Yealink 電話機における工場出荷時の設定へのリセットとカスタム ファームウェアのインストール

最終更新日:

概要

この記事の手順に沿って、Yealink 電話機のリセットとカスタム ファームウェアのインストールを行います。

: プロビジョニング手順の概要については、プロビジョニングのクイック スタート ガイドをご覧ください。

この記事の内容:

  1. 電話機の IP アドレスの取得
  2. 電話機のウェブ インターフェースへのアクセス
  3. ウェブ インターフェースを使った工場出荷時の設定へのリセット(推奨)
  4. 電話機のインターフェースを使った工場出荷時の設定へのリセット(省略可)
  5. ウェブ インターフェースを使ったカスタム ファームウェアのインストール

前提条件

電話機の IP アドレスの取得

タッチ画面なしの T4 シリーズ

  1. [メニュー] ボタンを押します。
  2. 電話機の十字キーで [ステータス] を選択します。
  3. [IPv4] のアドレスをメモします。

タッチ画面付きの T4 シリーズ

  1. ホーム画面で [メニュー] をタップします。
  2. [ステータス] をタップします。
  3. [IPv4] のアドレスをメモします。

タッチ画面付きの T5 シリーズ

  1. ホーム画面から左にスワイプします。
  2. [設定] をタップします。
  3. [一般] をタップします。
  4. [IPv4] のアドレスをメモします。

電話機のウェブ インターフェースへのアクセス

: 電話機のウェブ インターフェースにアクセスできない場合は、アカウント レベルの固定電話設定 で [ウェブ インターフェース] を有効にするようにしてください。

  1. 電話機と同じネットワークに接続されているコンピュータでウェブブラウザを開きます。
  2. 前のセクションでメモした電話機の IP アドレスを入力します。
  3. 電話機のウェブ インターフェースに管理者としてログインします。
    : デフォルトの管理者のユーザー名とパスワードは、それぞれ「admin」と「admin」です。 ユーザー名とパスワードがわからない場合は、電話機のベンダーにお問い合わせください。管理者のパスワードをグローバルに設定する場合は、Zoom ウェブポータルでパスワードを表示して設定を行います。

ウェブ インターフェースを使った工場出荷時の設定へのリセット(推奨)

: 旧型の Yealink デバイスでは、左側のナビゲーション メニューの代わりに緑色のヘッダーバーが表示されるなど、ウェブ インターフェースが若干異なる場合があります。

  1. 左側のナビゲーション メニューで、[設定]、[アップグレード] の順にクリックします。
  2. [工場出荷時の設定にリセット] をクリックします。
  3. [OK] をクリックすると確定します。

電話機のインターフェースを使った工場出荷時の設定へのリセット(省略可)

電話機のウェブ インターフェースにアクセスできない場合は、このセクションの手順を行ってください。

タッチ画面なしの T4 シリーズ

  1. [メニュー] ボタンを押します。
  2. 電話機の十字キーで [詳細設定] を選択して入力を行います。
    : 管理者パスワード(デフォルトでは「admin」です)の入力を求められます。 管理者パスワードがわからない場合は、電話機のベンダーにお問い合わせください。
  3. 電話機の十字キーで [設定をリセット] > [工場出荷時の設定にリセット] を選択します。

タッチ画面付きの T4 シリーズ

  1. ホーム画面で [メニュー] をタップします。
  2. [詳細] をタップします。
    : 管理者パスワード(デフォルトでは「admin」)の入力を求められます。 管理者パスワードがわからない場合は、電話機のベンダーにお問い合わせください。
  3. [設定をリセット]、[工場出荷時の設定にリセット] の順にタップします。

タッチ画面付きの T5 シリーズ

  1. ホーム画面から左にスワイプします。
  2. [設定] をタップします。
  3. [詳細設定] セクションまで下にスクロールします。
    : 詳細設定画面を表示するには、管理者パスワード(デフォルトは「admin」です)を入力する必要があります。管理者パスワードがわからない場合は、電話機のベンダーにお問い合わせください。
  4. [設定をリセット] をタップします。
  5. [工場出荷時の設定にリセット] をタップします。

ウェブ インターフェースを使ったカスタム ファームウェアのインストール

: 旧型の Yealink デバイスでは、左側のナビゲーション メニューの代わりに緑色のヘッダーバーが表示されるなど、ウェブ インターフェースが若干異なる場合があります。

  1. 左側のナビゲーション メニューで、[設定]、[アップグレード] の順にクリックします。
  2. [参照] または [ファイルを選択] をクリックし、カスタム ファームウェア ファイルのディレクトリをダブルクリックします。
    : カスタム ファームウェアのバージョンをダウンロードまたは確認するには、対応しているデバイスのリストをご覧ください。
  3. ファームウェアのアップグレードを開始するには、[アップロード] をクリックします。 電話機が再起動し、カスタム ファームウェアがインストールされます。 この処理には 2~3 分かかります。

Zoom コミュニティ

Zoom コミュニティの 100,000 人のメンバーの一員になってください! Zoom アカウントの認証情報でログインして、コラボレーションを始めましょう。