レコーディングに関する免責事項のカスタマイズ

最終更新日:

概要

ミーティングやウェビナーをレコーディングすることを参加者に通知し、承諾を受けるレコーディングに関する免責事項を設けています。 レコーディングが開始される場合またはレコーディングされているセッションに参加する場合、参加者に通知が送られます。 参加者は、同意してセッションへの参加を続けるか、退出することができます。 セッション終了後、ホストは同意を提供した出席者を記載したレポートを生成します。

レコーディングの通知設定は、アカウントの種類に応じて変更できます。 詳細は、レコーディングの通知設定の変更をご覧ください。

この記事の内容:

前提条件

  • Zoom デスクトップ クライアント
    • Windows: 4.4.52570.0415以上
    • macOS: 4.4.52551.0414 以上
    • Linux: 2.8.182678.0412 以上
  • Zoom モバイルアプリ
    • Android: 4.4.52504.0411 以上
    • iOS: 4.4.52481.0411 以上

レコーディングに関する免責事項のカスタマイズ

レコーディングに関する免責事項は、管理者やアカウント オーナーがアカウント レベルまたはグループレベルの設定でカスタマイズすることができます。 アカウント レベルまたはグループレベルで管理者によってロックされていない場合、ユーザーレベルの設定ページでは、有効または無効にすることはできますが、カスタマイズすることはできません。

:エンタープライズ、API、教育機関向け、あるいはライセンスが 100 件以上のビジネス アカウントの場合、内部ユーザーのレコーディングに関する免責事項を無効にすることができます。 レコーディング通知設定の変更については、こちらをご覧ください。

  1. [アカウント設定] または [グループ設定] ページに移動します。
  2. [レコーディング] タブをクリックします。
  3. [レコーディング通知 - Zoom クライアント] まで下にスクロールします。
  4. [レコーディング開始時に参加者に免責事項を表示する] オプションの下にある [免責事項をカスタマイズ] をクリックします。
  5. 変更したい免責事項の言語を選択します。
  6. タイトルと説明を調整し、希望があれば、リンクを追加します。
  7. [保存] をクリックします。 

また、管理者は、レコーディング開始時にホストの免責事項を有効にしたり、カスタマイズすることができます。 [レコーディングの前にホストに確認を求める] について上記の手順を繰り返します。

出席者の同意に関するレポート

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. [レポート] をクリックします。
  3. [使用状況] または [アクティブ ホスト] のレポートをクリックします。 アカウントのアクセス権に応じてこれは異なります。
  4. 条件を入力してミーティング リストを作成したら、参加者欄の数字をクリックすると詳細レポートが作成されます。 ウィンドウの中に、レコーディング同意のセクションがあります。

Zoom コミュニティ

Zoom コミュニティの 100,000 人のメンバーの一員になってください! Zoom アカウントの認証情報でログインして、コラボレーションを始めましょう。