Poly 補助プロビジョニング ガイド

最終更新日:

ゼロタッチ プロビジョニングに問題が発生している場合や、お使いの電話機がゼロタッチ プロビジョニングに対応していない場合は、以下のセクションに沿って、対応している Polycom VVX、SoundPoint、または SoundStation シリーズの電話機をプロビジョニングします

: この記事を読む前に、プロビジョニング クイック スタートガイドを必ずお読みください。

この記事では、次の項目についてご説明します。

Poly デバイスをプロビジョニングするための前提条件

電話のウェブ インターフェースへのアクセス方法

: このセクションのスクリーン ショットは、VVX シリーズの電話機のものですが、説明文は SoundPoint および SoundStation の電話機にも適用されます。

  1. 電話の [ホーム] ボタンを押し、[設定] を選択します。
  2. [ステータス] に移動してから、[ネットワーク] へ移動します。
  3. [TCP/IP パラメータ] へ移動して、[IPv4 アドレス] の横にある IP アドレスを書き留めます。
  4. 同じネットワークに電話として接続されているコンピュータでウェブブラウザを開きます。
  5. https://」と入力し、それに続けて電話の IP アドレスを入力します。
    : ブラウザがセキュリティの警告を表示する場合は、このオプションをクリックして続行します。
  6. ウェブ インターフェースに管理者としてサインインします。
    : デフォルトの管理者パスワードは「456」または「789」です。 ユーザー名とパスワードを知らない場合は、電話のベンダーに連絡してください。 管理者のパスワードをグローバルに設定する場合、あるいは HaaS デバイスをお持ちの場合は、Zoom ウェブポータルでパスワードを表示できます。

プロビジョニング サーバーの設定方法

  1. [設定] ドロップダウン メニューをクリックして、[プロビジョニング サーバー] を選択します。
  2. 次の設定を変更します。
    • サーバーの種類: HTTPS
    • サーバー アドレス: [サーバー アドレス] フィールドに、補助プロビジョニング URL を入力します。
    • サーバー ユーザー: デフォルト値を削除し、フィールドを空白のままにします。
    • サーバー パスワード: デフォルト値を削除し、フィールドを空白のままにします。
  3. [DHCP メニュー]で、[サーバーの起動] を [静的] に変更します。
  4. [保存] をクリックすると設定を完了します。 電話機が自動的に再起動します。
    : 次のコーデックは推奨されており、プロビジョニング後にデフォルトで使用中列に表示されているはずです。 使用中のコーデックを確認するには、左側のパネルで [コーデックの優先順位] をクリックします。
    • Opus
    • G.722
    • G.711Mu
    • G.711A

: プロビジョニングを完了する際に、別のプロビジョニング サーバーが本デバイスと通信していないことを確認してください。

ヒント: 次のショートカットを使用して、一般的なアクションをすばやく実行するには、次のショートカットを使用します。 電話のダイヤルパッドを使用して、番号を約 3 秒間押し続けます。

  • 電話の詳細を見る: 1-4-7
  • 電話機を再起動する: 1-0-3
  • 基本プロフィールを変更する: 1-4-9

SoundStation IP 6000 のプロビジョニング方法

一部の Polycom IP 6000 は、デバイスが販売終了モデル(2010 年 1 月以降に製造)でなくともプロビジョニングできない場合があります。 上記のようなモデルには、TLSv1.2 をサポートしていない古いアップデータ(ブート ローダー)バージョンがあります。 このため、Zoom Phone はすべての着信プロビジョニング要求に対して TLSv1.2 が適用されるため、プロビジョニングが失敗します。

デフォルトでは、デバイスは再起動後または最初の開始時にアップデータのアップグレードを試行します。 ただし、ファームウェアのバージョンが古いため、アップデータ ディレクトリは Polycom から提供されず、再起動ループが発生し、プロビジョニングが失敗します。

カスタム サーバー アドレスを使用して IP 6000 をアップグレードするには、次の手順を実行してください。

  1. 指示に従い、デバイスのウェブ インターフェースにアクセスします
  2. ホームページで、[Updater Version] を確認します。 バージョンが 5.0.14 より低いことを確認してください。
  3. アップデータのバージョン5.0.14 より古い場合は、[ユーティリティ] ドロップダウン メニューをクリックして、[ソフトウェアのアップグレード] を選択します。
  4. 次の変更を行ってください。
    • サーバーの種類: [カスタム サーバー] を選択します。
    • カスタム サーバー アドレス: 次の URL をコピーして貼り付けます(
      http://s3.amazonaws.com/hybridupdate.zoom.us/pbx/soundstation6000/all.xml)。
  5. [アップデートの確認] をクリックします。
  6. [カスタム サーバーで利用可能なソフトウェア] ドロップダウン メニューで、[4.0.14.1580G] を選択します。
  7. [インストール] をクリックします。
    更新の処理には 5~7 分かかります。 IP 6000 は再起動を複数回実行することがあります。

: これらの手順を完了したら、本記事のプロビジョニング手順(補助付き)を必ず完了してください。プロビジョニング後、ウェブ インターフェースのホームページで次の情報を確認します。

  • アップデータのバージョン: 5.0.14
  • UC ソフトウェアのバージョン: 4.0.14.1580G

上記の手順で電話のプロビジョニングに失敗した場合は、次の手順を実行します。

  1. 電話の電源を投入します。
  2. ブート プロセス中に [キャンセル] を押します。
  3. カウントダウン中、次のダイアルパッドを押します: 68*
  4. 管理者パスワードを入力します。 管理者パスワードが分からない場合は、電話機の MAC アドレスを入力します。 MAC アドレスは、電話機の下部にあるラベルに表記されています。
    : デフォルトの管理者パスワードは「456」または「789」です。 引き続きサインインに問題がある場合は、電話機のベンダーにお問い合わせください。 管理者のパスワードをグローバルに設定する場合、あるいは HaaS デバイスをお持ちの場合は、Zoom ウェブポータルでパスワードを表示できます。
  5. [OK] を押します。
    電話機が再起動し、工場出荷時の状態にリセットされます。 リセットには数分かかることがあります。
  6. 電話をプロビジョニングするには、上記の手順に従います。
  7. 電話機のホーム画面を見て、日付と時刻が正しいことを確認します。
  8. [設定] > [ステータス] > [ネットワーク] > [TCP / IP パラメータ] に移動します。 DNS サーバーが 8.8.8.88.8.4.4 に設定されていることを確認します。
  9. [設定] > [詳細設定] > [管理者設定] > [TLS セキュリティ] > [TLS アプリケーション] の順に移動します。 全参加者の TLS プロトコルTLS 1.2 に設定されていることを確認してください。

Zoom コミュニティ

Zoom コミュニティの 100,000 人のメンバーの一員になってください! Zoom アカウントの認証情報でログインして、コラボレーションを始めましょう。