Zoom コミュニティが登場しました!
Zoom コミュニティでは、Zoom のすべてのお客様が集まり、質問をしたり、解決策を見つけたり、仲間とコラボレーションしたりすることができます。
コラボレーションを始めるには、Zoom アカウント情報でログインしてください。

リモート サポート セッション フォローする

概要

リモート サポート セッションでは、Windows または macOS コンピュータを遠隔操作して、再起動することができます。 サポート セッションを開始したユーザーが可能な操作:

  • デスクトップ コントロールのリクエスト
  • アプリケーション コントロールのリクエスト
  • コンピュータの再起動のリクエスト

この記事の内容:

前提条件

  • Zoom デスクトップ クライアント
    • Windows: 5.4.3 以上
    • macOS: 5.4.3 以上
    • Linux: 5.4.5 以上
  • 無料または有料アカウント
  • リモート サポート機能はミーティング主催者のアカウントで有効にする

リモート サポートを有効にする

: リモート サポート セッションでは、同時画面共有機能が無効になります。

アカウント

アカウント内のすべてのユーザーのリモート サポート セッションを有効にするには:

  1. アカウント設定を編集する特権のある管理者として、Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション メニューで、[アカウント管理]、[アカウント設定] の順にクリックします。
  3. [ミーティング] タブをクリックします。
  4. リモート サポートが有効であることを確認します。
  5. (オプション)チェック ボックスをクリックして、リモート コントロール ユーザーがクリップボードを共有できるようにします。 これにより、リモート コントロールされているユーザーのクリップボードがリモート コントロールしているユーザーのクリップボードに自動的にコピーされます。
  6. 設定が無効の場合、切り替えて有効にします。 認証ダイアログが表示されたら、[オンにする] を選択して、変更を確認します。
  7. (オプション)この設定をアカウントの全ユーザーに対して必須にする場合は、ロックアイコンをクリックしてから、[ロック] をクリックして、設定を確定してください。

グループ

  1. グループを編集する特権のある管理者として、Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション メニューで、[ユーザー管理]、[グループ管理] の順にクリックします。
  3. リストで該当するグループ名をクリックして、[設定] タブをクリックします。
  4. [ミーティング] タブをクリックします。
  5. リモート サポートが有効であることを確認します。
  6. (オプション)チェック ボックスをクリックして、リモート コントロール ユーザーがクリップボードを共有できるようにします。 これにより、リモート コントロールされているユーザーのクリップボードがリモート コントロールしているユーザーのクリップボードに自動的にコピーされます。
  7. 設定が無効の場合、切り替えて有効にします。 認証ダイアログが表示されたら、[オンにする] を選択して、変更を確認します。

    : オプションがグレー表示されている場合は、アカウント レベルでロックされているため、そのレベルで変更する必要があります。
  8. (オプション)この設定をこのグループの全ユーザーに対して必須にする場合は、ロックアイコンをクリックしてから、[ロック] をクリックして、設定を確定してください。

ユーザー

自分が使用するためにリモート サポート セッションを有効にするには:

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション メニューで、[設定] をクリックします。
  3. [ミーティング] タブをクリックします。
  4. リモート サポートが有効であることを確認します。
  5. (オプション)チェック ボックスをクリックして、リモート コントロール ユーザーがクリップボードを共有できるようにします。 これにより、リモート コントロールされているユーザーのクリップボードがリモート コントロールしているユーザーのクリップボードに自動的にコピーされます。
  6. 設定が無効の場合、切り替えて有効にします。 認証ダイアログが表示されたら、[オンにする] をクリックして、変更を確認します。

    : オプションがグレー表示されている場合は、グループまたはアカウント レベルでロックされています。 Zoom 管理者にお問い合わせください。

リモート サポート セッションを使用する

: このオプションを有効にした場合、リモート コントロール ユーザーがクリップボードを共有できるようにします。Zoom は、リモート コントロールされているユーザーのクリップボードがリモート コントロールしているユーザーのクリップボードに自動的にコピーします。 たとえば、リモート コントロールしているユーザーがリモート コントロールされているコンピュータから単語をコピーすると、その単語は自動的にクリップボードにコピーされ、それを貼り付けることができます。

:

  • 相手側のユーザーが Windows を使用している場合は、Zoom デスクトップ クライアントの [設定] の [すべてのアプリケーションのリモート コントロールを有効にします] を有効にする必要があります。
  • リモート サポート セッション中に、コントロールをリクエストしたユーザーは、プロンプトが表示された場合、UAC(ユーザー アクセス制御)ウィンドウに管理者の資格情報を入力できます。

ミーティング コントロールにある [サポート] をクリックし、以下のいずれかのオプションを選択します:

デスクトップ コントロール

[デスクトップの制御を要求します] を選択して、リモート ユーザーにデスクトップを共有するようにリクエストします。 リクエストが行われると、リモート側には次のように表示されます。

変更を加えるためのアクセスを許可する追加の管理者プロンプトを受け入れる必要がある場合があります。

デスクトップを選択すると、主催者は相手側のデスクトップをリモート コントロールできるようになります。

参加者が複数の画面を使用している場合は、コントロールする画面を選択できます。

アプリケーション コントロール

リモート ユーザーに特定のアプリケーションを共有するように求めるには、[アプリケーションの制御を要求します] を選択します。 リクエストが行われると、リモート ユーザーには次のように表示されます:

共有するアプリケーションを選択するように求められます。

コンピュータの再起動

[コンピュータの再起動を要求します] を選択すると、リモート ユーザーにコンピュータの再起動を促すメッセージが表示されます。 再起動後、同じ Zoom ミーティングに自動的に再び参加します。

 

ミーティング コントロールで [サポート] をクリックし、以下のいずれかのオプションを選択します:

デスクトップ コントロール

[デスクトップの制御を要求します] を選択して、リモート ユーザーにデスクトップを共有するようにリクエストします。 リクエストが行われると、リモート側には次のように表示されます:

デスクトップが複数ある場合は、共有する対象を選択します。

デスクトップを選択すると、主催者は相手側のデスクトップをリモート コントロールできるようになります。

参加者が複数の画面を使用している場合は、コントロールする画面を選択できます。

アプリケーション コントロール

リモート ユーザーに特定のアプリケーションを共有するように求めるには、[アプリケーションの制御を要求します] を選択します。 リクエストが行われると、リモート ユーザーには次のように表示されます:

共有するアプリケーションを選択するように求められます。0ca0b800-aeaa-49b5-a63b-90db5e37bfe9.png

コンピュータの再起動

[コンピュータの再起動を要求します] を選択すると、リモート ユーザーにコンピュータの再起動を促すメッセージが表示されます。 再起動後、同じ Zoom ミーティングに自動的に再び参加します。

Powered by Zendesk