デスクトップ クライアント向けのカレンダーと連絡先連携のセットアップ

最終更新日:

概要

サードパーティのカレンダー上の Zoom Meetings とウェビナーが、Windows Zoom デスクトップ クライアントと同期されるように、カレンダー連携をセットアップできます。 この方法ならミーティングを開始や参加が簡単になります。 Zoom の参加リンクが見つからない場合、ミーティングからホスト情報と一緒に「Zoom のミーティングではありません」と表示される一方で、参加ボタンが表示されません。 カレンダー連携には Google カレンダー、Office 365、Exchange との互換性があります。

また Zoom の連絡先を Google、Office 365、Exchange と同期でき、Zoom Phone ライセンスさえあれば連絡先に電話をかけることもできます。 Zoom Phone ライセンスがない場合も連絡先を同期できますが、Zoom を使用して電話をかけることはできません。

:

この記事の内容:

前提条件

カレンダーと連絡先連携のセットアップ

:

  • 管理者には特定のサービスの利用を強制する権限があるため、カレンダーや連絡先の権限の選択を制限できます。 詳細については Zoom 管理者にお問い合わせください。
  • 同じアカウントの別のユーザーのために特権のスケジュールを設定した場合、ミーティング予定リストにスケジュール済みのミーティングが自動的に表示されますが、カレンダー連携が機能する必要はありません。 これらのミーティングは、ミーティングの詳細でリストに別のホストを追加すると、自分のミーティングとは区別できます。 直近のミーティング予定のリストで、先頭にある [ミーティングのホスト] オプションから [自分] を選択する方法でも、ミーティングを絞り込むことができます。
  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. [プロフィール] をクリックします。
  3. [カレンダーと連絡先の連携] セクションで、[カレンダーと連絡先のサービスへ接続] をクリックします。
  4. サービスを選択します。
  5. サービスの権限を変更します。
  6. [次へ] をクリックします。
  7. 画面の指示に沿って、カレンダーや連絡先のサービスへのアクセス権を Zoom に与えます。
  • Google: 画面の指示に沿って自分の Google アカウントにサインインします。 [許可] をクリックすると、連絡先へのアクセス権が Zoom に付与されます。
  • Office 365:
    • カレンダーを承認する方法を選択: 認証方法を選択します。 選択するべき認証方法は各組織のセキュリティ要件によって異なります。 選択に迷った場合は、社内の IT チームにお問い合わせください。 [OAuth 2.0 で承認] をおすすめします。
    • Office 365 アカウントのメールアドレス: Office 365 アカウントと関連付けたメールアドレスを入力します。
    • Office 365 アカウントのメールアドレスのパスワード: Office 365 アカウントと関連付けたパスワードを入力します。
    • EWS URL: Office 365 用のデフォルトの EWS URL が自動入力されます。 Office 365 アカウントで独自の設定を使用していない場合は、デフォルトのまま設定して構いません。
  • Exchange:
    • Exchange のサインイン ユーザー名または UPN: Exchange アカウントと関連付けたユーザー名か UPN を入力します。
    • Exchange のサインイン パスワード: Exchange アカウントと関連付けたパスワードを入力します。
    • Exchange のバージョン: Exchange のバージョンを選択します。 Exchange のバージョンがよくわからない場合、詳細については社内の IT チームにお問い合わせください。
    • EWS URL: 所属組織の EWS URL を入力します。 EWS URL がわからない場合は、社内の IT チームにお問い合わせください。

: アクセスを許可すると、折り返しカレンダーや連絡先を連携する権限を示す Zoom ウェブポータルに誘導されます。

カレンダー連携の活用

  • 最初にカレンダー連携を設定した後、デスクトップ クライアントからサインアウトしてサインインし直す必要があります。
  • エクスペリエンス向上のため、お使いのカレンダー サービスに適した Zoom アドインを使用してください。 ミーティングのスケジュール設定や編集には、Zoom デスクトップ クライアントではなく、ご利用のサードパーティのカレンダー サービスを使用してください。

サードパーティのカレンダー サービス

カレンダー連携を設定したサードパーティのカレンダー サービスにサインインし、次のいずれかを選んで実行します。

  • ミーティングをスケジュール: Zoom のミーティング イベントをサードパーティのカレンダー サービスに追加します。 Zoom によりミーティングがデスクトップ クライアントに同期されます。
  • ミーティングを編集: カレンダー サービスを使用してミーティングを編集すると、編集済みのミーティングが Zoom デスクトップ クライアントに同期されます。
  • ミーティングを削除: サードパーティのサービスからイベントを削除すると、Zoom でもデスクトップ クライアントから同じイベントが削除されます。

Zoom デスクトップ クライアント

Zoom デスクトップ クライアントにサインインし、次のいずれかを選んで実行します。

  • ミーティングをスケジュール: 指示された手順どおりにミーティングをスケジュールします。 [カレンダー] セクションで、確実に自分が連携をセットアップしたカレンダー サービスを選択します。
    Zoom でミーティングがカレンダー サービスに同期されます。
  • ミーティングを編集: [ミーティング] タブでミーティングを選択し、[編集] をクリックします。 [カレンダー] セクションで、確実に自分が連携をセットアップしたカレンダー サービスを選択します。 [保存] をクリックします。
    サードパーティのカレンダー サービスの編集済みイベントが Zoom で開かれます。 [保存] をクリックして変更を確定します。
    : ミーティングの予定時刻を編集しても、サードパーティのカレンダー サービスでは同じイベントが同期されません。 代わりに新しい予定時刻で別途新規のイベントが作成されます。 ミーティングの予定時刻を変更するには、サードパーティのカレンダー サービスでミーティングを編集します。
  • ミーティングを削除: [ミーティング] タブでミーティングを選択し、[削除] をクリックします。 
    Zoom により、お使いのサードパーティのカレンダー サービスからも同じミーティングが削除されます。
    : Zoom デスクトップ クライアントを使用して最初にスケジュールしたミーティングでは [削除] オプションのみ表示されます。

連絡先連携の活用

Zoom Phone ライセンスがあると、便利な連絡先連携を活用できます。 連絡先を同期しておくと、次の操作を実行できます。

: 同期した連絡先は、Zoom モバイルアプリやプロビジョニングした固定電話では使用できません。 Zoom モバイルアプリの場合。 Zoom モバイルアプリでは、電話の連絡先アプリから連絡先を表示し、Zoom Phone を使用して電話をかけることができます。

既存のカレンダーや連絡先を連携する権限の変更

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. [プロフィール] をクリックします。
  3. [カレンダーや連絡先の連携] セクションで [設定] をクリックします。
  4. 次のサービスの権限を変更します。
  5. [次へ]をクリックし、画面の指示に沿ってカレンダーや連絡先のサービスへのアクセス権を Zoom に与えます。

カレンダーや連絡先の連携の削除

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. [プロフィール] をクリックします。
  3. [カレンダー連携] の下で、接続したアカウント名の横にある [削除] をクリックします。
  4. [削除] をクリックし、連携の削除を確定します。

Zoom コミュニティ

Zoom コミュニティの 83,000 人のメンバーの一員になってください! Zoom アカウントの認証情報でログインして、コラボレーションを始めましょう。