Zoom では、新型コロナウイルスの感染が拡大する中、24 時間 365 日体制で世界中のお客様に最高のサポート体験を提供するため、努力を積み重ねています。 この継続的な取り組みの一環として、サポートガイドラインの最新版をご覧ください。

代替主催者 フォローする

概要

ミーティングをスケジュールするとき、主催者は同じアカウントの別のライセンス ユーザーを代替主催者として指定できます。 代替主催者は、主催者の代わりにミーティングを開始できます。 このユーザーには、代替主催者として追加されたことを通知するメールと、ミーティング リンクが送信されます。 このメール通知が Zoom ウェブポータルで無効の場合、代替主催者はミーティングを開始するメールを受信しません。

: 代替開催者が自分にとって適切なロールであるか不明の場合は、ミーティングのロールについて確認してください。

この記事の内容:

前提条件

  • Windows または macOS、4.1.8826.0925 以降の Zoom デスクトップ クライアント
  • Zoom モバイルアプリ
    • Android: 4.1.8860.0925 以降
    • iOS: 4.1.8855.09254.1.8855.0925 以降
  • 両方のユーザーがライセンス ユーザーで、同じアカウントにする必要があります
  • ウェビナーの場合、ミーティングをスケジュールするユーザーには、ライセンスとウェビナー アドオンの両方が必要です。代替主催者はライセンス ユーザーであるだけで済みます
  • 主催者または共同主催者のアクセス許可を付与するには、代替主催者は適切なアカウントで Zoom にサインインする必要があります。

使用上の制限

  • 代替主催者は、主催者から送信された電子メールまたはカレンダーの招待にある参加リンクを使用して、ミーティングを開始できます。 ミーティングは、デスクトップ クライアント、モバイルアプリ、または代替主催者のウェブページの予定されているミーティング リストに表示されません。
  • 代替主催者が主催者に代わってスケジュール作成することはできません。 別のユーザーに代わってミーティングをスケジュール作成する必要がある場合は、スケジュール設定特権を使用してください。また、別のライセンス ユーザーのスケジュール設定特権を付与して、ミーティングをスケジュールし、それらのミーティングの代替主催者にすることもできます。
  • 代替主催者の後に元の主催者が参加した場合、元の主催者は常にミーティングの制御を取り戻し、主催者になります。 さらに、代替主催者のロールが変更されます。 ミーティングで共同主催者機能が有効になっている場合、代替主催者は共同主催者になります。 共同主催者機能が無効になっている場合、代替主催者は通常の参加者になります。
  • 主催者がミーティングに出席しているが、ミーティングの管理に関する支援が必要な場合は、ミーティング中に別の 主催者ではなく共同主催者を割り当てることができます。 詳細は、「ミーティングでの役割」をご覧ください。

代替主催者の指定

  1. Zoom デスクトップ クライアントにサインインします。
  2. [スケジュール] アイコンをクリックします。

    これにより、スケジューラ ウィンドウが開きます。
  3. [詳細オプション] をクリックします。
  4. [代替主催者] フィールドで、 代替名を入力してユーザーを検索します。 また、代替主催者のメールアドレスが表示されない場合は、その名前を入力することもできます。
  5. [スケジュール] をクリックすると完了し、選択したカレンダーが開きます。
  6. 代替主催者は、Zoom ウェブポータルでこのメール通知を無効にしていない限り、代替主催者として追加されたことを知らせるメールを受信します。
  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. [ミーティング] をクリックし、[ミーティングをスケジュール] をクリックします。
  3. [代替主催者] フィールドに、代替主催者のメールアドレスを入力します。
  4. [保存] をクリックして完了します。
  5. 代替主催者は、Zoom ウェブポータルでこのメール通知を無効にしていない限り、代替主催者として追加されたことを知らせるメールを受信します。
  1. Zoom モバイルアプリにサインインします。
  2. [スケジュール
    ] をタップします。
  3. [詳細オプション] をタップします。
  4. [代替主催者] をタップします。
  5. リストから代替主催者として追加するユーザーをタップするか、ユーザーのメールアドレスを入力します。
  6. [OK] をタップします。
  7. スケジュール作成を終了するには、[スケジュール] をタップします。
  8. 代替主催者は、Zoom ウェブポータルでこのメール通知を無効にしていない限り、代替主催者として追加されたことを知らせるメールを受信します。
  1. Zoom モバイルアプリにサインインします。
  2. [スケジュール] をタップします。
  3. [詳細オプション] をタップします。
  4. [代替主催者] をタップします。
  5. リストから代替主催者として追加するユーザーをタップするか、ユーザーのメールアドレスを入力します。
  6. [OK] をタップします。
  7. スケジュール作成を終了するには、[終了] をタップします。
  8. 代替主催者は、Zoom ウェブポータルでこのメール通知を無効にしていない限り、代替主催者として追加されたことを知らせるメールを受信します。
Outlook プラグインを使用してスケジュールを作成する方法を紹介します。
  1. [ミーティングをスケジュール] ボタンをクリックします。
  2. [スケジューリング オプション] で、[代替主催者] フィールドに代替主催者のメールアドレスを入力します。
  3. その他のオプションの選択後、[続行] をクリックします。
  4. ミーティングに招待された人を追加し、招待状を保存または送信します。
  1. Chrome 拡張機能にログインします。
  2. [ミーティングをスケジュールする] をクリックします。
  3. [スケジューリング オプション] で、[代替主催者] フィールドに代替主催者のメールアドレスを入力します。
  4. [続行] をクリックします。
  5. 招待の完了後、[保存] をクリックします。
  1. Firefox アドオンにログインします。
  2. [ミーティングをスケジュールする] をクリックします。
  3. [スケジュール作成のオプション] が表示されます。スケジュール作成のオプションが自動的に表示されない場合は、アドオンと歯車アイコンをクリックしてください。
  4. [代替主催者] フィールドに代替主催者のメールアドレスを入力します。
  5. オプション: [代替主催者] に常に入力するように求められるようにする場合は、[毎回指定] をオンにします。
  6. [変更内容を保存] をクリックします。
  7. 招待の完了後、[保存] をクリックします。
Powered by Zendesk