Zoom コミュニティの 70,000 人のメンバーの一員になってください! Zoom アカウントの認証情報でログインして、コラボレーションを始めましょう。

コミュニティに参加する

Office 365 向け SSO ベースのカレンダーと連絡先の連携 フォローする

概要

管理者は、シングル サイン オン(SSO)設定を使用して、Outlook のアクセス トークンを収集することにより、全ユーザーに対してカレンダーと連絡先の連携を承認できるようになります。 エンドユーザーは、この連携を承認して、カレンダーと連絡先の詳細情報を Zoom デスクトップ クライアントに自動入力するように、促されます。 カレンダーのイベントが Zoom Meetings リストに表示され、連絡先のリストが Zoom 連絡先名簿に表示されます。

この連携を設定するには、アカウントはシングル サインオン(SSO)が設定されていて、アイデンティティ プロバイダーは Azure Active Directory でフェデレートされている必要があります。

: ウェブポータルでアカウント レベルの設定を確認して、カレンダーと連絡歳の連携の詳細についてチェックしてください。

この記事の内容:

前提条件

Office 365 の連携のためにユーザー プロンプトを有効化

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション パネルで、[アカウント管理]、[アカウント設定] の順にクリックします。
  3. 連絡先とカレンダーセクションで、[サインイン時に Office 365 カレンダーの連携をユーザーに求める] をオンにします。
    Office 365 アカウント(SSO)を利用してユーザーが Zoom にサインインすると、Zoom はカレンダーを連携するためにユーザーを Offce 365 OAuth URL にリダイレクトします。
  4. 次のいずれかのオプションを選択します。
  • [初めてサインインするときにユーザーに求める]:  Zoom は、SSO を利用して初めてサインインする Office 365 OAuth URL にユーザーをリダイレクトするだけです。 ユーザーが OAuth リクエストを受け入れないか、エラーが発生すると、ユーザーは手動でカレンダーと連絡先の連携を設定することしかできません。
  • [カレンダーを連携するまでサインインする度にユーザーに求める]: Zoom は、ユーザーが SSO を利用してサインインしていて、カレンダーと連絡先の連携の設定がされていないと、その度にユーザーを Office 365 OAuth URL にリダイレクトします。

トラブル シューティング

ユーザーには管理者の承認が必要

カレンダーと連絡先の連携に関する既知の問題の 1 つとして、サインイン時に「管理者の承認が必要」というエラーをユーザーが受け取ることを挙げることができます。これは、ユーザーの Office 365 管理アカウントが [アプリがユーザーの代わりに企業データにアクセスすることに同意可能] オプションを無効にしたため、発生します。

ソリューション 1

Azure では、管理者は [アプリがユーザーの代わりに企業データにアクセスすることに同意可能] オプションを再度有効にできます。 これは伝播に約 30 分かかります。

解決策 2

管理者:

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション パネルで、[アカウント管理]、[アカウント設定] の順にクリックします。
  3. [エンタープライズ アプリケーションがユーザーの代わりに企業データにアクセスすることについて Office 365 ユーザーが同意可能] オプションをオフ(グレー)に切り替えます。

ユーザー:

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. [プロフィール] をクリックします。
  3. [カレンダーと連絡先の連携] セクションで、[カレンダーと連絡先のサービスへ接続] をクリックします。
  4. [Office 365] を選択します。
  5. 下部で [カレンダーを承認する方法を選択] を選択して、[OAuth 2.0 で承認] を選択します。
  6. ページの下部で、[管理者であり会社を代表して同意する] オプションを選択してください。 
  7. [承認] をクリックして、Office 365 アカウントで Microsoft Online にサインインします。 

ハイブリッド環境

Office 365 のハイブリッド環境を利用していて、Exchange オンプレミス サーバーが 2016 年 9 月にリリースされた Exchange 2016 累積更新プログラム 3(CU3)より前のものである場合、Office 365 OAuth は EWS URL を利用して承認する必要があります。Microsoft Graph が必要なためです。 Microsoft サポートサイトの詳細を確認してください。

ソリューション

  1. Office 365 に対して、カレンダーと連絡先の連携を設定してください。
  2. [EWS URL で承認] を必ず選択してください。
  3. EWS URL を入力してから [保存] をクリックします。

権限のコントロール

Office 365 のためにカレンダーと連絡先の連携を設定しているとき、管理者は権限を変更できません。

ソリューション

  1. Office 365 に対して、カレンダーと連絡先の連携を設定してください。
  2. [EWS URL で承認] を必ず選択しないようにしてください。
  3. 権限を変更し、[保存] をクリックします。
Powered by Zendesk