Zoom ミーティングの配信

最終更新日:

概要

この記事では既存の運用セットアップのストリーミングに必要なハードウェアについて説明します。 このセットアップでは SDI または HDMI を介した既存のカメラまたはカメラ切り替えデバイス出力、HDMI を介したプライマリ コンテンツまたはコンテンツの切り替え、プロの番組用オーディオ出力を想定しています。 ここではシンプルなセットアップに使用する最適なキャプチャ デバイスについて検討します。

前提条件

  • 100 名、500 名、1,000 名、3,000 名、5,000 名、または10,000 名が参加可能なウェビナー プランを購入すること
  • ホスト ユーザー タイプはライセンスを取得し、ウェビナー アドオンが割り当てられている
  • Zoom デスクトップ クライアント バージョン3.0+
  • 1.8 Mbps 以上、1080p(上り / 下り)
  • 既存の運用ビデオシステム
  • 既存の運用オーディオ システム

ハードウェアの概要

Pictorial_Schematic_-_Broadcast.png

設備一覧

コンピュータ

  • 最小仕様を満たすコンピュータのストリーミング
  • モニタリング用コンピュータとヘッドホン(ストリーム検証)

ビデオ キャプチャ

オーディオ キャプチャ

構成

注: これらの構成は配信とストリーミングに特化した内容です。 これらの設定は 2 者間双方向通信に対応しておらず、適切なオーディオ処理機能を備えたディスプレイ、マイク、スピーカーが必要です。「Design Guides for preferred Zoom Rooms hardware designs」をご覧ください

  1. 自分の配信に備えます。
  2. Zoom を起動して使用デバイスを選択します。
  3. オリジナル サウンドを保持
    • アカウント、グループ、ユーザーのいずれかのレベルで有効にする必要があります
    • [設定] > [オーディオ] > [詳細設定] に移動し、マイクから [オリジナル サウンドを有効にする] をクリックします
      • これは一方向の配信であるため、音響エコー キャンセル、ノイズ リダクション、オート ゲイン コントロールなどのオーディオ処理は一切、伝送する必要がありません。
      • [ミーティング] の [オリジナル サウンドを有効にする] をクリックして、マイクで拾ったオーディオを最適化します
  4. グループ HD フル HD 1080p を有効にします
    • アカウント、グループ、ユーザーのいずれかのレベルで有効にする必要があります
    • 記事「グループ HD」をご覧ください
  5. セットアップをテストする意味で、別のコンピュータを使用してミーティングに参加してください
    1. ビデオ品質を検証します
    2. オーディオの品質とレベルを検証します

Zoom Rooms スタジオの実力をフルに体験するには「ProAV Production Studio (2-5 People)(英語)」をご覧ください

Zoom コミュニティ

Zoom コミュニティの 100,000 人のメンバーの一員になってください! Zoom アカウントの認証情報でログインして、コラボレーションを始めましょう。