Zoom コミュニティの 70,000 人のメンバーの一員になってください! Zoom アカウントの認証情報でログインして、コラボレーションを始めましょう。

コミュニティに参加する

音響とオーディオのコンセプト フォローする

概要

この記事では、オーディオと音響のコンセプトについて説明し、ルームのセットアップについての一般的な原則や残響などの、空間を最適化する技術を導入するときに役立つ情報について記載します。

この記事の内容:

オーディオ処理と音響エコー キャンセレーションについては 、Zoom Rooms のオーディオ ガイドライン を参照してください。

音響(残響の問題)

音響は、カンファレンス ルームの極めて重要な要素です。 室内の残響は、音質を悪くし、会議参加者の正確な聞き取りを妨げます。 平坦でなくソフトな表面を増やすなどの対策を講じて、マイクが音源からダイレクトに音を拾えるようにすると、壁、天井、ガラス窓、会議室テーブルのような硬い表面によって生じる残響がもたらす残響音が抑制されます。

RT60は、音源が停止した後、反響している音が 60 dB 減衰するまでの時間を表す測定値です。 一般的には、 RT60 は 0.5 秒以下に抑えた方がよいとされています。

RT60.png

残響時間が 0.5 秒を超える空間では、別の数値を用いてその部屋の音響対策を行います。 たとえば、天井の高さが標準的な部屋では、床面積の 40% に吸音素材を施すか、空間から硬い表面を取り除くようにします。

吸音パネルやバッフル天井パネルなど、部屋の残響を抑制する手段は多くありますが、その部屋で必要とされる対策の程度に応じて、かなりコストが高くなってしまうかもしれません。 専門家に相談する前に、本棚、柔らかい椅子、カーペット、油絵、植物など、素材の柔らかいものを室内に配置してみてください。

SN 比(ノイズの多い部屋)

SN 比は、ノイズレベル(周囲の環境音)と、取り込んで発信したい音声の実際の音量との関係を示す比率です。 理想的な数値は、A 特性音圧レベルで 40 dB です。 通常の音声の A 特性音圧レベルが約 70 dB だとすると、会議に適した部屋の SN 比は、70 dB から 40 dB を引いた、30 dB となります。

会議室のノイズレベルは、冷暖房空調システム、エレベーター、建築の機構、オープンセールス オフィス、取引フロア、交通、電車、飛行機などの影響を受ける可能性があります。 対応策として、発生しそうな問題を把握し、部屋のレイアウト設計時に次のような防音材や吸音材を配置します。  

  • 騒がしい道路と部屋との間の二重窓ガラス
  • 伝播係数の高い、厚い壁や天井タイル
  • 床から基礎構造の天井(天井グリッドの上)まで延びる壁
  • 吸音天井タイル

このような種類の部材を使うことによって、部屋の SN 比を高めることができます。

マイクのコンセプト

マイクは、エネルギーを一つの形から別の形に変換する装置です。このようなエネルギー変換装置は、トランスデューサとも呼ばれます。 音響エネルギーを取り込んで電気エネルギーに変換し、デジタル データを生成します。

マイクの構成には、いくつかのバリエーションがあります。

  1. すべてのマイクがルーム内の音声の 1 つの要素であり、音響体験を向上させるように処理されます。
  2. プレゼンテーション マイクが優先的に使用され、局所的に声を収音し、会議システムのプライマリ オーディオとなります。 他のルームマイクが追加される場合もあります。
  3. 上記の 2 つの構成のハイブリッド 着席している参加者に対して複数のグースネック マイクを配置している、会議室でよくみられる構成です。マイクは、「 3 対 1 」のルールで配置され、各マイクから参加者への距離を 1 とすると、マイク同士の距離は 3 に設定されます。 このような「目立つ」構成は時代遅れになりつつあります。

撮影のテクノロジーを参加者に気づかせないような、シームレスで「見えない」撮影構成が、一般的には好まれています。

新型のアレイ マイクロホン技術は指向特性が高いためカンファレンス ルーム内で収音を容易に行うことができ、マイクが参加者の目に触れることがありません。従来の目立つ構成とは異なっています。一般的に、マイクがすぐ近くに配置されることは好まれていません。

スピーカーのコンセプト

別のタイプのトランスデューサであるスピーカーは、電気エネルギーを音響エネルギーに変換し、私たちがデジタルデータを聞けるようにします。 スピーカーはビデオ参加者の「口」と考えることができます。

かつては、テーブルの中央に置かれた会議用電話が注目の対象でした。 この構成は、壁側にビデオ参加者が位置し、テーブルの上にオールインワン スピーカー / マイクユニットが配置された部屋の設計に移り変わっています。 構成は不自然ですが、オールインワン マイク / スピーカー ユニットは、たいていの場合正常に動作し、また、このタイプのデバイス(Poly Trio, Crestron Mercury, Logi Group など)は、独自の内部プロセッサを備えています。

多くの Zoom 設計では、注目の対象である、撮影されている人物のすぐ近くにスピーカーが配置されます。 参加者が会話している対象は画面上の顔であり、この顔はカメラで撮影されている話者の顔を再現したものです。スピーカーを近くに配置することによって、テクノロジーを目立たせないようにします。

このためには、自然な環境を設定する必要があります。 小さい ハドルルームでは、オールインワン サウンドバーで良好な音声を提供できるだけでなく、マイクとカメラも統合できます。 標準的なカンファレンス ルームでは、ディスプレイの近くに プロフェッショナル サウンドバーを配置すると効果的です。 大きな会議室の場合は、室内のサウンド システムの均一性に欠けるという問題が発生する可能性があります。 大規模なシステムでは、座席の位置に関係なく、すべての参加者に対して音量変動を抑えた高品質の音声が提供されるように、オーディオを分散させることをおすすめします。

音響設備のスペシャリスト

Zoom Room での音響体験を最も良い状態にする空間音響設備に関するサポートを提供している会社を以下に少数ですが紹介します。

米国

NCS_Logo_FINAL_1-COLOR_ORANGE.jpg

EMEA

Screen_Shot_2019-06-05_at_10.10.31_AM.png

APAC

Screen_Shot_2019-06-05_at_10.10.17_AM.png

弊社までお気軽にお問い合わせください。

Powered by Zendesk