセクションの手順に従ってください。

ブレークアウトルームを作成する

注意:ミーティング中に参加者を管理するのではなく、ミーティングをスケジュール設定する際に参加者をブレークアウトルームに事前に割り当てることもできます。

  1. インスタントまたはスケジュールされたミーティングを開始します。
  2. ブレークアウトルームをクリックします。
  3. 作成したいブレークアウトルームの数、これらのルームに参加者を割り当てる方法を選択します。
    • 自動:Zoomが参加者を各ルームに参加者を平等に割り当てます。
    • 手動:各ルームに割り当てる参加者を選択します。
  4. ブレークアウトルームを作成するをクリックします。
    ルームが作成されますが、自動的に開始されません。以下の手順に従って、開始する前にルームを管理できます。

ブレークアウトルームのオプション

  1. ブレークアウトルームを作成後、オプションをクリックし、他のブレークアウトルームオプションを表示します。
  2. ブレークアウトルームに使いたいオプションをチェックしてください。
    • 全参加者を自動的にブレークアウトルームに移動する: このオプションにチェックを入れると、自動的に全参加者がブレークアウトルームに移動します。このオプションのチェックを外した場合、参加者は参加するをクリックしなければ、ブレークアウトルームに追加されません。
    • 参加者はメインセッションにいつでも戻ることができます:このオプションにチェックを入れた場合、参加者はミーティングコントロールからメインセッションに戻ることができます。これを無効にしている場合、ホストが操作するまでブレークアウトルームを終了することはできません。
    • ブレークアウトルームはX分後に自動的に終了: このオプションにチェックを入れた場合、設定した時間になると、自動的にブレークアウトルームが終了します。
    • 時間になったら通知する:このオプションにチェックを入れた場合、ブレークアウトルームの終了時間になると、ホストは通知を受け取ります。
    • ブレークアウトルームを閉じた後、カウントダウンする:このオプションにチェックを入れた場合、参加者がメインルームに戻るまでの残り時間を示すカウントダウンが始まります。
  3. 以下の手順に従って参加者をルームに割り当てるか、すべてのルームを開くをクリックしてブレークアウトルームを開始します。

ルームに参加者を割り当てる

参加者をルームに割り当てるには、参加者を割り当てたいルームの隣の割り当てるを選択し、ルームに割り当てる参加者を選択します。各ルームでこの操作を繰り返します。

参加者の割り当てが終わったら(手動または自動)、参加者の数が割り当てるボタンの場所に表示されます。

ブレークアウトルームを準備する

手動または自動で参加者をルームに割り当てたら、参加者を並び替えて整理することができます。ブレークアウトセッションに割り当てられていない参加者は、ルームが開始された後、メインミーティングに残ります。

  • 移動先(参加者):参加者が移動するルームを選択します。
  • 交換(参加者):他のルームの参加者を選択して 、選択した参加者と入れ替えます。
  • ルームを削除:選択した ルームを削除します。
  • 再作成:既存のブレークアウトルームを削除して、新しいルームを作成します。
  • ルームを追加:別のブレークアウトルームを追加します。
  • 全てのルームを開ける:ルームを開始します。ブレークアウトルームに参加するプロンプトを確認した後、参加者全員がそれぞれのルームに移動します。手動でいずれかのルームに参加するまで、ホストはメインミーティングに残ります。参加者(および手動でルームに参加する場合のホスト)には、ブレークアウトルームに参加する際、以下のメッセージを受け取ります。

進行中のブレークアウトルームを管理する

ブレークアウトルームを開始したら、ブレークアウトセッションに参加するかどうかを参加者に尋ねるダイアログが表示されます。セッションに手動で参加するまで、ホストはメインミーティングに残ります。参加者がセッションに参加していない場合、名前の隣に(不参加)というメモが表示されます。

  • 参加:ブレークアウトルームに参加します。
  • 退出:ルームを退出して、メインのミーティングに戻ります(ブレークアウトルームに入室中のみ表示されます)。
  • 全てのルームを閉じる:ホストと参加者に60秒間のカウントダウンを表示した後、すべてのルームを停止し、すべての参加者をメインミーティングに戻します。

ヘルプのリクエストに回答する

ブレイクアウトルームの参加者は、ヘルプを求めるをクリックして、ホストにミーティングに参加するようリクエストすることができます。

リクエストが発行されたルームに参加するよう促すダイアログがホストに表示されます。ブレークアウトルームに参加するをクリックして、ルームに参加します。

メッセージをすべてのブレークアウトルームへ配信する

ホストは、メッセージをすべてのブレークアウトルームへ配信して、すべての参加者と情報を共有することができます。

  1. ミーティングコントロールでブレークアウトルームをクリックします。
  2. 全員にメッセージを配信するをクリックしてメッセージを入力し、配信するをクリックします。
  3. メッセージはブレークアウトルームの全参加者に表示されます。
Powered by Zendesk