高度なチャット暗号化

最終更新日:

高度なチャット暗号化により、Zoom ユーザー間のチャット メッセージを安全に送信します。 メッセージの暗号化により、すべてのチャットメッセージを TLS 1.2 と高度暗号化標準(AES)256 ビットのアルゴリズムで暗号化します。

この記事の内容:

前提条件

  • Zoom デスクトップ クライアント
    • Windows: 4.1.8826.0925 以上
    • macOS: 4.1.8826.0925 以上
  • Zoom モバイルアプリ
    • Android: 4.1.8855.0925 以上
    • iOS: 4.1.8855.0925 以上

高度なチャット暗号化が有効な場合と無効な場合の違い

高度なチャット暗号化が有効な場合:

  • 保存中のデータ: コンテンツは、チャット参加者のデバイス上で生成され、運用されているキーによって暗号化されます。
  • 送信中のデータ: 送信中のチャットは TLS を使用して暗号化されます

高度なチャット暗号化が無効な場合:

  • 保存中のデータ: チャット コンテンツは、AWS KMS を備えた弊社の AWS サーバー上で生成され、運用されているキーによって暗号化されます。
  • 送信中のデータ: 送信中のチャットは TLS を使用して暗号化されます

高度なチャット暗号化を有効にした後の制限事項

高度なチャット暗号化を有効にすると、ユーザーや管理者は以下のチャット機能を使用できなくなります。

ユーザー

  • アニメーション GIF の送信
  • 右側のパネルにファイル / 画像を表示(情報アイコンをクリックするとこのパネルが表示されます)
  • 送信済みメッセージを編集
  • チャット通知でメッセージ プレビューを表示
  • チャット メッセージのブックマーク
  • チャット履歴の検索**
  • URL 付きのチャット メッセージのリンク プレビューの表示**
    : デフォルトではリンク プレビューは無効になっていますが、管理者が有効にすることができます。

管理者

**注: リンク プレビューとチャット履歴の検索は、Windows、macOS、Android、iOS 用のバージョン 5.8.0 以降を使用している場合にサポートされます。 

高度なチャット暗号化を有効にする

: 2021 年 8 月 21 日以降に新しい Zoom アカウントをサインアップした場合、またはお使いのアカウントで新しい管理エクスペリエンスが有効になっている場合、[チャット グループ] は [グループ] に統合されています。 グループの作成方法およびグループ設定の変更方法についてご確認ください。

組織のすべてのメンバーに対して高度なチャット暗号化を有効にするには:

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション パネルで、[アカウント管理]、[チャット管理] の順にクリックします。
  3. [チャット設定] タブをクリックします。
  4. [高度なチャット暗号化を有効にする] オプションが有効になっていることを確認します。
    設定が無効になっている場合は、トグルをクリックして有効にします。 認証ダイアログが表示されたら、[オンにする] を選択して、変更を確認します。
  5. (オプション)高度なチャット暗号化を有効にする場合、[リンク プレビューの有効化] チェック ボックスを選択して、リンク プレビューを有効にします。
    有効にした場合、リンクを含むチャット メッセージを送受信するユーザーにリンク プレビューが表示されます。 ローカル アプリケーションによって、送信者のメッセージが暗号化される前にメッセージ内のリンクが検出され、送信者と受信者の間でプレビューが共有されます。 このリンク プレビュー機能によって検出されるのは URL のみで、URL は http:// または https:// に一致し、その後に空でないスペースが続いている必要があります。 この機能はデフォルトでは無効になっています。

暗号化されたチャットを使用する

高度なチャット暗号化を有効にすると、Zoom デスクトップ クライアントとモバイルアプリのタブ内のチャットに、高度なチャット暗号化が有効であることを示すロックアイコンが表示されます。

ユーザーが Zoom を開くまで、暗号化されたチャットは表示されません。 暗号化されたチャットを受領したことが通知(ロック画面を含む)に表示されます。

Zoom コミュニティ

Zoom コミュニティの 100,000 人のメンバーの一員になってください! Zoom アカウントの認証情報でログインして、コラボレーションを始めましょう。