Zoom コミュニティが登場しました!
Zoom コミュニティでは、Zoom のすべてのお客様が集まり、質問をしたり、解決策を見つけたり、仲間とコラボレーションしたりすることができます。
コラボレーションを始めるには、Zoom アカウント情報でログインしてください。

通話の履歴とレコーディングの表示 フォローする

概要

アカウントで Zoom Phone を有効にしている場合は、Zoom クライアントを使用して、受信通話の不在分と応答分、発信通話を含む通話履歴を表示できます。 [連絡先の統合] を有効にしている場合は、コール履歴のエントリからも新しい連絡先を作成できます。

:

  • コールに日付や連絡先のフィルターをかける必要がある場合は、Zoom ウェブポータルを使用して、コールの履歴とレコーディングを表示できます。
  • 管理者から別の電話ユーザーのレコーディングに対するアクセス権を与えられている場合、Zoom ウェブポータルを使用したときのみ、該当するコールのレコーディングにアクセスできます。
  • デフォルトでは管理者のみが、ユーザーの自動レコーディングにアクセスできます。 自分の自動レコーディングが見つからない場合は、管理者にアクセス権を付与するよう依頼してください。
  • デフォルトでは、自分のアドホック レコーディング(コール内コントロールで開始したレコーディング)を再生、ダウンロード、削除することができます。自分のレコーディングが見つからない場合は、管理者にアクセス権を付与するよう依頼してください。 
  • 通話の履歴とレコーディングは、Zoom デスクトップ クライアントとモバイルアプリの間で同期されます。これには通知アイコン(赤い丸のアイコン)も含まれます。 たとえばデスクトップ クライアントで新しいコールのレコーディングを再生すると、モバイルアプリの通知アイコンも削除されます。

この記事の内容:

前提条件

  • Windows、macOS、Linux 向けの Zoom デスクトップ クライアント 5.5.0 以降
  • iOS、Android 向けの Zoom モバイルアプリ 5.5.0 以降
  • Zoom Phone ライセンス

通話の履歴とレコーディングの表示

通話履歴を表示し、通話のレコーディングを保存するには、次の手順どおりに操作します。

  1. Zoom クライアントにサインインします。
  2. [電話] タブをクリックします。
  3. [履歴] タブをクリックします。
    最新の通話履歴が一番上に表示されます。
    : 通話履歴のエントリを認識する詳細を確認してください。
  4. タブの下にあるドロップダウン メニューをクリックして、通話履歴エントリに不在着信またはレコーディングされた通話のフィルターをかけます。
  5. 通話履歴にカーソルを合わせ、以上のオプションのフィルターを表示します。
    : 発信者が発信者 ID を非通知にしていた場合、エントリの削除しかできません。
    • 電話アイコンをクリックし、選択した番号に電話をかけます。
    • 通話がレコーディングされた場合、再生アイコンをクリックすると、関連付けられているレコーディングが再生されます。
    • 次のオプションの省略記号をクリックします。
      • テキスト メッセージを送信(SMS を有効にしているときのみ表示): 番号に SMS メッセージを送信します。
      • 番号のコピー: システムのクリップボードに関連の電話番号をコピーします。
      • Google 連絡先の作成 / Outlook 連絡先の作成連絡先の統合を有効にしている場合のみ表示): 通話履歴エントリを使用して、新しい Google または Outlook の連絡先を作成します。 新しい連絡先は、[連絡先] タブに表示されます。 連絡先の詳細をさらに編集する必要がある場合は、Google または Outlook で連絡先にアクセスします。
      • Google 連絡先に追加 / Outlook 連絡先に追加連絡先の統合を有効にしている場合のみ表示): 既存の同期された連絡先に関連付けられた電話番号を追加できます。 連絡先の詳細をさらに編集する必要がある場合は、Google または Outlook で連絡先にアクセスします。
      • Zoom の連絡先として招待: 通話の参加者のメールアドレスを指定することにより、招待状を送信します。 Zoom の連絡先へ追加するための一意のリンクを掲載したメールが受信されます。 連絡先に Zoom アカウントがある場合、この機能を連絡先の統合の代替手段として使用します。
      • プロフィールの表示(番号が内線または同期された連絡先に属している場合のみ表示): 関連付けられている発信者の詳細を表示します。
      • 発信者をブロック: ブロックリストに電話番号を追加します。
      • ダウンロード(通話がレコーディングされた場合のみ表示): レコーディングを MP3 ファイル形式で保存します。
      • 削除: 通話履歴から選択したエントリを削除します。通話のレコーディングがある場合は、該当するレコーディングも削除されます。
      • すべての通話履歴を一括削除: 通話履歴のエントリをすべて削除します。 通話のレコーディングもすべて削除されます。
      • 通話時間: 通話にかかった時間を分と秒(mm:ss)で表示します。

通話履歴を表示し、通話のレコーディングを保存するには、次の手順どおりに操作します。

  1. Zoom クライアントにサインインします。
  2. [電話] タブをクリックします。
  3. [履歴] タブをクリックします。
    最新の通話履歴が一番上に表示されます。
    注: 通話履歴のエントリを認識する詳細を確認してください。
  4. 通話履歴にカーソルを合わせ、以上のオプションのフィルターを表示します。
    : 発信者が発信者 ID を非通知にしていた場合、エントリの削除しかできません。
    • 電話アイコンをクリックし、選択した番号に電話をかけます。
    • 通話がレコーディングされた場合、再生アイコンをクリックすると、関連付けられているレコーディングが再生されます。
    • 次のオプションの省略記号をクリックします。
      • テキスト メッセージを送信(SMS を有効にしているときのみ表示): 番号に SMS メッセージを送信します。
      • Google 連絡先の作成 / Outlook 連絡先の作成連絡先の統合を有効にしている場合のみ表示): 通話履歴エントリを使用して、新しい Google または Outlook の連絡先を作成します。 新しい連絡先は、[連絡先] タブに表示されます。 連絡先の詳細をさらに編集する必要がある場合は、Google または Outlook で連絡先にアクセスします。
      • Google 連絡先に追加 / Outlook 連絡先に追加連絡先の統合を有効にしている場合のみ表示): 既存の同期された連絡先に関連付けられた電話番号を追加できます。 連絡先の詳細をさらに編集する必要がある場合は、Google または Outlook で連絡先にアクセスします。
      • Zoom の連絡先として招待: 通話の参加者のメールアドレスを指定することにより、招待状を送信します。 Zoom の連絡先へ追加するための一意のリンクを掲載したメールが受信されます。 連絡先に Zoom アカウントがある場合、この機能を連絡先の統合の代替手段として使用します。
      • 番号のコピー: システムのクリップボードに関連の電話番号をコピーします。
      • 発信者をブロック: ブロックリストに電話番号を追加します。
      • ダウンロード(通話がレコーディングされた場合のみ表示): レコーディングを MP3 ファイル形式で保存します。
      • 削除: 通話履歴から選択したエントリを削除します。通話のレコーディングがある場合は、該当するレコーディングも削除されます。
      • すべての通話履歴を一括削除: 通話履歴のエントリをすべて削除します。 通話のレコーディングもすべて削除されます。
      • 通話時間: 通話にかかった時間を分と秒(mm:ss)で表示します。

通話履歴を表示し、通話のレコーディングを保存するには、次の手順どおりに操作します。

  1. Zoom モバイルアプリにサインインします。
  2. [電話] タブをタップします。
  3. [履歴] タブをタップします。
    最新の通話履歴が一番上に表示されます。
    注: 通話履歴のエントリを認識する詳細を確認してください。
  4. これらのオプションを使用して、通話の履歴やレコーディングを管理します。
    : 発信者が発信者 ID を非通知にしていた場合、エントリの選択または削除しかできません。
    • 複数のエントリを一括選択または一括削除するには、右上にある [編集] をタップします。
    • 次のオプションの省略記号をタップします。
      • 通話時間: 通話にかかった時間を分と秒(mm:ss)で表示します。
      • かけ直す: 通話履歴エントリに関連付けられている番号に電話をかけます。 通話履歴の電話番号をタップして、電話をかけることもできます。
      • 番号のコピー: システムのクリップボードに関連の電話番号をコピーします。
      • テキスト メッセージを送信(SMS を有効にしているときのみ表示): 番号に SMS メッセージを送信します。
      • 電話連絡先を作成する: 関連付けられている電話番号を使用して、新しい電話連絡先を作成しするために、電話のデフォルトの連絡先アプリを使用します。
      • 既存の電話連絡先を追加: 電話のデフォルト連絡先アプリを使用して、関連付けられている電話番号を既存の電話連絡先に追加します。
      • Zoom の連絡先として招待: 通話の参加者のメールアドレスを指定することにより、招待状を送信します。 Zoom の連絡先へ追加するための一意のリンクを掲載したメールが受信されます。 連絡先に Zoom アカウントがある場合、この機能を連絡先の統合の代替手段として使用します。
      • 発信者をブロック: ブロックリストに電話番号を追加します。
      • 項目を削除: 通話履歴から選択したエントリを削除します。 通話のレコーディングがある場合は、該当するレコーディングも削除されます。
    • 通話が録音された場合は、次のオプションで [レコーディング] をタップします。
      • 電話ボタン: 通話のレコーディングと関連付けられた番号に電話をかけます。
      • 共有ボタン: 通話のレコーディングを共有または保存します(MP3)。 スマートフォンにインストールされているアプリに応じて、表示される共有オプションは異なります。
      • 再生ボタン: 選択した通話のレコーディングを再生します。 スピーカーフォンで再生する場合、[スピーカー] をタップします。
      • ゴミ箱ボタン: 選択した通話のレコーディングを削除します。

通話履歴の表示

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. [電話] をクリックします。
  3. [履歴] タブをクリックします。
  4. 上部の検索オプションを使用して、日付または連絡先で通話履歴をフィルタリングします。 列見出しをクリックして、エントリをソートすることもできます。
  5. 以下の方法を使用で、通話を識別します。
    • 番号に発信者 ID 名が設定されている場合、または同じ組織に属している場合、番号の上に名前が表示されます。
      : [連絡先の統合] を有効にしている場合、ウェブポータルで通話履歴を表示したとき、[連絡先の同期] の名前が表示されません。 Zoom デスクトップ クライアントを表示して、同期された連絡先を識別します。
    • 発信通話の場合、連絡先名または番号の横に次のアイコンが表示されます。
    • 通話の状況(接続済み、キャンセル済み、応答なし、または録音済み)を識別するには、[結果] 列をご覧ください。
    • コールキューから応答した場合は、そのコールキュー名が [結果] 列に表示されます。 最後の列の [詳細] クリックすると、コールキューの詳細が表示されます。
    • このエントリで [匿名] と表示されるのは、発信者 ID がない通話(発信者が発信者 ID 名と番号を非通知にしている場合)です。
  6. 通話履歴を管理するには、次のオプションを使用します。
    • 通話履歴のエントリを削除するには [削除] をクリックします。
    • 複数のエントリを一度に削除するには、連絡先名または番号の横にあるチェック ボックスをクリックして、テーブルの上部にある [削除] をクリックします。
    • 複数の電話番号をブロックリストに一度に追加するには、連絡先名または番号の横にあるチェック ボックスをクリックして、テーブルの上部にある [ブロック] をクリックします。

通話のレコーディングの表示と保存

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. [電話] をクリックします。
  3. [レコーディング] タブをクリックします。
  4. レコーディングの検索と識別には、次のオプションを使用します。
    • 上部の検索ボックスを使用して、通話履歴に連絡先名または電話番号のフィルターをかけます。
    • 管理者から電話ユーザーまたはコールキューのレコーディングに対するアクセス権を与えられている場合は、[レコーディング(すべて)] ドロップダウン メニューで通話のレコーディングにオーナーのフィルターをかけます。
    • レコーディングされた発信は、このアイコンが付きます。
  5. 通話レコーディングを管理するには、以下のオプションをクリックします。
    • [再生] アイコン: ウェブポータルでレコーディングを再生します。
    • ダウンロード: レコーディングを MP3 ファイルとして保存します。
    • 削除: 選択した通話レコーディングを削除します。複数のエントリを一括で削除するには、連絡先名/番号の隣にあるチェック ボックスをクリックして、[削除] をクリックします。

デスクトップ クライアントまたはモバイルアプリの通話履歴のエントリを認識

発信者 ID

アイコンとラベル

  • 応答した着信は黒い文字で表示されます。 不在着信は赤い字で表示されます。
  • 発信の場合は番号の横に次のアイコンが付きます。
  • レコーディングされた通話の場合は、番号の下に [レコーディング] が表示されます。
  • コールキューを介してルーティングされた通話の場合は、[不在着信] の後ろにコールキュー名も表示されます。
  • 発信者 ID がない(発信者が発信者 ID と番号を非通知にしている)通話の場合は、エントリに [匿名] と表示されます。
Powered by Zendesk