Zoom コミュニティの 70,000 人のメンバーの一員になってください! Zoom アカウントの認証情報でログインして、コラボレーションを始めましょう。

コミュニティに参加する

既存のユーザーを有料アカウントに追加 フォローする

概要

Zoom アカウントを購入すると、組織がより多くの機能にアクセスできるようになり、ユーザーに対して潜在的に使用許諾が付与されます。 アカウントに参加するように招待していない場合、組織の一部のユーザーは個別のユーザー アカウントで Zoom を利用することになる可能性があります。 ユーザーにアカウントのメリットを享受させたい場合、組織の親アカウントに招待する必要があります。 有料アカウントの個別ユーザーは、招待を受け入れた場合、サブスクリプションの残りの時間に対して払い戻しを受け取ることになります。

この記事の内容:

前提条件

  • 管理者またはオーナーのアクセス権限
  • 有料アカウント

手順

ウェブでユーザーを追加する方法

  1. Zoom アカウントにサインインします。
  2. [ユーザー管理] をクリックしてから [ユーザー] をクリックします。
  3. [ユーザーを追加する] をクリックします。
  4. ユーザーの詳細情報を入力し、[追加する] をクリックします。アカウントに参加するようにユーザーを招待するメールが送信されます。 [ユーザー管理] ページの [保留] セクションをクリックすることで、招待が受け入れのために待機中になっているかどうかをチェックできます。
  5. ユーザーの追加の詳細については、この記事を参照してください。

ユーザーを招待する際のベスト プラクティス

  • このプロセスのクイックスタート ガイドを入手する場合は、このページの下部に添付ファイルが含まれています。
  • Zoom はオーナー / 管理者が、招待を送信する前に、個別のユーザーに連絡し、ユーザーが今後の動きを予期し、なぜメールを受信するのかについて把握できるようにすることを強く推奨します。
  • 個人ライセンスユーザーをベーシックユーザーとしてアカウントに参加するよう招待する場合、そのユーザーは、招待を受け入れると、クラウドへの録画や 40 分以上続くミーティングなど、ライセンスを必要とする機能にアクセスできなくなることに注意してください。 ベーシック ユーザーに対しては必要に応じて後でライセンスを割り当てることができます。
  • また、シングル サインオン(SSO)関連ドメインを使用してユーザーを追加することもできます。
  • 招待されたユーザーの日割り計算されたクレジットがあなたのアカウントに転送されている場合、クレジット金額の確認メールが届きます。 あなたのアカウントが自動払いの場合、このクレジットは自動的に将来の請求書に適用されます。 あなたのアカウントに正味条件がある場合、[チャットで請求] を利用して、クレジットを未処理の請求書に適用することができます。

ユーザーが招待を受け入れる方法

  1. アカウントに招待される各ユーザーは、次のようなメールを受信します。
  2. ハイパーリンクをクリックするか、ブラウザに貼り付けて招待を受諾してください。
  3. ユーザーが有料アカウントの所有者である場合、現在のサブスクリプションに関する日割り計算された返金分を自分の支払い方法に戻すか、日割り計算されたクレジット残高を参加する新しいアカウントに転送するかを選択できます。
    : アカウント残高は、日割り計算されたクレジット/返金額ではなく、現在のアカウントに対する負債額を示します。 未払いの請求書がある場合は、別のアカウントに参加できません。

  4. 上記の手順が完了したら、ユーザーは zoom.us に移動して以前と同様にサインインできます。 このユーザーが、組織のアカウントのメンバーになりました。

:

  • 返金分を支払い方法に戻すことを選択した場合、返金分は 3 ~ 5 営業日以内に元の支払い方法で決済される必要があります。
  • ユーザーがエラー 1009 のため招待を受け入れられない場合でも、アカウントにユーザーがまだ存在します。オーナーが招待を受け入れる前に、これらの削除、リンク解除、あるいは他のアカウントへの招待をおこなう必要があります。 あるいは、招待を受け入れる前に Zoom Rooms ページで削除する必要のある Zoom Room がある可能性があります。
  • 以前にアカウントでキャンセルをリクエストしたことがある場合、新しいアカウントへの招待を受け入れる前に、そのキャンセルリクエストをまず削除する必要があるという通知を受けます。 [請求] ページで、[プランの再アクティブ化] をクリックします。 再アクティブ化すると、新しいアカウントへの招待を受け入れることができ、これにより、プランの未使用部分について日割り計算されたクレジット / 返金が発行されます。
  • 招待を承認、アカウントに参加すると、次の詳細情報があなた宛に転送されます。
    • プロフィールの詳細(氏名、プロフィール画像、タイムゾーンなど)
    • スケジュール ミーティングおよびウェビナー
    • クラウド レコーディング
    • チャット履歴
    • 連絡先
    • 設定
      設定は、参加するアカウントのグループ設定やアカウント設定と競合する場合に変更される場合があります。 大規模ミーティングやウェビナーなどのライセンスは転送されないため、管理者はライセンスを新しいアカウントに割り当てる必要があります。 また、レポーティング データは転送されないため、アカウントの招待を受け入れる前に、必要なレポートにアクセスし、ダウンロードすることが推奨されます。チャット履歴はユーザーと一緒に転送され、ユーザーがアクセス可能である間、アカウントに参加する前のチャット履歴は、新しいアカウント管理者はアクセスできません。  
  • 別のバニティ URL を使用してアカウントに参加すると、ミーティング ID とウェビナー ID は影響を受けませんが、参加リンクは新しいバニティ URL に更新されます。 そうすると、古いバニティリンクを使用して参加する出席者が、参加するミーティングが古いバニティ URL のアカウントに関連付けられていないとの警告を受けて混乱する可能性があります。 そうならないように、ゲストに電子メールを送信して更新済み参加 URL を使用してカレンダーイベントを更新してもらったり、 登録確認メールを再送信したりすることができます。
Powered by Zendesk